立川まつり国営昭和記念公園花火大会2019の交通規制や駐車場情報を紹介!見どころや有料席情報もお届け

立川にある国営昭和記念公園はとても広い敷地で自転車のサイクリングコースがあるくらいです。

夏のこの時期に行われる花火大会は公園内と外から見る人を合わせて60万人以上と言われています。

大勢の人が移動しているだけあって、最寄り駅から公園までの道のりは大混雑です。

それでもやっぱり見たいと思う花火はどこか人の心に感激を与えるのでしょう。

立川まつり国営昭和記念公園花火大会2019交通規制や駐車場情報をお届けします。

見どころや有料席の情報、穴場スポットなど様々な角度から調べてみました。

「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」の日程とスケジュール

開催日時:2019/7/27(土) 打ち上げ時間:19:00~20:00 小雨決行、荒天時7/28(日)に順延

打ち上げ数:約5,000発

打ち上げ場所:みんなの原っぱ

人出予想:公園内観覧者 25万人 外部含め 計 約60万人

入園料(~18:00)
大人450円 中学生以下:無料 65歳以上 210円

18:00~は入園料無料

会場までのアクセス

電車の場合

JR中央本線 立川駅より徒歩15分
JR青梅線 西立川駅より徒歩すぐ
多摩都市モノレール 立川北駅より徒歩13分

車の場合

中央自動車道国立府中ICより8km

公園の駐車場はありますが、午前中で満車になります。

混雑緩和のため公共交通機関の利用を推奨しています。

公園の入り口と最寄り駅
・あげぼの口 JR立川駅より徒歩10分
       多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩10分

 

・高松口   多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩10分

・立川口   JR中央線「立川駅」より徒歩15分
       多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩15分

・西立川口  JR青梅線「西立川駅」より徒歩すぐ

・昭島口   JR青梅線「東中神駅」より徒歩10分

・玉川上水口 西武拝島線「武蔵砂川駅」より徒歩25分

・砂川口   西武拝島線「武蔵砂川駅」より徒歩20分

昭島口、玉川上水口、砂川口が比較的空いています。

ICカードの残高を事前確認しておきましょう!

駅から公園の入り口まで混み合うから早めの到着がいいよ!

スポンサードリンク

「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」の交通規制は?


18:00~21:30に場所により交通規制がされます。

JR立川駅の北改札は19:00~22:00は閉鎖です。

JR西立川駅改札内トイレは17:00~利用不可となります。

小さなお子様の手を離さないようにね!

スポンサードリンク

駐車場情報

《東中神駅周辺駐車場》

立川駅、西立川駅周辺は車の利用を避けた方がよいです。

諸事情で車を利用する方は比較的空いている公園の出入り口に近いコインパーキングの利用をおススメします。

→事前予約サービスakippaの口コミや評判とデメリットは?

専用駐車場

立川まつり国営昭和記念公園花火大会のための専用駐車場は設けられていません。

車の利用であれば、最寄駅より駐車場から公園までの距離気になりますね!

比較的空いている3か所の公園の入り口から近い駐車場を一部紹介します。

↓↓今すぐakippaで事前予約した方はこちら▷↓↓

 

《タイムズ東中神駅第3》

24時間営業 収容台数:5台
全日8:00-22:00 40分/200円 22:00-08:00 60分/100円 駐車後24時間 最大料金1000円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

昭島口はプールに一番近い入口です。

プールに入ったあとに公園の中を散歩して、花火を見るのもいいでしょう。

同じ目的で来る人は大勢いるので、プールも混雑しているかもしれませんが、楽しみましょ!!

 

《タイムズ武蔵砂川駅第3》

24時間営業 収容台数:9台
全日 00:00-00:00 30分/100円 駐車後24時間 最大料金500円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

玉川上水口に近くなります。

花火のあとは静かに帰りましょう!

 

《アットパーク立川砂川町》

24時間営業 収容台数:49台
昼間 8:00-22:00 30分/100円 夜間 22:00-8:00 60分/100円 駐車後24時間最大 800円
高さ 2.50m

砂川口に近い駐車場で、台数はそこそこにあります。

プールからは一番遠い出入口になるよ♪

 

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→akippaの口コミや評判とデメリットは?対応がスムーズな理由とは?

