TSUTAYAディスカスの解約(退会)方法を詳しく解説!停止との違いは?

スポンサードリンク

 

DVDを借りる本数が少なくて、TSUTAYAディスカスはそろそろやめようかなと思われている方がいらしゃるかもしれません。

TSUTAYAディスカスの月額料金を止める方法として「停止」と「解約」の2通りがあります。

再入会しやすい「停止」手続きと、改めて新規登録が必要となる「解約」手続きの違いを解説していきます。

言葉の違いが内容の違いを意味するので、少しややこしく感じるかもしれません。

手続きをする前に両者の違いを把握しておくと安心です。

TSUTAYAディスカスの解約手続き

出典元:TSUTAYA ディスカス公式サイト

「停止」と「解約」は同じ流れで進みますが、途中から「停止」と「解約」の分かれ道があります。

入り口が同じなためわかりづらい印象になるのでしょう。

手続きは、TSUTAYAディスカスの公式サイト上から簡単に進むことができます。

見出しタイトル
 
  1. ログインをして「マイメニュー」を表示
  2. 「サービス解除を申請する」に進む
  3. 解約(退会)の注意事項を読み、「次へ」に進む
  4. アンケート(回答をしなくてもよい)の最後の「申請を完了する」に進む
  5. サービスの解除を完了しましたの表記を確認し、「閉じる」に進む

 

ログインをして手続きを始めるのに、途中で再ログイン(パスワード入力)を求められます。

間違いではないので、パスワードを入力して進みましょう。

手続き自体は難しくないのですが、途中の解約に関係する注意事項が長いので同じボタンの操作が何度も続きます。

アンケートが出てきて、「申請を完了する」が出てきたら終わりに近づいています。

メールの受信があれば解約ができているので安心です。

メールの受信がなければ、きちんと手続きが完了していないことを疑ってくださいませ。

停止や解約手続きの確認はメールの受信だよ♪

TSUTAYAディスカスを解約する時の注意点

事前に把握しておく必要がある点を取り上げます。

手続きをスムーズに行うためと、手続き後に余分な請求が発生しないようにするためです。

入会している方は実際に操作画面をして確認してはいかがでしょうか。

手続きを事前に調べておくと安心だよ~

「停止」と「解約」の違い

「サービスの停止」とサービスの解約」の違いはどこにあるのでしょうか。

料金の請求は両方ともに申請した月の翌月から停止します。

未返却の商品は手続き後10日以内にTSUTAYAディスカスで返却処理が行われないと、延滞料が発生するので注意しましょう。

無料お試し期間中の方も別扱いではないので同様です。

「サービスの停止」はアカウント情報が保持されているので、再入会手続きが簡単にできます。

停止中でもログインができるので、閲覧履歴が引き継がれ、リストの追加、変更、削除を行うことが可能です。

使っていたリストを別のことに利用したい方は便利でしょう。

また利用するかもしれないという感触が残っている方は一旦停止しておいて、必要があれば再入会することも可能ですね♪

「サービスの解約」はアカウント情報が消去されます。

ログインができなくなり、リストや閲覧履歴や個人情報が削除されるので、再利用したい場合は新規登録が必要です。

個人情報が消去されるため、解約手続きの取り消しは同月以内しかできません。

簡単にまとめると以下の表です。

  停止  解約
ログイン ×
履歴や登録情報の閲覧・変更 ×
リストの登録・変更 ×
月額料金 停止(翌月から) 停止(翌月から)
商品の出荷停止日 申請日 申請日
再利用までの期限 停止期限なし 新規登録


アプリから「停止」はできますが、「解約」はできません。

停止と解約は違うからね~。料金請求が止まるのはおなじなんだけど♪

リスト登録、未返却品の確認

リストに登録されている商品は返却が確認されると自動的に次の分が発送されます。

登録が残っていると発送処理が行われるので、自分の思ったタイミングで停止(または解約)手続きに進むことができません。

追加発送される商品が出ないようにリストを調整しましょう。

手元に商品が残っている場合はもちろんのこと、ポストに投函=解約になるわけではないので、時間差があることに注意してくださいませ。

TSUTAYAディスカスに商品の返却が確認されてから、解約処理が実行されます。

返却していない商品は10日以内に返却が必要で、11日目以降延滞金が発生します。

返却の準備をしてから解約の手続きを行うようにタイミングを調整しましょう。

倉庫への返却が確認でき次第退会手続きの必要処理がされます。

無料期間中に解約完了を行いたい場合には、返却品の郵送時間を考慮して少し早めに手続きをしましょう。

翌月にかからないようタイミングよく手続きしよう♪

手続きができない時間帯

宅配の発送処理のシステム上、登録情報の変更入力を行うことができない時間帯があります。

3:00~4:00
11:00~12:30
15:00~15:30

当日の発送状況で時間幅が前後する場合があります。

手続きボタンが出てこないので、解約(停止)手続きそのものを進めることができません。

システムの都合上なのでしょうが、表示が出ないと不安になりますね。

発送時間には解約手続きができないよ~

アプリからは解約できない

TSUTAYAディスカスのアプリから、解約(退会)手続きをすることができません。

ChromeやSafariのブラウザから公式サイトにログインしましょう。

ログインは必ず必要のため、確認してくださいませ。

サービスの停止のみであればアプリからも可能です。

料金請求はどちらの手続きでも止まりますので、その後の利用を考慮して選んでください。

アプリから解約できないっていう事はよくあるから注意!

電話で解約できる

WEB上の操作が上手くいかないなど、何か困りごとがあった場合は電話を賢く利用しましょう。

電話で解約手続きができます。

TSUTAYAディスカスカスタマーサービス
   
  • 0570-064-038 (ナビダイヤル 約20秒で10円)
  • 050-3786-9300 

年中無休 10:00~19:00

混合う時間帯:16:00~18:00
音声ガイダンス「1」でオペレーターにつながります。

通話料の負担がありますので、ご了承くださいませ。

 

WEB操作に不安がある方は、電話で手続きすると安心ですよ♪

IDやパスワード、メールアドレス、支払い方法を手元に準備して、連絡をするとスムーズです。

人に依頼をするのはやっぱり安心だね~

TSUTAYAディスカスは一度解約(退会)したら利用できない?

停止でも解約(退会)でも、再度利用することができます。

再入会の手続きが簡単にできるか、新規登録の手続きを行うかの違いだけです。

再入会の場合には無料お試し期間は生じない点は注意しておきましょう。

再び利用することに問題はありませんよ♪

TSUTAYAディスカスのアカウントを削除する方法

TSUTAYAディスカスは停止と解除を使い分けているので、解除手続きをするとアカウントデータは残りません。

別途個人情報の削除手続きを行う必要もなく、自動的に削除されます。

1~2回程度の画面遷移で完了しないので、解約手続きにイライラが募るかもしれません。

解約案内が長いことを知っていると、少し気持ちが違いますね♪

停止も解約も料金請求がないのは同じだけど、個人情報の取り扱いは違うことに注意しておこう♪

まとめ

TSUTAYAディスカスの停止と解約手続きの流れと注意点を述べてきました。

解約手続き完了までの案内ページが長いことが特徴です。

手続きができない時間帯が存在することが、ユーザーを混乱させている一因のようです。

改善してほしい一番のポイントかなと思いました。

時間帯に注意し、自分の時間にゆとりがあるときを選んで手続きするとよいでしょう。

すでに別のVODサービスの利用が決まっているのでしょうか。

他のサービスも無料お試し期間を設けているので使ってみてはいかがでしょう。