天神祭奉納花火2019の日程や時間は?おすすめの穴場スポット

1000年を超える歴史を持つ天神祭りのフィナーレを飾るのが天神祭奉納花火大会です。


毎年人出が130万人近くに及ぶため花火の打ち上げ場所に近いところは大変な人出があります。

花火はこの天神祭でしかみることができない「梅花」花火と「文字仕掛け花火」が名物です。

船渡御が始まった後、4,000~5,000発の花火が上がる中、提灯の灯りが周囲をボーッと照らしている様子などは他では見ることができないでしょう。

花火大会の日程や時間、穴場スポットを紹介します。

天神祭奉納花火の日程と時間

毎年本宮の7/25

本年は7/25(木)時間:19時30分~20時50分

花火大会の場所とアクセス

打ち上げ場所は2か所あって、「桜之宮公園」と「川崎公園」です。

桜之宮公園は近くに出店も多く出ているので、一番人出が多い場所になります。

桜之宮公園の最寄り駅
  JR大阪環状線 桜ノ宮駅、JR地下鉄 天満宮駅、JR東西線 大阪城北詰駅
川崎公園
JR東西線 大阪城北詰駅

 

どうでもいいことかもしれないけど、地元人でないとちょっと気になる点♪
「桜ノ宮」の表記は実際に数種類あって、駅名、地名、公園名、橋の名前でそれぞれ違います。以下書き間違えではないのであしからず。

天神祭花火の見どころと穴場スポット6選

花火は打ち上げ花火、仕掛け花火、スターマイン、空中ナイアガラ、水上花火など珍しい花火を見ることができます。

個人でも文字仕掛け花火を依頼することができて、奉納は1発5,000円です。

花火のレプリカのお土産や大阪天満宮の境内にも協賛者として名前が掲げられます。

穴場スポット①【都島橋と飛翔橋の両岸周辺】

花火は2か所から打ち上げられるので、両方を十分見ることができます。

混雑を避けてつつ、少し歩くと出店も出ているのでお祭り気分も十分味わうことができます。

最寄り駅:JR大阪環状線「桜ノ宮」駅

穴場スポット②【大阪市公館周辺】

大川からみると東側にあたるので花火がよく見える穴場スポットです。

利用するJR大阪城北詰駅自体も人が少な目なのであまり混雑にあわなくて済みます。

最寄り駅:JR東西線「大阪城北詰駅」

穴場スポット③【川崎橋近辺】

ここまでは花火を鑑賞することができます。

近くでなくても遠目に見るだけで満足の行く方やお子様連れで迷子になるようなことを未然に防ぐにはよいスポットです。

最寄り駅:JR東西線「大阪城北詰駅」

穴場スポット④【藤田邸公園前周辺】

川のS字カーブの下の部分にあたります。

公園として整備されているので、レジャーシートや椅子を持参してみることが可能です。

虫よけスプレー必需品です。

最寄り駅:JR東西線「大阪城北詰駅」

穴場スポット⑤【源八橋周辺】

最寄り駅:JR大阪環状線「桜ノ宮」駅

穴場スポット⑥【桜宮神社】

燈台下暗しというような場所で、桜之宮公園のすぐ裏手の神社です。

スペースは広くはないですが、人が少な目で花火の打ち上げ場所からも近いのでゆっくりと楽しめます。

最寄り駅:JR大阪環状線「桜ノ宮」駅

有料で見るスポット

有料桟敷席や屋形船、ホテルの部屋からなど、やや高めのお金をかけると花火をゆっくりと鑑賞することができます。

レストランで食事をしながらも、イベント価格で金額は割高ですね♪


花火とともにお祝いや記念日を作るのであれば、少しリッチにいきましょうか!

穴場スポット①【大阪城と花火のW景色】

「KKRホテル大阪」や「大阪キャッスルホテル」「ヒルトン大阪」は花火と大阪城を同時に見ることができます。
花火の打ち上げ場所より少し離れていても、ホテルは高さがあるので高層階で見ることができます。

大阪周辺の方が便利な方に向いています。

穴場スポット②【ホテル泊もあり♪】

「帝国ホテル大阪」も、天神祭にあわせたプランが用意されています。
各レストランも特別メニューを用意していますので食事のみもOKです。

1泊しての花火鑑賞をして天神祭り+アルファで旅行の計画はいかがでしょうか。

穴場スポット③【THE GARDEN ORIENTAL OSAKAの前の庭園】

「THE GARDEN ORIENTAL OSAKA」で庭園の中で花火鑑賞イベントを行っています。
有料のチケット制となっているので、希望の方は早めに問い合わせをしてくださいませ。

「花火は外で見るのがいい!」という人にはおすすめです。

穴場スポット④【特別観覧席】

大阪ふれあいの水辺(源八橋下流左岸砂浜)の一部が有料席になっています。
1テーブル指定で4人で22,000円です。
砂浜自由席 1名 4,000円です。

どちらの席にもソフトドリンク1本、オリジナルレジャーシートがついています。

チケットは「チケ探」からの申し込みです。
この席からは船渡御は見ることができませんので、その点を了承の上申し込みくださいませ。

他にビルの屋上に設定されている有料席などもありますので、少しお金をかけてゆっくりと見たい方はお早目に申し込みしましょう♪

穴場スポット⑤【船からの観覧】

旅行会社企画で船渡御、奉納花火の中から組み合わせて船からの観覧チケットを販売しています。

船渡御も含めるプランや花火のみのプランと色々と用意されています。

内容によって値段が異なり、6,000円~28,000円と金額に幅がありますので、じっくりと検討してくださいませ。

花火の見え方が多少見えづらかったりすることもあるようですが、迫力を間近で見ることができます♪

まとめ

天神祭の奉納花火はとにかく人出が多いことを覚悟してくださいませ。

車は近くまではいかない方がよいでしょう。

電車もかなり混むことが予想されますので、早めの行動がよいです。

船渡御も見たい方はすでに17:30には場所を取っていることになります。

花火だけとのんびり構えていると、人出のピークの中を歩くことになりかねません。

お子様連れの方は特に気を付けてくださいませ♪

屋台も出ているので、そちらも楽しむのであればなおさら早めに行動してしましょう。

外で観覧する場合には、簡易椅子やレジャーシート、虫よけスプレーなど必要なものを忘れないようにしましょう!