 

「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」の見どころは?

大勢の人が公園の中や外から花火をみる立川まつり国営昭和記念公園花火大会は惹きつけられるものがあります。

花火の演出が見事で1時間を飽きさせないように工夫されています。

夏の夜のひとときを綺麗な花火を見ながら、別の世界に入り込みそうです。

見どころポイント①【花火】

一尺玉から一尺五寸玉とダイナミックな菊の花火が打ち上がります。

ワイドスターマインの豪華さや、芸協玉(げいきょうだま)(花火競技大会で優秀な成績であった作品)など珍しい花火も見ることができます。

匠玉など演出にとてもこだわった花火に驚くことばかりが続きます。

見どころポイント②【有料観覧席】

特別協賛者観覧席として、6/8(土)からローソン、ミニストップ、セブンイレブンで販売されています。

*座席内容

 チケット内容人数金額発行枚数備考

①レジャーシート付きチケット 

 2名6,000円1,600枚0.9mx1.6m
②椅子席チケット 1名4,000円2,160枚 
③団体シートチケット 10名40,000円300枚

5mx5m

①及び②は指定席ではないので、中で自由に場所取りをすることができます。

チケット発券時に「公園入園券」が発券されます。

18:00前までに入る方はこのチケットをお渡しください(無料)。

花火の観覧チケットでは時間前に公園に入園することができませんのでご注意くださいませ。

開場は16:00からです。

6/19(水)現在、団体席は残り少な目、その他はまだ余裕がありました。

有料席でも場所取りは必要だから、良いスポットを狙うのであれば、早めの来場がいいよ!

見どころポイント③【穴場スポット】

打ち上げ場所から遠くなると、ドーンという迫力感は少し薄れてしまうものの、花火の大きさでそれをカバーできる穴場スポットがあります。

一部紹介しましょう。

 

《昭和記念公園内の『みんなの原っぱ』から離れている場所》

園内で混雑するのは打ち上げ場所近くに集中しています。

縦長に広い公園なので、空いている場所は結構ありますよ♪

公園内の北側、西側でよさそうなスポットを探してみましょう。

 

《モノレール 立川北~立飛駅間》

モノレールの下の歩道を歩いていると綺麗に見えるスポットが数か所あります。

良いところに立ち止まって眺めるのもいいでしょう。

ずっと立っているのは大変でしょうが、散歩気分でどうでしょうか。

立飛駅近くのららぽーと立川立飛店のフードコートからも見ることができます。

外から見て、中の冷房が効いた場所からも見ることができてお得な気分ですよ♪

 

《立川駅口 目の前 バーミヤン》

運よくお店の窓際に座ることができれば、食事をしながら花火を眺めることができます。

 

《イトーヨーカドー東大和店》

お店が花火見物のため、屋上駐車場を開放しています。

トイレの心配もなく、小さなお子様のいる方には向いているかもしれません。

買物も出来て、荷物を持って歩かなくてもいいのですよ!

見どころポイント④【屋台】

駅から公園までの道のりにはほとんど屋台は出ていません。

公園内のみんなの広場に少し出ているだけです。

飲食物は準備の上で公園に入りましょう。

降車駅付近のコンビニも混み合って商品が無くなる可能性があります。

飲食物は事前に準備しよう!
一日いる場合には、重たいけれどクーラーボックスの用意があるといいね♪

まとめ

芸術性の高い花火がドンドンと上がり1時間の時間をあっという間にしてしまう演出に引き込まれていきます。

花火師の方々の個性あふれる花火が大空に打ち上げられるのに見とれてしまうことでしょう。

早めに出かけて公園で遊ぶ場合には、事前に準備をしっかりと整えましょう。

花火だけ見に出かける方は開場時間より少し早めに中に入って場所を確保することをおススメします。

JR立川駅やJR西立川駅の混雑はかなりの混みようです。

帰り道は違う駅から乗車するなど、混雑の波から少しでも避けるように考えてみてくださいませ。

最近はゲリラ豪雨があったりするので、天気予報には十分注意して楽しい一日を過ごしてくださいませ。

↓↓今すぐakippaで事前予約した方はこちら▷↓↓