つくば祭り2019交通規制と駐車場情報!屋台や見どころも紹介!

スポンサードリンク

「つくばまつり」は夏まつりとして毎年8月下旬の土日に開催されます。

夏休みも最後になる週末に家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

家族全員が楽しめる世代を問わない楽しいお祭りです。

「つくばまつり2019」の日程と交通規制や駐車場情報をお届けします。

まつりの見どころも紹介していますので、事前情報として活用してくださいませ。

「つくばまつり2019」の日程とスケジュール

開催日時:2019年

  • 8月24日(土)12:00~21:00
  • 8月25日(日)10:00~21:00

開催場所:つくば駅周辺会場

予想人出:約40万人

会場までのアクセス

 

出典元:まつりつくばオフィシャルサイト

電車の場合
つくばエクスプレス「つくば駅」下車 A2またはA3出口から徒歩約3分

守谷駅からつくば駅間で上下線計4本の臨時列車の運行があります。

おまつりの2日間に限り研究学園駅~つくば駅の特別往復切符が発売されます。 

  • 大人200円 小人100円
  • 筑波学園駅の自動販売機で発売(前売りなし)
  • 当日限り1往復有効

市役所の無料駐車場を利用の方に便利です♪

 

路線バス

おまつりの2日間限定で一日乗車券が割安で利用できます。

  • つくバス1日乗車券 300円(通常500円)で乗り放題
  • 小さなお子様連れの方やご年配の方で歩くのがしんどい方には朗報ですね♪
  • つくば駅の混雑を避けたい方にもおすすめです!

つくバス路線図⇒

 

車の場合
  • 圏央道「つくば中央IC」より一般道19号線からつくば市街へ
  • 常磐自動車道「谷田部IC」より一般土19号線からつくば市街へ
 
 
 
高速バス
東京駅八重洲南口高速バス乗り場5番から「つくばセンター」行終点下車徒歩約3分  

 

駅からとても近いのでできるだけ公共交通機関の利用をおすすめします。

「つくばまつり2019」の交通規制

出典元:まつりつくばオフィシャルサイト

15:45~21:00の間のパレード実施時間に合わせて交通規制が行われるが、規制範囲は広くありません。

土浦学園線の学園西大通りと学園東大通りが交通規制となり、車両通行止めになります。

例年ひどい渋滞は起こっていないものの、夕方は人出も多くなるので早めの到着がよいでしょう。

メインイベントのパレードに合わせて来場する方が多いので、混雑が生じる可能性があります。

「つくばまつり2019」の駐車場情報

つくば駅周辺に多くのコインパーキングがあるので、車での来場の方は臨時駐車場以外にも利用してくださいませ。

ただし特にサービス対応はないので、通常通りの時間駐車料金が発生します。

駅前南側はできるだけ交通規制が始まる前に到着するようにしましょう。

 

専用駐車場

「つくばまつり2019」の無料臨時駐車場が設けられています。

場所はつくば市役所で、利用時間は両日ともに10:00~22:00です。

無料ということもあって満車になる時間が早いため、利用したい方は早めに到着するように予定を立てましょう。

研究学園駅まで徒歩約10分なので、つくば駅までの特別往復切符を有効に活用してくださいませ。

駐車料金がかからないので、電車を利用してもお得ですよ!

早く到着した時にはパレードまで時間があるので、楽しみたいイベント会場の近くに駐車することができるとよいですね♪

駅周辺の駐車場を一部紹介します。

各駐車場共通事項

  • 24時間営業
  • 最初の1時間/220円 以後30分ごと100円 10時間を超え24時間まで2,200円

 

《南1駐車場》

  • 収容台数:989台
  • 身障者用スペース:りくの棟 2階ー5台
  • ワクワク広場(もぐもぐ屋台や休憩所、ステージ)に近いです。

 

《南3駐車場》

  • 収容台数:690台
  • 身障者用スペース:3階ー2台、4階ー2台
  • 竹園公園(スポーツパーク)に近いです。

 

《北1駐車場》

  • 収容台数:625台
  • 身障者用スペース:1階ー2台、2階ー2台、3階2ー台、屋上ー2台
  • 中央公園(ふれあい広場)に近いです。

 

《北2駐車場》

  • 収容台数:251台
  • 身障者用スペース:2台
  • つくばエキスポセンター(ロボットパーク)に近いです。

 

駅前にこれだけの大型駐車場があるのはやはり車社会であることを物語っていますね♪

おまつりの来場者数に比較すると数が十分とはいえないので、早めの到着が何よりです。

特におまつり以外の用事もある場合には電車より車が便利な地域なのでなおさらですよ!

