私の家政夫ナギサさんの原作ネタバレ!結末はナギサも田所も選ばない?

女優の多部未華子さん主演で「私の家政夫ナギサさん」のドラマ化が決定しました!

主人公のメイは製薬会社で働くバリバリのキャリアウーマン。

そんな28歳のメイを演じるのが女優の多部未華子さんです。

柔らかい雰囲気の多部さんはキャリアウーマンというイメージとはちょっと違う感じもしますが、プライベートでご結婚されてからますます美しくなりましたよね。

そんな多部さんがメイをどう演じるのか楽しみですね。

そして、気になる共演者はもちろん、原作では結末はどうなっているのか気になりますよね!

家事がまったく出来ないメイの前に現れたスーパー家政夫役には大森南朋さん。

おじさんなのにスーパー家政夫というところが面白いですね。

また、メイの仕事のライバル役に瀬戸康史さん。爽やかで仕事ができるイケメン役。

ラブコメだけあって、どんな恋模様なのか原作をネタバレ交えてご紹介します。

この記事ではドラマ「私の家政夫ナギサさん」の原作ネタバレや結末予想について掘り下げてみようと思います。

 \ドラマを見逃した方は必見/

1話からフル動画が見放題

「私の家政夫ナギサさん」に原作はある?

「私の家政夫ナギサさん」に原作はあるのでしょうか?

この作品は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」(運営:ソルマーレ株式会社)から生まれた作品です。

ソルマーレ編集部の少女漫画レーベル「恋するソワレ」で連載中の人気作品です。

WEBのコミックがTBSの連続ドラマの原作になるのは初めての試みなんだとか。

ドラマ化決定に原作者の四ツ原フリコ先生も嬉しさを隠し切れないようですね。

キャリアウーマンの仕事や恋愛がメインのストーリーはたくさんありますが、家事にスポットを当てているところが面白いストーリーですね。

どんなに美人でバリバリのキャリアウーマンでも、家の中ではどうなんでしょう?料理はできるの?掃除はできるの?家の中は綺麗なの?

言われてみれば、そんなところまで完璧に出来ている人なんて少ないはずです。

働く女性の家の中はぐっちゃぐちゃなのかもしれません。そこに現れた救世主。

スーパー家政夫がおじさんだったなんて。なんとも発想が面白いストーリーですよね。

原作はすでに人気の漫画。

現在進行形で連載中ということがわかりました。

ドラマではどんなストーリーが展開されるのか楽しみです。

 

【原作マンガ無料立ち読み情報】

ebookjapanでは『私の家政夫ナギサさん』の漫画が楽しめます。

  • 1巻~3巻は無料
  • 4巻~10巻は1冊110円で購入可能

ebookjapanなら登録無しで3巻まで無料で試し読みできます。

今すぐebookjapanはこちら>>

「私の家政夫ナギサさん」登場人物は?

相原メイ(28):多部未華子

製薬会社で働くバリバリのキャリアウーマン。営業職として入社3年目から営業成績1位を維持するデキル女。

周囲から「仕事もプライベートも完璧なんでしょう」と思われているが、実は家事が大の苦手。

アラサーになり、家事も恋愛も婚活も頑張りたいと思ってはいるものの、ついつい仕事に没頭してしまう。

 

鴫野ナギサ(50):大森南朋

主人公メイの家に現れる家政夫。家事代行業者「NTSクリーンハウス」のエース家政夫。

50歳の男性という家政婦業界では珍しい存在でありながら、指名率ナンバーワンを維持するデキルおじさん。

家政夫なので当たり前であるが掃除・洗濯・料理を完璧にこなす。

口数は少ないが、時々放つ一言が依頼者の心を解きほぐすことがある。人生経験のなせる業かもしれない。

 

田所優太(32):瀬戸康史

外資系製薬会社「アーノルド製薬」に勤める。仕事ができる為、製薬会社の業界内ではちょっとした有名人。

誠実な人柄。ライバル会社の社員に対してもオープンに情報交換をする気さくな性格。

性格もルックスも非の打ち所がない王子様的存在である。

田所の秘密を解説>>

キャスト相関図はこちら>>

「私の家政夫ナギサさん」原作ネタバレ!

