テセウスの船3話あらすじと展開予想!心の逮捕で未来ノートはどうなる?

早くも犯人候補の1人が亡くなり、真犯人予想に火が付いたドラマ「テセウスの船」ですが、2話の最後には心が金丸刑事に逮捕されてしまいました。

逮捕されたことにより未来が記されたノートはどうなるのでしょうか?気になる3話のあらすじを紹介します♪

ドラマ「テセウスの船」3話のあらすじをチェックして、よりストーリーを楽しみましょう!

心の逮捕や未来のノートはどうなるのか気になりますね♪

「テセウスの船」3話あらすじ!

心は音臼村で起こった事件の容疑をかけられ、金丸刑事に逮捕されてしまいました。

父・文吾が殺人を犯し逮捕される未来は誰にも知られてはならないと考えた心は、逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートを投げ捨てます

しかし、釈放された心にノートと共に捨てたはずの免許証が届きます

まさかノートも拾われ中身を見られたのでは?と不安に思う心。

誰の仕業なのか気が気ではありません。

その不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人が奇妙な絵で新たな犯行を予告します。

次のターゲットは誰になるのでしょうか?

心の追い詰められた様子を見て心配する和子を見て、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤します。

「テセウスの船」3話の展開予想

3話は「心は文吾が死刑囚として逮捕される未来を打ち明けるか」というところにフォーカスが当たっていますね。

恐らくノートを見てしまったのであろう真犯人が、心に犯行予告を送ってきます…恐ろしい犯人ですね。サイコパスなんでしょうか。

3話のあらすじを踏まえて展開予想をしていきます!

「テセウスの船」3話・心は未来の出来事を打ち明けるのか?

心は未来の出来事を打ち明けるのでしょうか?

これは「まだ打ち明けない」のではないかと予想します。

最終的には打ち明けることになるのではと予想しますが、まだ序盤の3話です。

ここで打ち明けるとストーリー展開が早すぎるのではと予想します。

とはいえ、真犯人からの新たな犯行予告は恐ろしいですよね。

真犯人が他に起こる事件を知っているなら、それ以外の事件を起こして混乱させたり、計画を早めたりする可能性もあると思います。

より警戒が強まることで、心が未来からきたことを打ち明けたいと思う気持ちは理解できます…。

3話の展開としては、「音臼小学校以外の事件は打ち明ける」がその事件のことは伏せるのではないかと予想します!

「テセウスの船」3話予告からみんなの予想は?

ここにきて、犯人がまさかの「教え子」説が浮上!たしかにあの絵でよく風速計ってわかりましたよね。思ったより風速計小さかったし…。

前回までは霜降り明星のせいやさんが犯人!?と言っていた方も多かったのですが、2話で除外されたようです

あのキュルキュルな目が殺人犯の目とは思えませんね。(笑)

意外にも多かったのが「竹内涼真犯人説」です!

村ぐるみで心を犯人に仕立て上げ、それを文吾が庇って死刑囚に…という考察がありました。

ユースケ・サンタマリアさんは犯人から除外されたのでしょうか?今回はあまり見つけなかったです。

3話では真犯人からの犯行予告があるそうなので、少し絞られてくるかもしれませんね。3話を楽しみに待ちたいと思います!

「テセウスの船」前回2話のおさらい

絶対に事件を止めると決意を新たにした心は、音臼小学校の臨時職員の面接に合格します。

次に起こる事件は、元県議会議員の田中義男の家の火事です。

警戒する心は文吾と一緒に田中家を訪れます。田中は病気で目がほとんど見えなくなっており、新聞配達員の長谷川や、音臼小学校の児童などが訪れ田中の世話をしていました。

その時に思ったことを、目の不自由な田中の代わりに書き綴ってもらっているというノートを心は見ます。

その途中に、奇妙なウサギの絵が描いてあり不思議に思いますが、もっとページを進めると女の子2人が描かれた奇妙な絵が描いてあります。

一人は泣いていて、一人は黒く塗りつぶされていました。

学校で心は、学校で飼っていたウサギが変死しているのを発見します。

奇妙なウサギの絵が頭をよぎり警戒する心は、子供たちに新聞配達員の長谷川から飴をもらわないように言います。

児童たちは、心の態度を見て「心は長谷川を疑っているのではないか」と怒り、明音の発言がきっかけで皆から「人殺し」と言われてしまいます。

鈴は泣きながらそんなことはやめるよう言います。のちに鈴と明音はそのことがきっかけで喧嘩をしてしまいました。

田中義男が火事になる日、文吾と心は田中の家に張り込みますが、その時文吾は心のノートを少しだけ見てしまいます。

そんな時、田中の家に「鈴が明音ちゃんに会いに行くと出かけたまま帰ってこない」と和子から連絡がありました。

奇妙な2人の女の子が書かれたノートを思い出した2人は、あの絵が鈴と明音を表しているのではと考え、田中の息子に家を空けないよう忠告し2人を探しに行きます。

一向に見つからない2人ですが、探している間に文吾は心のノートを見せてほしいと頼みました。

文吾が死刑囚になってしまうと知られるわけにはいかない心は拒否し、2人は仲違いしてしまいます。

そんな折、鈴が帰ってきました。明音に会うためにバス停に向かったが、いくら待っても来なかったということでした。

そして次の日、心は自分の教え子である加藤みきおから、女の子の絵の背景に書かれたものが風速計に似ているとヒントを得て文吾とともに風速計に向かいます。

そこにはぐったりとした明音の姿が…しかし、まだ息はありました。

そこに金丸が押し入り、なぜここの場所がわかったのかと心を疑います。そして、その奇妙な絵を見せるように言いました。

しかしその絵は未来が記されたノートの間に入っています。なかなか出すことのできない心を金丸はさらに疑いますが、その時、長谷川が亡くなっていると無線で連絡が入ります

金丸はさらに疑い、心を署まで連れていこうとしますが、心が振り払ったことを理由に「公務執行妨害」で心に手錠をかけます。

テセウスの船2話を見た人の感想は?

おもしろい!という声や、長谷川が犯人だと思っていたのに!という予想に反したストーリーで衝撃を受けているかたもいらっしゃいました。

冤罪で逮捕されたことで叶えられなかった家族との暖かい時間を、心が過去で過ごしているのが感動的でしたね。

事件を阻止できることを切に願います!

まとめ

テセウスの船3話のあらすじと犯人予想をまとめました!

展開が大きく変わりましたが、真犯人からの犯行予告に注目が集まりますね!

3話も急展開間違いなし!繰り返し見て犯人を予想しましょう♪