土浦全国花火競技大会2019の子連れで場所取りができる穴場スポットまとめ!

スポンサードリンク

 

「土浦全国花火競技大会2019」は全国の花火師たちが腕を競いあう花火大会です。

スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部が行われ、競技花火の合間には審査の伴わない花火が打ち上がり豪華な花火を堪能することができます。

毎年70万人を超える方々がこの花火大会を訪れるので混雑は大変なものです。

打ち上げ場所以外でも花火を見ることができるので家族で出掛けてみませんか。

「土浦全国花火競技大会2019」の子連れで場所取りができる穴場スポットを紹介します。

お出かけ前の情報収集に活用してくださいませ。

「土浦全国花火競技大会2019」の日程とスケジュール

《打ち上げ場所》

打ち上げ日時:2019年10月26日(土)18:00~20:30 荒天時は10/27(日)または11/2(土)のいずれかに延期

打ち上げ場所:土浦市佐野子 桜川河畔 学園大橋付近

打ち上げ数:約20,000発

予想人出:約75万人

会場までのアクセス

出典元:土浦全国花火競技大会公式サイト

電車の場合
   
  • JR常磐線「土浦駅」から徒歩約30分
  • JR常磐線の臨時列車の運行あり
  • つくばエクスプレス「つくば駅」からの路線バスは15:00以降は運休
  • つくば駅から徒歩約1時間40分

 

出典元:土浦全国花火競技大会公式サイト

シャトルバス
   

JR土浦駅東口から運行

行き 

14:30~18:30

  • 行きの乗車券の発売は18:00まで
  • 18:30が最終便でその後の運行はありません。


帰り 

19:00~21:45 

  • 行き、帰りともに随時運行
  • 大人240円 小人120円 交通系ICカード利用可能
  • 所要時間 約10分
  • 帰りの混雑で乗車まで30分以上待ち時間が生じることがあります。

 

出典元:土浦全国花火競技大会公式サイト

車の場合
   
  • 常磐自動車道桜土浦ICより約5km
  • 常磐自動車道土浦北ICより約5km

 

電車やシャトルバスを利用の方はICカードの残高確認や事前チャージをするようにしましょう。

>>2019年の交通規制や駐車場・混雑状況は?

「土浦全国花火競技大会2019」に子連れで場所取りをするポイントは?

出典元:pixabay

子連れで場所取りをするには花火をどこでどのように見るかがポイントでしょう。

打ち上げ場所でしっかりと見たい場合は有料席を確保すると安心です。

会場の一部が区切られているので万が一離れた場合でも探す範囲を絞ることができます。

就学前のお子様を連れている場合には混雑を避けて少し離れた場所から花火を見るのはいかがでしょうか。

早めに到着して自然に触れたり公園で遊んだりして、子供目線で飽きがこないような一日を計画しましょう。

周囲に高い建物がないので少し離れている場所でも十分に花火を楽しむことができます。

駅の混雑や渋滞を避けるために帰る時間を遅くにずらすことはなかなか難しいため、終了前に帰路につくようにすると安全も確保できます。

他のレジャーも合わせて計画すると親子で有意義な時間を過ごすことができますよ♪

「土浦全国花火競技大会2019」の子連れで場所取りができる穴場スポット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

土浦花火大会🎆 お誘いいただき、間近で見られましたが、強風のため1時間で終了となってしまいました。来年リベンジです! #土浦花火大会2018#土浦花火大会中止

Emiko Niidomeさん(@emilea.51)がシェアした投稿 –

子供は周囲を気にせずに興味あることに突進してしまうので、人が多い場所では迷子になりはしないかと心配になりますね♪

花火を見る場所を少し遠くにしてゆったりと見るのはいかがでしょうか。

駐車場やトイレを心配しなくてもよいような穴場スポットを一部紹介します。

穴場スポット① 霞ヶ浦総合公園

会場から離れていますが、花火はよく見ることができます。

広い公園で駐車場やトイレがあるのはなにより心強いです。

早い時間に到着しても公園で遊ぶことができるので子供にとっても楽しく一日を過ごせるでしょう。

運動公園の先にある日帰り温泉を楽しむ余裕も持てますよ♪

穴場スポット②アジュール土浦ウェディングの近く

打ち上げ場所からは距離はありますが、遮る建物がないのでよく見えます。

コンビニや霞ヶ浦総合公園が近くにあるので飲食やトイレの心配がなく安心です。

土浦駅から徒歩の範囲でゆっくり見ることができる場所なのでとても都合がよいですね♪

霞ヶ浦公園で遊んだのち、駅方面に戻りながら花火を見ることができるので、電車利用の方におすすめです。

穴場スポット③上高津貝塚ふるさと歴史の広場

広場の芝生が開放感があり、ゆっくりと見ることができます。

臨時駐車場としては9時から解放されるので車の待機の列ができないうちに駐めたいですね。

無料駐車場なのでその後有意義に一日を楽しむことができます。

展示室に立ち寄ってみると新たな発見がありそうですね♪

穴場スポット④霞ヶ浦

湖の反対側から見ると花火は小さくなりますが、湖面に映る花火に新たな感動を覚えることでしょう。

場所的に花火に関連しての渋滞になることは考えづらいので帰り道の心配がなく安心です。

>>2019年の交通規制や駐車場・混雑状況は?

土浦という場所にこだわることがなければ対岸からでも見ることができるのでレジャープラス花火の一日を過ごすことができますね。

湖沿いにかすみがうら市の水族館があるので、そちらを訪れながらドライブをして湖岸の反対側から花火を楽しむのも一案ですよ♪

まとめ

出典元:pixabay

花火のレベルが高く、多くの人が職人技を見にくる花火大会で見応えがあることは間違いありません。

夜空に打ち上がる様々な花火に見とれている時間はプチ贅沢ですね。

秋も終わりに近づいている頃なので、夜は肌寒くなります。

防寒の準備を忘れないようにしていきましょう。

河川敷に近いので虫除けスプレーや虫刺され薬は手放せません。

天気のよい秋晴れになって綺麗な花火が上がるとよいですね♪