主人公のメイは製薬会社でバリバリ働くキャリアウーマン。営業成績は常にトップ。

周囲からデキル女と思われているが、実は家事が大の苦手。

家の中は人に見せられないほどぐっちゃぐちゃ。

そんなメイの28歳の誕生日の夜。

帰宅すると家の中には見た事がないおじさんがエプロン姿で現れる。

おじさんの正体は掃除・洗濯・料理を完璧にこなすスーパー家政夫だった。

「見ず知らずのおじさんが家にいるなんて絶対にイヤーーーーー!!!」と拒むメイ。

しかし共に時間を過ごす中で、人生経験豊富な鴫野の言葉に癒され安らぎを感じるようになっていく。

一方仕事の方ではメイの前に強力なライバル田所優太が現れる。

ルックスも性格も良く仕事もできる田所の登場で、成績優秀だったメイはピンチに追い込まれる。

しかし田所のほうは、メイの警戒心を知ってか知らずか爽やかに近づいてくる。

仕事も恋も振り回されるメイ。2人の今後の展開は?恋の行方は?

仕事一直線だったキャリアウーマンのメイが家ではおじさん家政夫、仕事場では強力なライバル、そんな周りの人間に振り回されながら自分の将来や結婚について考えるようになる。

28歳独身女子が本当に幸せを探し求める、ハートフルラブコメディ。

見逃し配信で1話から無料視聴はこちら>>

「私の家政夫ナギサさん」原作の結末

突然メイの誕生日の夜に現れたナギサ。

それはメイの妹の計らいによるものでした。

家族の愛を感じられずに育った姉の事を思ってのことでした。

メイにはそんな過去があったんですね。

最初は「家におじさんがいるなんて嫌!」とナギサを拒んでいたメイですが、だんだんナギサの言葉に癒されるようになっていきます。

原作では第8巻で2人の関係に変化があらわれます。

なんと、メイはナギサの事を「第2のお母さん」と慕うようになるのです。

さらに原作では2人に恋心が芽生えるところも描かれています。

28歳のメイと50歳のナギサ。2人がどんな恋模様を繰り広げるのでしょうか。

メイの相手はルックスも仕事も完璧な田所じゃないの?ナギサを選ぶの?

原作では第8巻まで発売されていてまだ完結されていないんですね。

今後の展開が見逃せませんね!

ドラマの結末予想①メイは田所と結ばれる

28歳の独身女子ですから、身近な仕事相手である田所と結ばれるというのが王道ですね。

美男美女、お似合いのカップルが誕生し、家政夫のナギサさんはそんな2人を親のような気持ちで見守るというのが1つ目の予想です。

ドラマの結末予想②メイはナギサと結ばれる

メイは人生経験豊富なナギサの言葉に癒され、次第に惹かれていくようになります。

2人が恋心を抱き始めるストーリーも原作に描かれています。

28歳の独身女子と50歳の家政夫のおじさん。

かなり異色のカップルですが、2人が結ばれるというのが2つ目の予想です。

ドラマの結末予想③これから現れる誰かと結ばれる

原作は漫画ですが、ドラマのほうはオリジナルストーリーになる可能性も大きいですね。

登場人物もドラマの放送が進むにつれて、新たなキャストが投入される事は充分に考えられます。

これから現れる誰か、田所でもなくナギサでもない誰かとメイが結ばれるというのが3つ目の予想です。

見逃し配信で無料視聴する方法>>

「私の家政夫ナギサさん」ドラマのネタバレ

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」がついに放送されました!

気になるネタバレを1話からご紹介していきます♪

1話ネタバレ

【私の家政夫ナギサさん】1話ネタバレ

主人公・相原メイは天保山製薬に勤めるMRです。

バリバリ働き社内の評価も上々の相原メイですが、実は家事が全くできない28歳です。

部屋の中は荒れまくっていて、お気に入りのピアスも失くしてしまうほど。

そんなメイの将来の夢は「お母さん」になることでした。

しかし、その夢は母親によって否定されることになります。

「仕事がバリバリできるような女性になりなさい、メイはやればできる子なんだから。」と母の期待を一身に背負うことになりました。

そして今日はメイの誕生日。

誕生日当日の朝一番にかかってくる恒例の母からの電話で、初めて”結婚”という2文字がでてきたことに、メイは少しの焦りを感じながら仕事に向かいます。

社内でも誕生日をお祝いしてもらい、同僚の陶山薫からも結婚についての会話が・・・

そして職場の飲み会に、新しい支店長・古藤美雪も参加しました。

美雪はメイの誕生日を手作りケーキで祝い、メイに期待を寄せます。

そして他の年長者を差し置いて、メイを「チーム長」に指名!

「あなたならできるわ!」という美雪の言葉に、メイは戸惑いながらも嬉しさを隠せません。

飲み会に参加し、夜遅くに帰宅したメイですが、自宅の部屋の明かりがついていることに不安を覚えます。

入ると中には知らないおじさんが!

