シロクロパンダ2話あらすじ!直輝の目的は?レンと母親には何があった?

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの1話が放送され、大きな反響を呼んでいます。

今までのドラマにはない内容で、とても爽快感のあるドラマになっています。

そして、2話も多くの方が期待を寄せていますね。

すでに注目されている2話ですが、どんな物語でどんなあらすじなのでしょうか。

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの2話のあらすじを簡単にまとめてみました。

⇛謎を見逃したくない!シロクロパンダはHuluで♪

シロクロパンダ2話あらすじ!

レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。
男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。
事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。
池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。
“あの告発”とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。
東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。
その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。
赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。

池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。
さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。
レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。
パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく…。
そして、ミスパンダが出現。直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。
しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。
そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが駆け付け…。

引用元:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/story/

一話でも注目された、直輝がパンケーキのシロップでレンに暗示をかけるシーンがまた見れそうですね!

一話では、見事に直輝の観察力とミスパンダの破天荒さで事件を解決しましたが、次の事件ではどのように”白黒“つけていくのでしょうか。

⇛シロクロパンダの相関図とキャスト一覧はこちら♪

スポンサードリンク

登場人物のそれぞれの思惑とは?

一話から何やら様子がおかしかったり怪しい雰囲気がある登場人物!

それぞれが抱いている思惑、そして隠された過去がありそうですね。

レンの母麻衣子、佐島、直輝、レンなど多くの怪しい人物がいるので、ここで挙げるにはキリがありませんので、3人ほど代表してピックアップします!

レンと母親には確執が!?

レンの母親・麻衣子の病室の写真には女の子が二人映っていましたが、1人は黒いペンで塗りつぶされていました!

レンの部屋にある同じ写真にも、片方の女の子が黒く塗り潰されていますし、レンが見た夢でも、何やら麻衣子がこちらを睨むようなシーンが隠されていましたので、2話で少し明らかにあるかもしれませんね。

もしかすると2人の間には、何か確執があるのかもしれません。

そしてその原因となったのはもしかすると、レンが過去に経験し性格が一変してしまう原因になった【ある事件】かもしれません…

一話で登場した母の麻衣子もどこか様子がおかしい感じでしたしね…。

Mrノーコンプライアンス・佐島源造は法務省の大臣!

毎回、直輝に指示を出すMrコンプライアンス・佐島は、一話でその正体は法務大臣だということが明らかになりましたね!

まさかの展開でしたので、ビックリしましたが、佐島も怪しく、何やら裏がありそうな表情をされていました。

何故、法務大臣である佐島が、直輝にグレーな事件をシロクロつけてほしいと指示するのか。

それは佐島が過去に下した”ある判決“が関わっているのかもしれませんね…

気になるのは、Mrノーコンプライアンスの佐島の役職が法務省の大臣だということ。

この佐島という存在は、物語のカギになってきそうですね!

直輝の目的は復讐だった!?

直輝はなぜ、Mrコンプライアンスに協力するのでしょうか?

一話では8年前に起きた父親の失踪が少しだけ描かれていました。

直輝の家の壁には何発も、壁に向けて殴った跡がありましたら相当恨みを抱いているのかもしれませんね!

殺されたのか、自殺だったのかは分かりませんが、直輝の父親は何者かによって殺され、その犯人に対して復讐するために、ミスパンダを利用してMrノーコンプライアンスからの指令を実行している可能性が考えられます。

もしかすると、今後大きな組織のグレーな事件を暴いたときに、犯人と対峙することになるかもしれませんし、実は身近なところに直輝の父親を殺した犯人がいるのかもしれませんね…

それは恋人のあずさか、あるいは神代か、それとも佐島か…

今後の展開に目が離せないですね!!

少なくとも2話で少しだけ取り上げられると思いますので、今からとても待ち遠しいです!

⇛シロクロパンダ原作はある?3つの結末予想はこちら♪

スポンサードリンク

まとめ

一話では痛快に、グレーな事件を解決したミスパンダと直樹。

展開も爽快感のある内容で、とてもスッキリできましたね!

そして、ミスパンダや直輝を取り巻く怪しい登場人物たち。

色々なところに伏線も散りばめられていましたから、考察しながら楽しめそうですね。

次回、2話もどんな展開になっていくのか注目です!