絶対零度2020相関図とキャスト一覧まとめ!シーズン4として月9にミハンが復活!

あの「ミハン」が帰ってくる!

2010年にスタートし、現在Season3まで放送されている人気の刑事ドラマ「絶対零度」が2020年シーズン4として月9に帰ってきました!

時代に合わせたドラマ設定が面白い、キャストの演技力やアクションも見応えがあると定評を得ていましたが、今期は新たなメンバーを加え、さらにスケールアップして再始動するそうです!

「新しいメンバーって誰!?」「沢村さんのシリアス演技早くみたい!」「本田翼ちゃんや横山くんのアクションが好き!」など、「絶対零度2020」ファンはキャストや相関図も気になります!

ドラマ放送まで待ちきれない様子がひしひしと伝わってくるドラマの、相関図と新たに追加されるキャストも含めてご紹介していきます!

⇛絶対零度を見逃した場合はFODで楽しめます♪

絶対零度2020の相関図は?


前作では、日本全国の防犯カメラ映像、メール、電話、SNSの通信履歴などのビッグデータをもとに、AIが解析した「未来の犯罪を」未然に防ぐ班「未然犯罪捜査班、通称“ミハン”」の活躍が描かれました。

今作では、大規模なテロが今まさに起きようとしている数カ月後の未来から物語が始まります。

何者かによって渋谷、新宿、霞ヶ関をはじめとした複数の場所に警戒最大レベルの爆発物が仕掛けられ、官邸からは非常事態宣言が発動されます。

SATや爆発物処理班が出動する中、ミハンの山内と小田切も捜査に参加。

小田切が爆発物の捜索をする中で入った部屋には、拳銃を手にした男性が立ち尽くし、目の前には銃殺された女性が横たわっていました。

涙を浮かべ立ち尽くしている男性は、なんと井沢!

驚きで声も出せない小田切。

犯罪者に対する憤りから刑事としての一線を越えてしまった井沢が女性を殺したのか!?殺された女性は一体誰なのか!?そして、井沢の涙の意味とは!?

現在時制では、毎話新たな事件に挑み、未然に犯罪を防いでいくミハンの捜査員たち。

しかし、いずれ来たるべき未来に向かって物語は次第にリンクしていく――。

2020年1月6日(月)、21時~フジテレビ、初回30分拡大放送スタート!!

Season3のおさらい

前回の絶対零度も見ごたえがあったよな~!

あれ?でも、どんなラストだったっけ?新シリーズが始まる前におさらいしなきゃ!と思われている方も多いのではないでしょうか?

そこで、簡単に前シリーズのおさらいです。

Season3では、絶対零度の軸になっていた井沢(沢村さん)の妻が殺された事件や桜木泉(上戸さん)の事件の全貌が解明されました。

そして、ミハンシステムのミスを隠蔽した東堂(伊藤さん)が逮捕され、システムの法制化が延期されてしまいます。

そして、Season3の最終回は、井沢に「ミハンが新たな危険人物をはじき出しました」と連絡が入り、「じゃあ、止めに行きます。これから起こる犯罪を」というセリフでラストを迎えています。

Season4では、ミハンシステムの確立・法制化に向けて、ドラマが続くようです。

⇛「絶対零度」シーズン4の原作はあるの?

絶対零度シーズン4のキャスト一覧と役柄!

お馴染みのメンバーは変わらず出演者するようですが、新たなメンバーなどは加わるのでしょうか?

続いては、「絶対零度」に出演するキャストと役柄について、まとめていきます!

井沢範人演じるのは沢村一樹

〈役柄〉
井沢範人は元公安のエリート刑事で、現在は総務部資料課分室室長。

表面上は飄々とした性格のキャラクターですが、犯罪者に対する憎しみや怒りが強すぎるあまり、刑事としての一線を越えてしまいそうな激しい凶暴性を覗かせる側面も持ち合わせています。

妻と娘を無残に殺害された過去を持っており、「二度と妻や娘のような被害者を生み出さないため、犯罪を未然に防ぎたい」という思いを人一倍強く抱いています。

また、 妻子を殺害した実行犯に復讐しようとしたため、ミハンの危険人物リストにリストアップされたり、上層部からも危険視されている人物です。

〈代表作〉

「浅見光彦シリーズ」(2000年~2012年)