パニックになるメイですが、そのおじさんの正体はスーパー家政夫の鴫野ナギサさんでした。

妹が荒れ狂った部屋に住む姉を心配し、誕生日プレゼントとして家政夫のお試しコースをプレゼントしたのです。

メイは断りますが、もう代金はいただいているという理由で断ることができません。

おじさんが家にいるなんて絶対に嫌!というメイですが、ナギサさんの仕事ぶりは確かに素晴らしいものでした。

一方、仕事の方でも次々と色々なことが起こります。

まずは新人教育。

新人が入社しましたが、チーム長になり仕事の重圧も増えたはずのメイが新人教育係に!

仕事中、メモをスマホで取ったり挨拶が小さな声だったりと、今ドキの若者に振り回されるメイ。

さらにライバル製薬会社・アーノルド製薬に勤める・田所優太が登場します!

かなり好感触だった契約を田所に奪われてしまいました。

メイなりに一生懸命頑張りましたが、田所は先生のハートをがっちりつかんでいたのです。

契約をアーノルド製薬に決めた理由は、田所は病院の患者の傾向を把握し「仕事をする人が通うことの多い病院であることを理解し、即効性の高い薬を提案してくれた」というものでした。

メイは先生のハートをつかむために、先生が好きなマンガを読み、薬の有効性や副作用をまとめた資料を提出しましたが、先生が求めているのはあくまでも患者と薬の適合性だったんですね。

自分が「頑張ったつもり」になっていたことにショックを受けるメイ。

新人を残し自宅に直帰したあと、やけ酒をしてソファで寝てしまいました。

そこにナギサさんが現れます。

メイは優しく言葉をかけるナギサさんに八つ当たりをしてしまいました。

でもナギサさんはそんなメイをなだめ、「メイさんは頑張っています」と優しい言葉で諭したのです。

そんな言葉に涙するメイ。

そのまま眠りにつき、ナギサさんはメイを優しくベッドに運びます。

メイはナギサさんをお母さんと勘違いし、行かないで」と手を握ります。

そしてそのまま手を離さず、2人は朝まで過ごすことに・・・

朝起きてメイはナギサさんがいること、さらに自分がナギサさんの手を掴んでいたことにパニック!

急いで追い出そうとしますが、外に出ると隣の部屋になんと田所が住んでいることが判明!

慌ててナギサさんを部屋に戻すとインターホンが・・・その相手は母親!!

仕事と家事の両立を望む母に、家政夫の存在が知られてはマズイ!!

メイは焦ってナギサさんを奥の部屋に隠しますが、母親が部屋に入ってきて・・・?

1話感想

ついに始まった私の家政夫ナギサさん!

確かに家におじさんがいるのは嫌・・・ですが、ナギサさんの優しい言葉には癒し効果がありそうですね。

あんなスーパー家政夫、うちにも来てほしい・・・。

上司の美雪がメイに色々押し付けすぎじゃない!?ちょっとなにか企んでる!?と裏をかいてしまいました。

結婚、仕事、家事・・・アラサー女子は色々な方面で両立を求められていて息苦しいですね。

メイちゃんの今後の生活がどうなっていくのか、共感しながら見ていきたいです!

ストーリー自体は面白い 1時間ちょっとが結構早く感じた 一見すると、主人公がバリバリのキャリアウーマンに見えないかもしれないが、実際デキる営業ほど飄々としており、裏ではとてつもない努力をしているといったことが多いので、妙にリアル感があって良かった。また、素人でもツッコみたくなるような場面もあったが、「コメディだから」で流せる範囲だと思う。ただ一つ、メインキャストは問題ないのだが、脇を固める方々にもう少し役者の経験が豊富な方や、安定した演技をする方を配置して欲しかった。岡部や若月も決して下手ではないが、やはり少し不慣れな感じが出てて、本人がそのまま喋ってるだけという感じが強い。主人公の親友や妹、支店長は演技が少々オーバー気味で、見てて疲れる。
メインキャストと医者、飯尾がドラマ向けの良い演技をしてただけに場面が社内になる度うーん…となってしまう印象。
賄賂持ってきたり、接待してたりして、いつも悪の権化みたいに描写されているMRがちゃんと主人公してるドラマなんて初めて見るので嬉しいです。現実と違うところもあるけど(今はプロモーションコードが色々厳しくて自分プレゼン資料は作れないので、他社比較を直接やるというのは難しいでしょうね)、汚部屋だったり、運転粗かったり、いるいるー!って感じでした。あとすぐ向いてないと言う新人も笑。個人的に飯尾さんがMSなのがツボです。テンションがMSさんそのもの!次も楽しみです。

2話ネタバレ

【私の家政夫ナギサさん】2話ネタバレ

家政夫のナギサ(大森南朋)さんと手を繋いだまま眠ってしまったメイ(多部未華子)は、衝撃の事実にパニック状態に陥ります。

さらに天敵の田所(瀬戸康史)が隣人であることが判明!

