ユニバーサルの濡れるアトラクションランキング!靴まで濡れる乗り物とは?

スポンサードリンク

 

ユニバーサルスタジオの人気あるアトラクションには水を使っているものが多くあります。

「濡れます」というアトラクションの近くにはポンチョの自動販売機が設置されているほどです。

暑い夏は水を浴びても気持ちがよいものですが、冬は寒くて油断していると風邪を引いてしまいますので注意しましょう。

濡れる度合いでアトラクションの順位をつけてみました。

靴まで全身濡れてしまうアトラクションはあるのでしょうか。

濡れたい人、濡れたくない人ともに必見です。

先に知っておくと持ち物の準備が違いますので参考にしてくださいませ。

ユニバーサルの濡れるアトラクションランキング5選!

出典元:pixabay

濡れるアトラクションは座る場所によって濡れる場合とほとんど有無を言わさず濡れてしまう場合があります。

ハンカチで拭えば十分な程度から全身びっしょりになるアトラクションまで濡れ方も様々です。

濡れるアトラクションとしてピックアップした5つを紹介します。

濡れるアトラクション第1位「ジュラシックパーク・ザ・ライド」

出典元:USJ公式サイト

ゆったりとライドが進んで恐竜の世界を楽しんでいると思いきや、落とし所は最後に現れます。

26mの高さから急降下して最大傾斜が51度というほぼ真下の水の中に一気に落ちていきます。

先頭や両サイドの席はポンチョでは水濡れをカバーすることができません。

落下の風圧でポンチョはふわっと浮いてしまうので濡れたくない方はレインコートがよいです。

真ん中の席だからといって濡れないということはなく、どの席も「濡れる」ことを覚悟しておきましょう。

着水の瞬間に水しぶきが3mぐらい上がるのですが、落ちていく過程で濡れてしまい、着水したあとはほとんど濡れません。

むしろ後ろのライドが着水した水しぶきを浴びることになります。

濡れたくない人は100均のレインコートの持参をおすすめしますよ♪

できればフードに紐がついていて、飛ばないようになっているとかなり対策になります。

こんなはずじゃなかった!びしょ濡れだよ~

だからさ、どこに座っても濡れるって言ってたよ~、クルーのお兄さんが

落ちる前の恐竜から水が飛んできたのにはビックリ油断できないな♪

濡れるアトラクション第2位「ウォーター・ワールド」

ショー型のアトラクションですが、スタントマンが水上バイクで走り回るアクションがあって水が飛び散ることになります。

ショーシアターの席はシートが2色に分かれていて、濡れる席はブルー、濡れない席は茶色です。

ブルー席のすぐ後ろの茶色席は水しぶき程度はかかる可能性がありますので、濡れたくない人は後方座席に陣取りましょう。

前席のブルー席でも場所によって濡れ方が違って、中央席は激しく濡れます。

盛り上げる場面でどうかするとバケツの水を頭からかぶせられて(本人の承諾は得ています♪)全身ずぶ濡れになります。

パフォーマンスが半端じゃなかった~、ビックリ!!

濡れるって聞いてたけど、スゴすぎ♪

濡れて困るものは防水対策を忘れないように~

濡れるアトラクション第3位「ジョーズ」

出典元:USJ公式サイト

水の上をライドに乗りながら、進んでいくアトラクションです。

水の中からジョーズが水しぶきを上げながら何度も現れます。

座っている席によって濡れ方に違いがあり、前方や並びの端(特に左側)は確実に濡れます。

ジョーズ全体やセットの細かな部分が見渡せる中間席はスリルがあって人気ですが、濡れる確率も高いです。

ポンチョでしのげるぐらいなので濡れたくない方は準備しておきましょう。

水上をボートで巡っていくけど、セットがなかなか凝っているから見どころがたくさんあるよ~

ジョーズがリアルで、水から出てくるのが迫力あるね♪

映像じゃないところがいいな!

濡れるアトラクション第4位「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D」

3D体験をするアトラクションなのでなぜ濡れるのか不思議ですね♪

水の怪物が出てきて水しぶきを上げるので、あっと思う程度ですが水に濡れます。

ハンカチで拭える程度で、どちらかというと水が飛んできてビックリする印象です。

屋内アトラクションなのに水がかかってくるなんて~

水の怪物はただものじゃない!

ストーリーを理解して乗ると面白さ倍増♪

濡れるアトラクション第5位「バックドラフト」

出典元:USJ公式サイト

USJファンの間ではびしょ濡れになったら「バックドラフト」で乾かすという乗り方が定着しています。

火災現場を再現しているアトラクションなので水より火のイメージが強いですが、サプライズで水しぶきがあがります。

スパイダーマン同様ハンカチで間に合うぐらいなので、ポンチョの準備は必要ありません。

火災現場で起こる炎の上がり方を再現しているんだよ!

待ち列からアトラクションが終わるまで立ちっぱなしだからそのつもりでね♪

水より炎の印象が強いからほとんど濡れるのは気にしないと思うよ~

番外編

何気なく水を感じるアトラクションがあります。

♪おまけ♪
   
  • ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー
  • セサミストリート4-Dムービーマジック
  • ターミネータ2:3D

 

気のせいかなって思うくらいなんですが、場所によって、気分によって水に触れる場面がありますよ♪

屋内アトラクションのため濡れる派手さはないのですが、終わった後「水」が話題になるかもしれないです。

揺れが強くて乗り物酔いすることがあるよ~

内容を知って乗ると2倍たのしめる♪

こんなに水が関係するアトラクションがあるとは思っていなかった!

→アトラクションを網羅するためにエクスプレスパスを有効活用するには?

靴まで濡れるアトラクションはある?

上半身がびっしょり濡れるのは上位3位までのアトラクションです。

お尻くらいまでは覚悟しておきましょう。

靴まで濡れるほどびしょびしょになるというと、ジュラシックパークでしょう。

新品の靴は履いていかない方がよいですね。

ウォーターワールドも自分から「濡らして~」とお願いしたような時は頭からつま先までびしょ濡れになることでしょう。

濡れるアトラクションは自己防衛するしかないので、濡らしたくないものはコインロッカーを使うのが一番です。

濡れたあとどうするかも一緒に考えておくとよいですね♪

それにしてもよく濡れるなぁ~

初めての人はビックリするよね、きっと!

楽しみ方はいろいろだぁ~

濡れるアトラクションランキングまとめ

濡れるイメージが強いアトラクションをまとめました。

席によって濡れる、濡れないを若干調整できるアトラクションから、濡れることを防ぐのはあきらめるしかないアトラクションまでありました。

クロックスを持ち物に加えておくか、濡れてもいいような靴を履いていると安心です。

思いっきり水を浴びて暑さを解消するとストレスも飛んでいきそうです。

濡れたくない方は持ち物にレインコートとタオルは忘れないように準備しましょう。