日本を代表する推理作家・内田康夫さんの作品を原作とした2時間ドラマで、多くのシリーズ作品があるミステリードラマ。

沢村さんにとって、初めての主演作であり、売れっ子になるきっかけを作った作品と言っても過言ではないと思います。

イケメンだけどコミカルさも持ち合わせている沢村のイメージと主人公・浅見光彦のイメージがぴったりと合致する点が、人気の理由。

沢村さんが浅見シリーズを卒業するという発表があった際には、「もう沢村一樹さん版の最新作が観られないのか」と嘆き、落胆する声が多く聞かれたほど…その人気の高さを証明しています。

「DOCTORS~最強の名医~」

普段は患者に笑顔で優しく接するスゴ腕の外科・相良浩介(沢村)。

一方で、自分が信じる医療のためなら目的・手段を選ばない非情な一面も持っている曲者。

「腕は確かだが人間性にやや問題アリ」な外科医・森山卓(高嶋政伸)と対立しながらも、患者の命を救うために、尽力する医師の姿を描く本格医療ドラマです。

さすが演技派俳優と感心してしまう作品です。

屈託のない笑顔と何かを企んでいるときの真顔のギャップが半端ないですし、この笑顔はホンモノ?ニセモノ?というドキドキ感もあり、面白い作品です。

「悪」の要素を表情や目線で匂わせる演技が絶妙でした。

山内徹演じるのは横山裕

〈役柄〉
特殊捜査班、捜査一課を経て、ミハンのメンバーとなった山内徹。

口数が少なく、ぶっきらぼうなイメージだが、実は情に厚い一面も覗かせます。

Season4では新たな辞令が下り、「警察が警察を取り締まる」監察官となりました。

表向きは、システムの法制化に備えて、ミハンの違法捜査(住居侵入・クラッキングなど)をチェックする立場ですが、裏では、上層部の指示で井沢の監視役を担います。


〈代表作〉
映画「エイトレンジャー」
「関ジャニ∞」が、各地のコンサートでご当地ネタを盛り込みながら上演してきた戦隊パロディーを、堤幸彦監督によって映画化された作品。

荒廃した近未来都市・エイトシティーを舞台に、テロリストに支配された町の平和と未来を取り戻すべく立ち上がった7人のヒーローたちの奮闘を描いた物語。

横山さんはブラックこと横峯誠を演じています。

劇中では、堤監督が「どこで習ったの?」と思わず本人に聞いてしまったぐらい、プロ並みのクールなアクションを披露しています。

前作のミハンで魅せてくれたアクションシーンも、ここでの活躍がいきているのかもしれませんね!

小田切唯演じるのは本田翼

〈役柄〉
元生活安全課の女性警官時代に痴漢事件の容疑者を必要以上に暴行したため、総務部資料課分室(未然犯罪捜査班)へ異動。

ドSでかなり荒っぽい性格で、多数の格闘技を我流で習得しているため、男顔負けの腕っぷしの強さが武器。

学生時代に性犯罪の被害者になった経験から刑事を志しましたが、同時に男性から身体をさわられることを異常に恐れるトラウマも持っています。


〈代表作〉
「アオハライド」

大人気マンガを映画化した作品で、2014年に公開された恋愛映画。

本田さんは、ヒロインの吉岡双葉を演じており、東出昌大さん演じる馬渕洸に恋する女子高生役です。

高校生役を演じた本田さんのかわいさが話題となり、その好感度の圧倒的な高さは、その後のドラマやCM起用を裏付けていると言っても過言ではありません。

香坂朱里演じるのは水野美紀

〈役柄〉
法務省官僚で、「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の統括責任者。

香坂は法務省官僚ながら、ミハンの法制化を警察には任せられないとし、自らミハン統括責任者に志願しましたが、井沢はその真意に疑問を抱いています。

一方、香坂も井沢を危険視しており、二人の間には常に緊迫感のある空気が流れています。


〈代表作〉

「踊る大捜査線」

人間味あふれる湾岸署のメンバーらと共に事件を追いかける課程を描いた本格刑事ドラマです。

水野さんは、殺人事件の被害者の娘・柏木由紀の役で出演しており、清純さと新ある女性の強さを見事に演じ、その名前を一躍有名にしました。

最近では、奪い愛、冬。の怪演がすごかったと話題になりましたが、今回はかなりシリアスな役柄。

清純派からバラエティー、シリアスな役までどんな役でもこなす、超実力派女優さんの演技に期待です。

加賀美聡介演じるのは柄本明

〈役柄〉
コンピューターに向き合うことに疲れた伝説の天才ハッカー。

生来の新しいモノ好きで、黎明(れいめい)期からコンピューターの世界に深く関わり、世界的なクラッカー逮捕に協力した逸話を持っています。

香坂はその知識や技術をミハンの捜査にいかし、ホワイトハッカー(高度な知識や技術を善良な目的にいかす者)として活躍することを期待していましたが、コンピューターへの情熱を失った加賀美は、むしろミハンの潜入捜査に興味津々。