動揺が収まらない中、今度はメイの母・美登里(草刈民代)が家にやって来ました。

慌ててナギサさんを隠そうとしてクローゼットに押し込めますが、靴が廊下に散乱してしまいます。

不思議に思った田所が靴を揃えるシュールなシーンが何とも言えません。

そんな中、そんなナギサさんが偶然メイのボタンを持ち帰ってしまったことに気づきます。

しかし、契約を延長しない!と言われていたので、どうしようかと思いましたがボタンを返しに行くことになります。

数日後にメイの部屋に入りますが、驚愕の汚れっぷりに驚きます。

しかし、顔色を変える事なくボタンの取り付けをしますがメイは仕事の事を相談し始めます。

ナギサさんは、仕事に関してよいアドバイスをします。

メイの会社の薬にも利点があり、家政婦でも地域や家庭の事情によってニーズが違う、薬も同じなのではないかというアドバイスで閃きます。

その結果、田所の会社の薬と併用して使ってくれることになりました。

そんな中、メイは同僚の陶山薫(高橋メアリージュン)の計画で、田所と合コンすることになります。

田所とメイは連絡先を交換して意気投合しますが、隣に住んでる事は隠してしまいました。

後日、美登里が再びやってくることになり、慌ててナギサさんとスポット契約を交わす事になりました。

2話感想

田所とメイの事が気になりますが、ナギさんの空気感が最高です!

仕事での悩みを家政婦目線でナイスアドバイスをするあたり・・・流石でしたね。

ナギサさんの過去は一体なにがあったのか?ずっと家政婦ではないと思うので気になりました。

しかし、こんな家政婦さんが欲しいなと思った第2話だったと思います。

家政夫を雇ってることを母親にばれたくないから隠したりしてたけど、 ライバル会社のスタッフが隣に住んでるので、隣に住んでるのは自分だとバレないようにしてたりとものすごくバタバタしてたなという印象。
大森南朋のハゲタカは大好きだったし、多部未華子のこれは経費で落ちませんも面白かった。鷲津vs森若!というのを期待したんだけど、全然違う!号泣でもこれはこれで楽しい。

3話ネタバレ

【私の家政夫ナギサさん】3話ネタバレ

メイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)さんが一緒にいるところへ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)がやってきます。

足を滑らせて、倒れそうなのを支えるナギサを見て美登里は2人が付き合ってると勘違いして大騒ぎ!

ナギサさんは唯(趣里)の会社で働く家政夫だと説明するが、美登里は家政婦をバカにした態度を取り出す。

家事全般が28歳にもなっても出来ない事にショックを受ける美登里は、今からでもやれば出来ると言い出す。

そこで、メイは1人全てをやると意気込むのでした。

部屋に戻るとナギサさんはもう部屋をキレイに片付けて夕飯を作っている姿を見て決意します。

家事も克服する!と言いますが・・・上手くいきません。

苦手な家事のせいで、余計な時間ばかりかかってしまいます。

そんな中、講演会の資料を借りに薫(高橋メアリージュン)の部屋に立ち寄るメイでした。

部屋は綺麗に片づけられ料理教室にホットヨガ、暗闇ボクシングなど習い事も難なくこなしています。

田所(瀬戸康史)の連絡先を聞かれたメイは、「今度会ったら聞いておく」と嘘をついてしまいます。

そんな中で、病院で田所に出会い居酒屋に誘われます。

田所と恋愛話になり、MRと医師の恋愛について尋ねますが、どうも田所の手の平で転がされた気分になります。

しかし、田所はメイに向かってアプローチしているのに気づかないメイでした。

3話感想

メイは、頑張りすぎて倒れないか心配になりました。

家事をするのが女性だとか、家事は女性が得意だという考え自体が古いのかもしれません。

ナギサさんのように得意な人が得意な事をする方がよっぽどいいと思いました。

しかし、田所とメイの関係が気になりますね。

2人はライバルMRですが、付き合う事はあるのか鈍感なメイが気づくかに今後注目ですね。

まさか、エプロン姿のほんわか大森南朋に癒される日が来るなんて…
多部ちゃん可愛いし。あれほど優しい人は間違いなく大きく何かを失った経験があるはず。ナギサさんの過去が心配よ
大森南朋の家政夫姿が、徐々に見慣れてきた気がしてきた。大森南朋ってもっと男くさいアウトローなイメージだったけど、本当俳優って凄いなと改めて思ったかもしれない。でもこれからナギサとメイってどうなるのかな?まさか・・・そこがくっつくってことはないと思うけど、先が気になってきた。

4話ネタバレ

【私の家政夫ナギサさん】4話ネタバレ

意気揚々と玄関の扉を開けたメイ(多部未華子)は、目の前に田所(瀬戸康史)を発見!

