トップナイフ3話のネタバレ感想!アキラ100%が裸でゲスト出演!?

話題のトップナイフの3話が1月25日に放送されましたね。

見逃した方や忙しくて見る余裕がない方に、ネタバレと感想をお伝えしたいと思います。

今回も脳の謎希少な病気について知れる、トップナイフ3話のネタバレを是非ご覧になってください。

また、終盤にまさかのアキラ100%さんが裸で登場します!

まさかそこでも!?という登場に、今後もイジリ設定が増えるかもしれません(笑)

トップナイフ3話のネタバレ!

3話あらすじから展開を予想していましたが、本編ではどうなったのか!?

それでは、早速ネタバレ行ってみましょう!!

恋する小肌と子供達

BARカサブランカのカウンターで勉強する小肌幸子は、マスターの来島達也を見つめていました。

小肌は来島に恋をしてしまいました。

そんな中で、深山瑤子と黒岩健吾も現れます。

2人はそれぞれ1人暮らしでしたが、子供達が会いに来ていました。

深山と黒岩は子供に対して、どの様に接してよいかわからずに困惑していました。

深山が逮捕される??そして謎の関西弁!!

黒岩と深山は子供の事を考えるのを紛らわせる為に、仕事に没頭します。

黒岩の前に現れた赤坂進次郎は、事故による外傷性くも膜下出血で経過観察入院します。

しかし、何故か東京生まれ東京育ちなのに関西弁しか話せなくなっています。

一方で、深山は右手の震えが止まらない、西郡琢磨に対して原因を訪ねています。

そんな時に、警察が乗り込んできました。

深山に殺人の容疑が掛かっていると言い出します。

あっさりと勘違いとわかりましたが、原因は過去に治療した神戸一郎の通報です。

神戸はくも膜下出血の手術以降、自分が死んだと思いこむ病気に侵されていました。

コタール症候群と外国製アクセント症候群

検査を重ねた結果、神戸はコタール症候群と診断されました。

コタール妄想(コタールもうそう、Cotard delusion)
自分がすでに死亡している、存在しない、腐敗している、または血液や内臓を失っているという妄想的信念を抱く精神障害である。

赤坂は、外国語様アクセント症候群という病気だと診断されました。

外国語様アクセント症候群(がいこくごようアクセントしょうこうぐん、英: Foreign accent syndrome, FAS)
患者が外国語訛りのように聞こえる話しぶりを身につけるという珍しい医学的症状である。

すぐに事件は起きます。

神戸は検査する為に廊下を歩いていると、死んでいるなら問題ないと言って突然2Fから飛び降ります。

清掃キャリーに落ちた事で、命に別状はありませんでしたが大惨事を起こします。

一方で、赤坂は恋人にプロポーズする練習をしていました。

恋人は関西弁が大嫌いなので、なんとか標準語で喋ろうと練習しますが上手くいきませんでした。

緊急手術

赤坂はお見舞いに来た、恋人にプロポーズをします。

しかし、喉がおかしいと言って突然倒れだします。

緊急手術をすることになり、深山と西郡が手術を担当する事なりました。

一方で、神戸が行方不明になり危機感を感じた黒岩が病院内を探し回ります。

赤坂の手術は難航します。

脳圧を減圧するが脈拍が下がらずに、心停止の恐れがある状態から抜け出せません。

深山は小肌に直前の状況を確認すると、喉の調子がおかしかったと言います。

喉に腫れがある事に気付き、甲状腺クリーゼが原因である事を突き止めます。

一方で、神戸は黒岩の息子とアキラ100%の動画を見て笑顔を見せ、回復の兆しが見えてきます。

終わりよければ全て良し??

赤坂の手術が無事に終わると、恋人は「結婚しよう私たち」といって結婚が決まります。

神戸に関しても娘の優子が面会に訪れて、生きる希望を思い出します。

深山は家に帰ると「おかえりなさい」とメモと共に飲み物が置かれています。

家族のありがたみを感じる深山でした。

夜勤の西郡は70代の老女が運ばれてきて処置室に向かいます。

老女の顔を見て言葉を失くす西郡と共に、話は終わりました。

⇒トップナイフを今すぐ無料で見る

スポンサードリンク

トップナイフ3話アキラ100%が裸で登場!?

今回ゲストで出演した!?のは、アキラ100%さん!

なんとコタール症候群で苦しむ神戸を笑顔に変える、芸人として登場します。

本来は救命医として出演されているみたいで服を着ていると誰かわかりませんが…。

今回は本業のネタをいかんなく発揮していました。

ドラマの内容はシリアスなだけに、アキラ100%さんを抜擢した脚本の遊び心が伝わってきます♪

個人的には今回のようなチョイネタ登場もツボなので、今後も不意打ち登場に期待!

特にエンディングのダンスでいつ登場するのかワクワクしています。(絶対出るよね??)

スポンサードリンク

トップナイフ3話の感想

今回も脳の不思議について感じる事が出来ましたね☆彡

本当に脳とは不思議なものです。

喋ったことがない関西弁を喋れるというのは不思議で仕方ありません。

そんな不思議な症状や、自分が死んでいると思い込むというのも驚きました。

死ぬ気でやればなんでもできる!!と昔からよく言われますが…本当に飛び降りたりなんでもしちゃいましたね…。

恐ろしい病気でしたが、治療方法があったのが素晴らしかったです。

しかし、西郡の抱えている闇が気になりますねぇ~。

次回、その闇が明らかになる事に期待したいと思います。

⇒トップナイフを見逃した場合一番得する視聴方法についてはこちら

トップナイフ3話のネタバレ感想!まとめ

いかがだったでしょうか?

ドラマがなかったら知る事がない、貴重な病気を知る事ができたのではないでしょうか?

このドラマは脳の不思議を感じる事が出来る良いドラマだと思います。

まだまだ貴重な症例が出てくるドラマを皆様もごらんになってはいかがでしょうか?