超マイペースな性格で、捜査への協力も気分次第という自由人。

〈代表作〉
「カンゾー先生」

敗戦直後の岡山県が舞台、敗戦直後の混沌とした時代に生きる人々の人間模様を描いた作品。

柄本さんは、何でも肝臓病と診断し、人々から“カンゾー先生”と呼ばれる町医者・赤城風雨を演じています。

第23回放置映画賞主演男優賞や、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞、98年度カンヌ国際映画祭特別招待作品にも選ばれ、世界中のマスコミから絶賛された話題作です。

名脇役としてすでに有名だった柄本さんは、この作品に出演したことで「主役もこなせる役者」というイメージに変化しました。

ただの素晴らしい医者ではなく、どこかとぼけてて、ユニークで、本当のような冗談のような不思議な空気間を醸し出していたのは、柄本さんならではの演技だったように思います。

個性的な存在感とどんな役もこなす演技力は唯一無二の名バイプレイヤー。

そんな柄本さんがどんなハッカーを演じるか、楽しみですよね!

吉岡拓海演じるのは森永悠希

〈役柄〉
新人研修でミハンに配属されたキャリア警察官・吉岡拓海。

エリートの自分がいわくつきの部署に配属されたことを不服に思っており、ミハンならではの違法捜査は自身の出世に傷がつくと消極的な態度をとる。

しかし、実は天才子役だったという過去を持つ吉岡は、潜入捜査時の役作りにだけは異様な執念を見せ、他の捜査官たちの芝居にもいちいち口出しをする。

また、年上だが階級は下の小田切と度々口論になり、小田切に叩かれた回数をデスノートにメモするなどコミカルな一面もある役どころ。

〈代表作〉
「ちはやふる」

競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生達の友情・恋愛・成長を描く青春群像劇。

森永さんは努力型の秀才で、かるた初心者の駒野勉役を演じています。

野村周平さん、真剣佑さんなど存在感がある人気俳優がいるなか、それに負けない独特の存在感を放っていたのが森永さん。

個性的なたたずまいでありながら、かといって主張しすぎないという絶妙な存在感ありました。

絶対零度でもその独特の存在感を発揮していいアクセントになることは間違いなさそうです。

篠田浩輝演じるのは高杉真宙

〈役柄〉
男性恐怖症の小田切が初めて心を開くことになるスポーツカメラマン・篠田浩輝を演じます。


〈代表作〉
「仮面ライダーガイム」

高杉さんのまさに出世作といっても過言ではないのが、若手俳優の登竜門とされる平成仮面ライダーへの出演だと思います。

「仮面ライダー鎧武/ガイム」は、仮面ライダーシリーズ第15作目で、高杉さんが演じたのは、巨大企業ユグドラシル・コーポレーションの重役の御曹司であり、仮面ライダー龍玄に変身する「呉島光実役」を演じています。

呉島は純真な少年である一方、大切なものを守るためなら手段を選ばないキャラクターとしても描かれ、「二面性を持つ人物」という難しい役どころを見事に演じ切ったことで高い評価を得ました。

北見俊哉演じるのは上杉柊平

〈役柄〉
香坂とともに法務省から派遣されてきた官僚・北見俊哉を演じます。


〈代表作〉
「チート」

詐欺師を騙し返し摘発するスペシャリスト集団「チート」が、詐欺師たちを懲らしめる様を描いたヒューマンドラマです。

上杉さんは、口ひげパーマの元探偵・根岸俊役を演じています。

警察に負けず劣らずの捜査能力を発揮しつつ、何事にも動揺せず、しかもどこか楽しげにひょ仕事を行います。

仕事をそつなくこなし、人当たりも柔らかいけど、どこか正体不明…底知れない間を持っています。

そんな、ただ者らしからぬ不思議な存在感をうまく醸し出す役者さんです。

⇛「絶対零度」の主題歌は?気になる歌詞なども♪

まとめ

「絶対零度」のキャストや相関図について、まとめてきました。

お馴染みのキャストもさらにパワーアップするそうですし、さらに、今回から新たに加わるキャストも曲者揃いの演技派…自然と今度はどんな展開を用意してくれているのだろうと早くも前回を上回る期待をしてしまいます。

ドラマは井沢が殺人を犯したかもしれない、という衝撃の展開から始まるようで、早くも目が離せない展開になりそうです!

season4について知れば知るほど、ドラマに対する率直な期待がわきます。放送開始まで、待ちきれません!!