ついに、田所に自分が隣に住んでいることがバレてしまう。

しかし、お互いその事実を知られない為に内緒にしようという事になり、2人には共通の秘密ができる事に。

さらに、田所に男性と一緒の住んでいるのか?と尋ねられる事に。

ナギサさんの正体を隠したいメイは、父親だと嘘をついて逃れる事にする。

ある晩、メイのメ父・茂(光石研)がメイの部屋にやって来て、美登里(草刈民代)からナギサさんの話を聞いていた茂はナギサさんに興味津々。

人懐っこい父親の質問で、ナギサさんの過去が明らかになっていく!

ナギサさんは、元々サラリーマンで脱サラして家政夫になった事がわかります。

一方で、メイは肥後先生(宮尾俊太郎)から猛烈なアプローチを受けていました・・・。

メイは誘いを断れず遥人(眞栄田郷敦)を伴い、懇親会という名のデートをすることになります。

その懇親会の場所にまさかの田所と薫(高橋メアリージュン)がやって来て、まさかのデートの鉢合わせします。

そして、なんと薫は田所に告白して、肥後もメイも結婚を前提に付き合って欲しいと告白する始末。

メイは、「少し考えてみます」と言ってしまう。

そして、田所と帰宅するが、自宅の電気が付いていてナギサさんが自宅にいる事に安心するメイでした。

4話感想

今回もハラハラドキドキの展開でしたね。

まさか、田所には薫がメイには肥後が告白するという展開は衝撃でした。

田所とメイが付き合ってくれたら、早いんだけどなぁ・・・と思いながら見ていました。

しかし、自宅の明かりを見て、ナギサさんがいてほっとするのは良かったですね。

メイの父・茂が明らかにしてくれましたが、サラリーマン時代のナギサさんにも興味が沸きました。

なんといっても、メイの父の茂がいい味出してましたね。ナギサさんの過去がどんどん明らかになっていく展開が良かったです。しかし、サラリーマンを何で辞めたのかな?メイとナギサさん・・・うーーーん歳の差あるけどありかもしれない。
今回はなかなかの告白合戦で面白かったね。田所と薫はある意味に合ってる気もするけど、やっぱりメイと田所がどうなるのかも気になる。果たして肥後の告白をメイはどうやって断るのか、そこにナギサさんがどうからんでくるのか、これは気になる展開になってきたね♪

私の家政夫ナギサさん原作ネタバレまとめ

私の家政夫ナギサさんは、肩の力を抜いて楽しめるラブコメディドラマですね。

「家事って苦手なんだよね~」と思っている女性達の味方になるようなドラマになるのではないでしょうか。

多部未華子さん、大森南朋さん、瀬戸康史さんとそれぞれ主役を演じられる俳優さん達が集結するなんて、贅沢なドラマですね。

それぞれのキャラクターを実力派の俳優達がどう演じるのかも楽しみです。

結末はどうなるの?メイは最後に誰と結ばれるの?ドラマの放送前から期待値が高いです。

きっと見た後には、ほっこりとした気持ちにさせてくれるドラマですね♪

4 件のコメント

  • 田所とくっつくのなら、ありきたりな展開で、まったく面白くないし、見る価値ない。ナギサとくっつくなら面白いの見る。

  • 多部ちゃんが可愛いくて、いつも超おしゃれ✨でファッション見てるだけでもテンション上がる⤴️⤴️
    そして大森南朋さんのなぎささん、最高ですね。こんな家政夫さんにきて欲しい~なぎささん、きっとサラリーマン時代の経歴も凄い方なんだな?と思って観ています‼️
    この春のクールで一番好きなドラマです‼️

  • 多部さんのファッション素敵ですよね♪
    放送前は大森南朋さん???と思いましたが、絶妙な表情に引き込まれます。
    火10が連続で面白いドラマで私も毎週楽しみにしています(^^

  • 毎週火曜日が楽しみで多部未華子さん演じるメイが
    これからどうなるのか楽しみです‼️
    田所さんとくっつくのかな?と考えてます。
    毎週楽しみです‼️

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください