遠野祭り2019の日程や交通規制と駐車場情報をお届け!見どころも紹介

 

民話の里の岩手県遠野市で行われる「遠野祭り2019」は人気のある「しし踊り」をはじめとする芸能パレードや流鏑馬が見どころです。

祭りの日は町中総出の活気があり、和楽器の音に合わせて踊っているパレードで何種類もの踊りを見ることができます。

「遠野祭り2019」の日程や交通規制と駐車場情報をお届けします。

祭りの見どころも載せているので、お出掛けの際の事前情報として活用してもらえると嬉しいです。

「遠野祭り2019」の日程とスケジュール

開催日時:2019年9月21日(土)~9月22日(日) 小雨決行 荒天時は問い合わせ

問い合わせ先
 
日本のふるさと遠野まつり実行委員会

TEL:0198-62-2111
HP:http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/25,html

 
 

開催時間:

9月21日(土)

時間内容場所
10:15~10:45開会セレモニーの後、パレードが開始遠野市役所本庁舎前
10:45~15:30芸能パレード 一日市通り/駅前通り
15:45~16:10しし踊り軍団大乱舞と福幸もちまき駅前通り
16:20~21:00光に彩られた通り全体で郷土芸能の共演駅前通り/市役所本庁舎前

 

9月22日(日)

時間内容場所
12:00~13:00南部藩独自の流鏑馬の披露遠野郷八幡宮馬場
13:00~17:00市内の郷土芸能が集結し、勇壮に舞う郷土芸能パレード遠野郷八幡宮馬場/神楽殿

 

開催場所:遠野駅前付近市街地、遠野郷八幡宮

予想人出:約3万人

会場までのアクセス

出典元:遠野郷八幡宮公式HP

電車の場合
   

東北新幹線「新花巻駅」乗換、JR釜石線「遠野駅」下車、すぐ

 

車の場合
   

釜石道 遠野ICより約10分

 

駐車場が少ないので、車で来場予定の方は早めの到着がよいでしょう。

 

シャトルバス
   
  • 遠野駅~旧沼田製瓦工場まで
  • 10:00~16:30までの随時運行
  • 大人200円、小人100円

 

列車は1~2時間に1本程度走っているよ!

「遠野祭り2019」の交通規制は?

出典元:とおの市ホームページ

21日(土)は、芸能パレードに伴い一日市通りは15:30まで、駅前通りと市役所本庁舎前は21:30まで車両通行止めになります。

2日間にわたって遠野郷八幡宮の御神輿神幸が行われるので、御神輿の通る時間帯の対象地域は一時的に通行止めが行われるでしょう。

人口約3万人の小さな町に2日間で同じくらいの数の人が訪れるので歩行者には十分に注意してくださいませ。

祭り会場になっているメイン通り以外はあまり交通規制はされていないみたい♪

「遠野祭り2019」の駐車場情報

一般の有料駐車場もありますが、場所も収容台数も多くありません。

諸事情で車を利用する場合には早めの到着が何より安心です。

 

《市営遠野駅前駐車場》

30分まで無料、その後1時間まで160円、以後30分ごとに40円

 

《市民センター駐車場》

 

駅周辺の有料駐車場は2カ所で、市営駐車場と市民センター駐車場です。

場所を事前に地図で確認しておくといいよ~

専用駐車場

「遠野祭り2019」のための無料臨時駐車場が設けられます。

2日間ともに無料駐車場の用意がありますが、会場が異なるため駐車場の場所も変わりますので注意してくださいませ。

21日(土)
   
  • 遠野小学校校庭
  • 遠野小学校第2駐車場
  • 市役所東館庁舎
  • 市立体育館裏駐車場(大型)

 

22日(日)
   
  • 健康福祉の里
  • 総合福祉センター
  • JAグリーンショップ裏
  • 岩手アパレル
  • 遠野緑峰高等学校
  • 運動公園駐車場(大型)

 

車を利用する方は早めに到着する予定を立てると安心です。

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミ評判はこちら

「遠野祭り2019」の見どころ

見どころはなんといっても郷土芸能の種類の多さです。

神輿や神楽、しし踊り、南部ばやし、さんさ踊りなどが多くの郷土芸能がバをメイン通りを行進します。

芸能に関わっている人が大勢いることが祭りに勢いがあります。

踊り手の方たちの美しい動きに見とれしまうことでしょう。

踊っている人たちがとても綺麗で衣装も華やか!!

見どころポイント①屋台

出典元:photoAC

2日間ともに会場周辺に屋台が出ます。

数は多くないですが昔ながらの屋台が賑わいをみせていて、祭りの見物客も祭りの参加者もホッと一息つけるふれあいの場になっています。

お好み焼きから焼き鳥、カキ氷、くじ引き、金魚すくいなど雰囲気も丸ごと昭和の頃を思い出すようなお店が多いです。

当日の天気が左右することでしょうが、「けずりいちご」が人気を集めています!

何食べようかな??見たら食べたくなってしまうね~

見どころポイント②しし踊り

しし踊りのししは「鹿」のことを言います。

鹿の頭のかぶりものを付けて、笛と太鼓に合わせて激しく踊る様子は躍動感にあふれ見る人を釘付けにします。

毛が長くバサバサと揺さぶりながら近づいてくると大人でもドキッとするくらい迫力があります。

ししがカッコよすぎ!!本当に人が踊っている??

見どころポイント③流鏑馬/馬場めぐり

神事として流鏑馬の奉納があります。

遠野郷八幡宮の馬場は直線距離で約220mあり、勢いよく馬を走らせながら弓を引いて的に当てるのを間近でみていると、手に汗を握るくらい緊張してしまいます。

流鏑馬のあとを「介添(かいぞえ)奉行」という役付きの人が、射手を追って「よう射たりや~」と言いながら馬場を走り抜けていく様子は他で見ることができない独特のしきたりです。

流鏑馬が終わったのちに御神輿やしし踊りをはじめ郷土芸能の団体が馬場をめぐり歩きます。

ここでもしし踊りは大人気で前日の踊り手たちが疲れも見せず勇壮な激しい踊りで馬場を歩き回ります。

「よう射たりや~」と聞いて「ようフランス~」「ようドイツ~」は遠野っこのギャク♪

まとめ

神楽や囃子、踊りと多くの芸能が入り乱れ、見ている側は今度は何が続くのかとワクワクしてきます。

民話の里といわれる遠野市を訪れると過去にタイムスリップしたような気分になります。

町並みや周囲の景色がほっとする雰囲気があるのでしょう。

お祭りに出かけて秋を感じてみてはいかがでしょうか。

事前予約は使うべきです
  

人が集まるイベントでは、どうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓イベントに向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