当日の駐車場探しに時間を費やしたくない方は事前予約サービスを利用すると便利です。

台数には限りがあるので、出かける計画を立てたら早めに行動に移すのがカギになりますね♪

「つくばまつり2019」の見どころポイント

つくばまつりは国際色豊かなイベントが多く開催され、つくば市ならではの特徴あるイベントも多いです。

イベント内容  開催場所
 パレード  学園都市線
 ステージイベント  つくばセンター特設ステージ
 ロボットパーク  つくばエキスポセンター正面広場
 ふれあい広場  中央公園
 バザー  つくばセンター広場
 もぐもぐ屋台  クレオスクエアうきうき広場
 うきうきステージ
 アートタウン  つくば公園通り
 スポーツパーク  竹園公園

 

子供から大人まで楽しむことができるイベントが盛りだくさんです。

見どころポイント①パレード

一番の見どころはやはり大パレードです。

ねぶたや山車、神輿が練り歩くパレードで、全国各地のお祭りが登場します。

青森のねぶたや秋田の竿燈(かんとう)祭、盛岡のさんさ踊りなどが次々と登場します。

もちろんつくば市のお祭りも登場し、つくばの大神輿「万灯(まんどう)神輿」は300人以上の担ぎ手が必要で日本一の神輿とも言われています。

また、1985年に行われた「つくば万博」を記念して作られてた「万博山車(ばんぱくだし)」も出てきます。

ロボット走行やよさこいソーランや太鼓・囃子など現代のテクノロジーと伝統的文化が一緒にパレードするのは見ごたえがあります。

事前の場所取りはできないので注意してくださいませ。

見どころポイント②屋台

世界各国の食べ物がクレオ広場の「もぐもぐ屋台」に集まります。

12:00からの開店で、パレードの始まる16:00~19:00頃が混雑の山場になるので、時間をはずして利用すると並ぶ時間を短縮できるでしょう。

お祭りで見かける一般的な露店から地元企業や百貨店、商店街の出店など約500店の出店が見込まれています。

中でも一番人気はホテルオークラの「ローストビーフ」で長蛇の列ができますが、並んでも食べたい一品です。

その他にご当地グルメのお店も出ているので、お腹をすかして会場で美味しい物を味わいましょう。

休憩場所やステージが併設されているので、時間を楽しく過ごすことができますよ♪

見どころポイント③ロボットパーク

ロボットパークは宇宙都市つくば市ならではの特徴あるイベントで、他のお祭りでは体験できないことが開催されています。

セグウェイの試乗体験やロボット操縦体験(有料)があり、とても人気のコーナーです。

ロボットのステージショーや子供工作教室も開催されます。

先端技術を駆使したロボットの魅力に実際に触れてみると興味が湧くきっかけになるかもしれません。

 

アートタウンの大道芸パフォーマンスや体験コーナー、スポーツパークでの様々なイベントは見るだけでなく実際に触れたり体験することができて充実感を味わうことができますね♪

まとめ

つくば市は筑波学園都市として開発され、全国各地からの学生や研究者などが集まり、海外から日本にやってきた方々も多く住んでいる新しい街です。

日本や世界のまつりやイベントと地元つくばのお祭りを一緒にして楽しむという交流の場になるまつりになりました。

宇宙開発という特殊な環境も後押しして多くの方に楽しんでもらえる企画になっています。

8月の終わりはまだ暑さの残る時期でもあるが、暑気払いも含めて「熱い夏まつり」を楽しんでみてはいかがでしょうか。