私たちはどうかしている犯人予想!真犯人は誰?

横浜流星さんと浜辺美波さんがダブル主演を務める「私たちはどうかしている」の犯人を考察します!

真犯人は一体誰なのか、原作を元に予想します。

私たちはどうかしているの原作では、”アノ人”が有力候補!

浜辺美波さん演じる七桜は、真犯人を突き止めることができるのでしょうか?

犯人は誰なのか、徹底予想します!

「私たちはどうかしている」はHuluで独占配信!

2週間無料体験実施中

ebook japanで2巻まで無料で読めます♪

私たちはどうかしている犯人を予想

私たちはどうかしているの犯人を徹底予想します!

まずは問題となっている事件の概要から紹介!

今から15年前、老舗和菓子屋「光月庵」の若旦那・高月樹が何者かに殺されました。

樹の息子・椿の証言から、容疑者として名前が上がったのは光月庵の女職人・大倉百合子

百合子は容疑を否認していましたが、真実が明らかにならないまま獄死してしまいました。

事件の真相は明らかになっていません。

容疑者は七桜の母親

現在犯人とされているのは七桜の母・大倉百合子です。

大倉百合子は光月庵の和菓子職人で、樹とは不倫関係にありました。

椿の「2人が揉めていた」という証言により容疑者になってしまいます。

しかし百合子は無実です。

真犯人は一体誰なのか、というのがこのドラマの注目ポイントです。

犯人の可能性のある人物

  • 女将(高月今日子)

  • 椿の証言を無理やり返させ、2人が揉み合っているように見せかけた
  • 樹と百合子の関係性に気付き、恨みを持っていた

登場人物の中で、どちらにも恨みを抱いている人物は今日子ではないでしょうか。

七桜は、事件の日に庭で微笑む今日子を目撃していました。

しかし、椿は女将の今日子と一緒に眠っていたのでありえないと言っています。

七桜の証言通り、もし事件を見ていたのであれば自分で犯人が百合子だと言えば良かったですよね。

むしろ、子供の椿に証言させるより、自分で「2人が揉めていた」と証言した方が信ぴょう性も出るはずです。

目撃していたにも関わらず証言しなかったということは、犯人が誰か知っているということ。

犯人ではないにしろ、今日子が犯人の共犯という可能性もあります。

疑問点⇒その場にいたはずの百合子ではなく、なぜ樹を殺したのか?

  • 多喜川薫

椿の異母兄弟と判明した多喜川薫。

多喜川父と今日子は不倫関係にあり、椿が生まれました。

もし、椿の出生により多喜川家の良い家庭環境か崩れてしまったのであれば、光月庵に恨みを抱いていてもおかしくありません。

樹は、今日子に触れることはありませんでした。

いくら政略結婚とはいえ、元々の恋人が好きだからと今日子をないがしろにしたのはひどい話です。

そもそも樹が結婚した時点で今日子を女性として大事にしていれば、多喜川父と不倫し子供を作るということもなかったはずです。

樹を殺す動機になるのではないでしょうか。

疑問点⇒複数の目撃者がいる中で、光月庵の部外者である多喜川が犯人である可能性は低い?

  • 高月樹(自殺or事故)

真犯人として名前を挙げましたが、動機が曖昧であったり、百合子が罪をかぶろうとした理由に繋がりません。

これは他殺ではなく、高月樹の自殺、もしくは事故である可能性も捨てきれません。

私たちはどうかしているの真犯人は誰?

私たちはどうかしているの真犯人は一体だれなのでしょうか?

この記事では真犯人を「高月今日子」と推測します。

動機があるのは女将だけ?

 登場人物の中で殺す動機があり犯行が可能な人物は、今日子だけです。

今日子は樹と百合子の関係を知っており、光月庵の嫁としてしっかりと勤めを果たそうとしていたにもかかわらず、樹は今日子に触れることはありませんでした。

そのことで、自分の尊厳を踏みにじられただけでなく、光月庵の後継ぎも産めない状態になってしまい、とても苦しい思いをしたと思います。

動機だけでなく、椿の証言を変えさせたり、アリバイ証明に使ったりと保身もしています。

そのことから、真犯人である可能性は高いのではないでしょうか。

しかし、もし真犯人だとしてもこの事件にはいくつかの謎があります。

事件に残された謎
  1. 2人の関係性を恨んでいたのであれば、殺害するのは樹ではなく百合子では?
  2. 百合子はなぜ真犯人の名前を出さなかったのか?
  3. 百合子は逮捕当初犯行を認めていたが、後に「私はなにもしらない」と供述を変えている

これらの謎に対しての考えられる理由を考えてみました。

考えられる理由
  • 樹を殺した理由⇒百合子を殺そうとしたが、樹が庇ったため
  • 犯行を認めた理由⇒樹が自分を庇って死んでしまったから
  • 供述を変えた理由⇒七桜のために供述を変える必要があった

普通であれば、今日子は愛する樹ではなく、百合子を殺そうとするはずです。

七桜が樹の本当の子供であると知られたら、血縁を重んじる光月庵で椿の居場所はありません。

樹は椿と血縁関係がないことも知っていながらも椿を跡取りにすると決めていたため、樹が死んでしまうのは今日子にとって不都合です。

今日子にとって百合子は、複数の理由で邪魔者。

殺すなら百合子です。

でももし、百合子を庇い樹が死んでしまったら?

今日子はどちらにしろ人を殺してしまったので、その場にいた椿を使い保身に走るのはおかしくないですよね。

百合子は「自分が樹を諦めていれば死ななかった」と考え、自分がこの事件の原因の大元(犯人)であると認めてしまうかもしれませんね。

供述を変えた理由としては、多喜川の父から七桜が光月庵を追い出されてしまったと聞いたからなのではないでしょうか。

自分が逮捕されたあと、七桜のことは気がかりであったはずです。

七桜が光月庵を追い出され、身寄りのない中生きていかなければならないと知った時、七桜の元に帰りたいと願ったのではないでしょうか。

私たちはどうかしているの犯人の予想まとめ

私たちはどうかしているの真犯人の予想をまとめました!

現段階で真犯人に一番近いのは”高月今日子”であると思います。

今後、ドラマでどんな展開が待ち受けているのか楽しみですね!