「スペック」当麻の左手の包帯の理由!隠された能力とは?

再放送でも話題になっているドラマ【スペック】の主人公の「当麻沙綾」。

戸田恵梨香さん演じる当麻沙綾の左手には、何故か包帯が巻かれています。

包帯を巻いている理由に関しては、ストーリーが進みにつれて徐々に明らかに。

ドラマ【スペック】の主人公の当麻沙綾が左手に包帯を巻いている理由や、隠された能力などを紹介していきます。

【スペック】の当麻沙綾とは?

ドラマ【スペック】の主人公の「当麻沙綾」は、元々アメリカ合衆国のFBIで研修していたエリートです。

IQ200の天才で、髪の毛はボサボサでグレーのスーツを身にまとい左手には包帯をしている。

ストーリーの中でも度々餃子を食べていますが、メロンにマヨネーズをかけるなどの奇行を繰り返す超絶味オンチ

事件の謎を解決する時は、情報をまとめる為に半紙に墨で文字を書いて破って投げ捨てます。

事件の真相が見えると、「いただきました」が口癖になっていますよ♪

当麻の左手の包帯をしている理由が気になる!

ドラマ【スペック】の当麻が何故左手に包帯をしているかは、スペシャルドラマ「スペック~零~」で明らかになっていました。

ネタバレを交えながら、当麻が左手に包帯をしている理由を紹介していきます。

左手の包帯の理由

FBIでの研修を終えて日本へ帰国した当麻沙綾の初めての事件。

地居聖によって当麻への憎しみを植え付けられたニノマエは、彼女の命を狙い始める。

しかし、電子機器を操るスペックホルダーのナンシーによって計画が邪魔されてしまいます。

ニノマエは、ナンシーを当麻の前で殺害し彼女を激怒させてしまいました。

当麻は、持ち前の頭脳を使って作戦を練り、ニノマエを呼び出します。

ニノマエを倒す一歩手前で当麻は、彼のスペックによって左手を切り落とされてしまう……。

当麻が左手に包帯を巻いている理由は、ニノマエによって腕を切り落とされたからです。

手術によって左手は繋がっていますが、神経がほとんどない状態になっています。

何故左手を狙ったかというと、何も知らなかった当麻は地居聖から受け取った婚約指輪をしていたからです。

左手に隠された能力

ドラマ【スペック】のストーリーの中で当麻の左手には、スペックの能力に隠されていました。

ストーリーでスペックたちと戦っていた当麻でしたが、彼女の左手には強力なスペックがあったのです。

当麻のスペックは、死んだスペックホルダーたちを呼び出してその人物の能力を使うことでした。

劇場版作品で、彼女の両手には世界の存亡が託されるほどの強大な能力が使えることが明らかになっています。

【スペック】の当麻の左手には能力が隠されていた!

ドラマ【スペック】の主人公の当麻沙綾の左手には、強大な能力が隠されていました。

スペックは壮大なストーリーになっているので、じっくりと楽しんでみてくださいね♪