高砂万灯祭2019の駐車場や日程・アクセス方法は?見どころもご紹介!

 

「高砂万灯祭2019」の魅力はイルミネーションやろうそくの灯りが幻想的な光景を創り出し、レトロな建物が浮かび上がって日常から離れたひとときを過ごすことができることでしょう。

ジャズコンサートをはじめとするステージやギャラリーの展示など町中がイベント会場になっています。

「高砂万灯祭2019」の駐車場情報とアクセスについてお届けします。

日程や見どころも紹介していますので、事前情報として役に立つと嬉しいです。

高砂万灯祭2019の駐車場情報

出典元:たかさご万灯祭公式サイト

高砂駅周辺に有料駐車場はありますが、収容台数は多くありません。

臨時駐車場をあわせても人出に対して十分な台数の用意がないので、できるだけ公共交通機関の利用がよいでしょう。

駐車場が多くなくて、あっても駐められる台数があまりないんだ~

専用駐車場は?

出典元:photoAC

「高砂万灯祭2019」の無料臨時駐車場が設置されています。

16:00から利用ができますので諸事情で車を利用する方は早めの到着を予定するとよいでしょう。

場所台数
カネカ臨時駐車場A(高砂小学校南側)約100台
カネカ臨時駐車場B約70台
高砂文化会館約300台
神戸製鋼臨時駐車場約300台

 

神戸製鋼臨時駐車場は隣駅の新井駅が近いので、山陽電車で一駅乗車して高砂駅下車(片道:大人150円小人80円)または徒歩約20分

おせじにも駐車場の収容台数は多くありませんので、一駅隣の荒井駅周辺も検討してみてはいかがでしょうか。

《高砂駅周辺駐車場》

高砂駅の南側がイベント会場になっているため、駐車場は駅の北側を選ぶと混雑を少しでも避けることができるでしょう。

有料駐車場を一部紹介します。

 

《NPC24H山陽高砂駅前パーキング》

  • 24時間営業 収容台数:12台 平面
  • 全日 60分/100円 最大料金 24時間ごと 500円 夜間最大(18:00~翌8:00)300円
  • 全長 5.00m 全巾 1.900m 全高 2.300m 重量2.00t

 

出典元:photoAC

 

《リパーク山陽高砂駅前第2》

  • 24時間営業 収容台数:18台 
  • 全日08:00~20:00 30分/100円 20:00~08:00 60分/100円 最大料金 入庫後24時間以内500円
  • 高さ2m、長さ5m、幅1.9m、重量2t

 

《タイムズ山陽荒井駅前》

  • 24時間営業 収容台数:14台 
  • 全日 00:00~08:00 240分/200円 最大料金 06:00-18:00 最大料金400円 18:00-06:00 最大料金300円
  • 全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t RV/1BOX車可

 

町自体は徒歩で十分周れる範囲のため、終了したあとの歩行者の流れに注意してくださいませ。

気持ちに余裕をもって運転しましょう。

駐車場の心配をしないように事前予約サービスを活用するとよいですよ!

予定が決まった後は早めの行動が鍵を握ります。

帰りは駅も混雑するから押し合いをしないように気をつけよう♪

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判はこちら

高砂万灯祭2019の日程とスケジュール

開催日時:2019年9月14日(土)~9月15日(日) 18:00~21:00 小雨決行、荒天時は確認要

たかさご万灯祭実行委員会

  • TEL:079-441-8076 
  • FAX:079-441-8077 
  • mail:mantousai@takasago-tavb.com

開催場所:高砂駅南側一帯
予想人出:約5万人(2日間)

よい天気になるといいね~

高砂万灯祭2019へのアクセス

出典元:たかさご万灯祭公式サイト

電車の場合
   

山陽電車「高砂駅」下車すぐ

 

車の場合
   
  • 第二神明加古川BP経由加古川西IC
  • 山陽道加古川北ICから約25分

 

駐車場の数が少ないので、主催者側は公共交通機関の利用を推奨しています。

会場周辺の交通規制は行われませんが、混雑で渋滞の発生が予想されます。

車も歩行者も譲り合いの気持ちで行動しましょう。

余裕を持って運転しようね♪

高砂万灯祭2019の見どころ

夜になると町中全体がろうそくとライトの灯りが広がるので、あちこちを散策しながら楽しむことができます。

JAZZコンサートや和楽器の演奏などイベントが盛りだくさんです。

多くのイベントから見どころとなるポイントを一部紹介しましょう。

見どころポイント①ライトアップ

碁盤の目のように整然と区画された道が町内を走っていて、至る所にあるろうそくの温かい灯りが建物のライトアップと相まって幻想的な空間を創り出しています。

中でも高砂神社の境内はろうそくの灯りで埋め尽くされ、息を呑むほどの美しさに目を奪われることでしょう。

昼間のご神木いぶきの勇壮さを目にしているとさらに癒やされること間違いなしです。

堀川に停泊しているヨットもライトアップに参加していて、水面が揺らぐ様は非日常空間の中にいるような気持ちになります。

高砂神社の境内は見逃せなないね!

見どころポイント②JAZZコンサート

数カ所でJAZZコンサートが開かれ、灯りと音楽の音色にうっとりと酔いしれる時間が創り出されます。

秋の夜のひとときをジャスを聴きながら楽しむのはいかがでしょう。

山陽電車はジャズトレインを14日(土)のみ運行予定で、車内で生演奏を聴くことができます。

車両によって出演者が異なり、事前の申し込みが必要ですので、気になる方はホ-ムペ-ジから確認してくださいませ。

山陽ジャズトレインの詳細はこちらから⇒

お寺でジャズとは洒落ているよね♪

見どころポイント③屋台

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#唐揚げ詰め放題 #高砂万灯祭

浜島真二郎 Shinjiro Hamajima 🇯🇵さん(@shinjirob3)がシェアした投稿 –

高砂万灯祭の楽しみの一つとして商店街の模擬店や屋台があります。

銀座商店街の高砂楽市や旧国鉄高砂広場の屋台市など複数の場所でお店がところ狭しと並んでいます。

定番の飲食店から地元グルメ、お土産品など、どこを巡っても楽しむことができるでしょう。

高砂名物は「にくてん」といって見た目はお好み焼きに似ていますが、中はジャガイモと甘く煮たスジこんが入っている一品です。

この地域ならではの名物も味わうことができます♪

美味しいものを見つけて舌鼓!

まとめ

夏が過ぎ、秋の夜長になってくるこの時期に光のコラボレーションの幻想的な風景はちょっとタイムスリップするような気がしませんか。

時計の針をみてずいぶん暗くなったと感じることでしょう♪

灯りがロマンチックで多くの人を引き寄せる高砂万灯祭に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

事前予約は使うべきです
  

人が集まるイベントでは、どうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓イベントに向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