墨田川花火大会2019の交通規制や駐車場情報をお届け!穴場スポットや有料席は?

 

東京の花火と言えば、墨田川花火大会がすぐに思い浮かべられます。

人出が多いのもそうですがTV中継もあり、実際に見に出かけると人の多さに言葉がでません。

花火はとても綺麗で、これを見ると「ああ~、夏だなぁ!」と思うくらい東京人には馴染みのある花火大会です。

花火を見に行かなくても、車窓から、事務所の中から、一瞬だけ見る人も大勢いるでしょう。

この花火の時期を狙って観光に来る方も多いです。

隅田川花火大会2019の交通規制や駐車場を調べてみました。

有料席や穴場スポットはどこか、2か所から打ち上げられる花火に期待をしている人には必見の情報です。

「墨田川花火大会」の日程とスケジュール

開催日:2019年7月27(土)

荒天の場合、7/28(日)に順延

【打ち上げ時間】

  • 第一会場 19:00から
  • 第二会場 19:30から

 

【打ち上げ数】

  • 第一会場 9,756発(花火コンクール玉 200発を含む)
  • 第二会場 10,650発   計 約20,000発

 

人出予想数:約95万人

どちらかといえば、第一会場の方が人出が多いです。


浅草寺やスカイツリーに近いので、昼間の観光地巡りにも適しているからかもしれません。

会場までのアクセス

《第一会場 桜橋下流~言問橋上流》

*最寄り駅
 
東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩15分
京成線 押上(スカイツリー前)駅
東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅
東武亀戸線または東武スカイツリーライン 曳舟駅
 

 

《第二会場 駒形橋下流~厩橋上流》

*最寄り駅
 
東京メトロ銀座線 都営浅草線 浅草駅 徒歩15分
都営浅草線 蔵前駅
JR総武線・都営大江戸線 両国駅
JR総武線 浅草橋駅
 

 

花火が終わった後の混雑がとても凄いので、帰る時間を少しずらしたり、駅を変更したりするなど事前にルートを考えておくとよいですよ!

ICカードの残高チェックは忘れないようにしておきましょうね♪

「墨田川花火大会」の交通規制は?

*2018年度版

人出の数は相当なもので、予想をはるかに超えますので、グループや家族連れの方々ははぐれないように注意しましょう。

車は墨田川から少し離れた駅の付近に駐車をするなどして、交通規制の範囲には入らないようにしましょう。

解除されるまで身動きができないことになってしまいます。

東京の歩き方は電車が一番確実で、時間通りに目的地に着きます。

墨田川花火大会の日はさすがに乗降者数が多く、電車に遅延が出ることも考えられますね。

帰りの混雑は避けがたいなぁ

駐車場情報

隅田公園の駐車場は関係者以外は駐車禁止です。

交通規制がかかる前に車は駐車場にいれた方が無難です。

午後から人が徐々に増えてきますので、早めに徒歩に切り替えた方がよいでしょう。

専用駐車場

墨田川花火大会2019のための専用駐車場は設けられていません。

規制範囲が広いので、注意してくださいませ。

観光で来られる方もいらっしゃると思いますので、徒歩で会場まで行ける範囲の駐車場を一部紹介します。

 

《タイムズ セントラルスクエア押上駅前》

24時間営業 収容台数:131台
土・日・祝 08:00-22:00 30分/300円 22:00-08:00 60分/100円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

第一会場が近いです。

 

《バラカ寿第2駐車場 》

24時間営業 収容台数:3台 平地(自走式)
全日 0:00~24:00 20分¥200 最大料金 月~土 入庫後24時間迄¥2000
3ナンバー・RV・1BOX・外車ともに○
高 2.10m、幅 1.90m、長 4.80m、重量 2.50t、最低地上高15cm以下の車両は不可

第一会場が近いです。

近隣にコインパーキングが複数あります♪

 

《錦糸町パークタワー》

24時間営業 収容台数:289台 立体・自走 トイレあり
土日 08:00~23:00 15分 100円 土・日のみ当日24時まで最大2,400円 土日 23:00~08:00 30分 100円
高さ2.1m、幅2.1m、長さ5m
*提携店舗情報 ■ヨドバシカメラ 錦糸町店 ■すしざんまい錦糸町店 ■丸花 ■鉄板焼き「もりせん」
割引詳細については、各店舗で確認してくださいませ。

第二会場が近いです。

 

《リパーク浅草橋1丁目》

24時間営業 収容台数:12台
月~土 07:00-20:00 20分/400円 20:00-07:00 60分/100円
最大料金 【月~土】7:00~20:00以内 最大料金2800円 【全日】20:00~7:00以内 最大料金400円 最大料金は繰り返し適用
高さ2m、長さ5m、幅1.9m、重量2t

第二会場が近いです。

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→akippaの口コミや評判とデメリットは?対応がスムーズな理由とは?

 

予約ができる駐車場を利用するのが安心ですね!

住宅街の小さなスキマに台数が少ない駐車場があるのも東京の特徴だよ!

「墨田川花火大会」の見どころは?

河川が花火大会の会場となることは多いですが、2箇所に分かれて同時開催されるのは珍しいです。

花火コンクールが開催されることもあって、全体的に花火のレベルが高いのでとても綺麗な花火を見ることができます。

演出も素晴らしくて規模が大きいため、花火師の方々も一目置いている花火大会でしょう。

都心の中で1時間、ビルの谷間から花火がポンポンと見える普段とは異なった空間を演出しているのが墨田川花火大会の大きな特徴でもあります。

見どころポイント①【花火】

第一会場
両国の花火業者7つの参加と国内の花火競技会で優秀な成績を納めた3社を含む花火コンクールが見どころの一つです。

それぞれにテーマがある花火が打ちあがり、19:40~20:04までが花火コンクールの時間帯になります。

ビルの谷間の小さなスキマから花火を見ることができる場所を探して座って見ることができます。

 

第二会場
創作花火がテーマごとに打ち上げられてスターマインの豪華さに見とれてしまうほどです。

大玉の数が少ないのは都心であるがゆえの大きさ制限ですが、連発花火をリズミカルに上げる色とりどりの花火が特徴です。

河川敷が狭く、歩きながら鑑賞することになります。

 

場所を選ぶと座ってみることができるからね!

見どころポイント②【有料観覧席】

シートを敷いてゆっくり見たい方は、打ち上げ場所から少し離れたところで場所を確保しましょう。

《有料席の空席情報》

・市民協賛席 申込終了

・セブンチケット限定の花やしき花火特別観覧券 申込終了

・東京スカイツリー日時指定券 WEBから販売予定
A)展望デッキ(350m)のみ

B)展望デッキ(350m)+展望回廊(450m)のセット券

30日前からの予約となるので、6/27(木)の販売開始予定 

(6/20(木)現在)

 

花火が自分の下にある高さなので、なかなか経験することができませんね♪

《スカイツリーからの花火》

スカイツリーの展望台のチケットも販売開始からすぐに売り切れるかもしれません。

希望の方は早めにWEBをチェックですよ♪

レストラン

《東武ホテルレバント東京》

ホテル最上階のレストラン 「簾(REN)」で「特別観賞プラン」があります。

第1・第2会場の花火と東京スカイツリーをまとめて眺めることができます。

食事 17:00~19:00 日本料理・炭火焼フレンチ折衷コース、アルコールを含むフリードリンク、お土産付


花火観賞 19:00~20:30(22:00 Close) アルコールを含むフリードリンク・おつまみ(ドライフード)

*プレミアムシート
 【SS席/2名様】 1名様¥47,000 (税・サ込) 東京スカイツリー側・窓際席


*スペシャルシート
 【S席/2-4名様】 1名様¥42,000 (税・サ込) 東京スカイツリー側・窓側に近い席
  A席は完売  (6/20(木)現在)

JR総武線 錦糸町駅北口より徒歩約3分
東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅 3番出入口より徒歩約3分

 

冷房の効いたホテルのレストランから花火を眺めるとても贅沢な気分を味わうことができますね!

 

屋形船

《船宿 あみ達》
 7/27(土) 14:30 (晴海乗船場集合) 予約まだ間に合います!(6/20(木)現在)

※全コースとも【飲み放題】付き

  • スタンダードコース大人10,800円(税込) 小学生以下 5,400円(税込)
  • エグゼクティブコース 大人14,040円(税込) 小学生以下 7,200円(税込)
  • VIPコース 大人16,200円(税込) 小学生以下 8,100円(税込)

 

《東京屋形船 あみ弁》
 受付終了 (6/20(木)現在)

《船宿 浅草橋 田中屋》
 受付終了 (6/20(木)現在)

 

花火大会の人気度が出ていますね!

有料席も空いているところが少ないです。

見どころポイント③【穴場スポット】

墨田川から少し離れた場所で穴場スポットといわれている場所を一部紹介します。

毎年言われているとすでに穴場でなくなっているかもしれませんが、少しでも人混みから離れることができるでしょう。

 

《花川戸公園》

人通りの多い2つの道の間の江戸ならではの路地道です。

地元の人は『北側公園』と呼んでいて、第一会場の花火とスカイツリーの夜景を同時に見ることができます。

写真をバッチリ撮りたい方におすすめです。

 

《浅草寺》

意外と足元が穴場であるということですね!

人の波が大通りに向かっていくのため、浅草寺の境内はやや少な目です。

雷門はしっかりと見て、花火にそのまま直行という方が多いのでしょう。

屋台も出ているので、一緒に楽しめますよ♪

 

《東京スカイツリー駅と曳舟駅の間の踏切周辺》

東武線の線路沿いでよく見える穴場スポットがあります。

交通規制に入っていないので、車に注意してくださいませ。

 

《東白鬚橋公園》

屋台で無料のゴザ貸出が例年行われています。

何も持たずに通り過ぎるところを花火が綺麗で思わず立ち止まった人には嬉しいかぎりです。

 

《両国国技館》

墨田川沿いの道は歩行者天国になっているので、シートを敷いて座ってみることができます。

旧安田庭園の付近が良いスポットになっています。

 

《大横川親水公園》

縦長の公園で、本所吾妻橋駅から錦糸町に向かってに続く公園です。

混み合うスポットをはずして錦糸町から歩いて良さそうな場所を見つけられそうです。

公園でトイレ設備もあるので安心です。

よさそうな場所はあったかな?

見どころポイント④【屋台】

墨田川沿いは屋台の出店禁止になっています。

屋台が出ている場所

両国国技館 墨田公園 汐入公園 吾妻橋 浅草寺

両国駅、蔵前駅、押上駅、曳舟駅、本所吾妻橋駅などの駅前

 

出店は15:00~21:00頃までが多いです。

昼間から出かけていないと屋台での買い物が難しい箇所もあります。

夕方には駅の改札口から人、人、人・・・

駅前の屋台を利用する場合には早めにね!

まとめ

綺麗な花火が連発するので、どちらも見たい方は中間付近を狙って場所を探しましょう。

周辺のライトアップが他の地域では見かけないくらい花火の豪華さを後押ししています。

住宅街のビルのスキマにシートを敷いて花火を見ることは都会ではよくあることです。

都心の不思議で綺麗な時間を十分に味わってくださいませ。

墨田川だからこその演出があり、都会の風景を取り入れた花火が上がるのでビルの灯りも背景に加わっています。

このあと2次会ですか?

少し人が掃けるのを待つのもよいですが、飲みすぎには注意しましょう♪

東京の夜景を満喫して楽しいひとときをお過ごしくださいませ。

紹介した箇所が沢山あり長文となってしまいました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

↓↓今すぐakippaで事前予約した方はこちら▷↓↓