シャーロック2話ネタバレ感想!元ネタはダーリトンの替え玉事件?

スポンサードリンク

月9『シャーロック』が始まり、1話では主役の誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が事件をきっかけに知り合った若宮潤一(岩田剛典)の住むマンションに押しかけ入居し、ふたりの同居生活が始まりましたね!

さて、2人がバディを組み、2話目からどんな難解事件に挑むのでしょうか!

そんな『シャーロック』の第2話のネタバレや感想、視聴率についてまとめていきたいと思います!

⇒「シャーロック」第2話ネタバレを見る前に動画を無料視聴で楽しむならこちら

「シャーロック」2話ネタバレ!

2話あらすじ

獅子雄が手配した業者の騒音に目覚めた若宮が、あまりにも遠慮のない獅子雄との同居を早速後悔していると、獅子雄のスマートフォンに捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)から事件の連絡がきます。

江藤は新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話を始めます。獅子雄は興味が持てない様子でしたが、江藤は、“魅力的なホトケ”だと言って獅子雄を誘い出します。

若宮も無理矢理 獅子に連れてこられ、遺体安置室で女性の遺体と対面します。

獅子雄が遺体を調べると、遺体の手首には“0314”と番号が貼られており、遺体は、所持品から高橋博美という女性とみられると説明をされます。

獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づきます。

そして、それが江藤の言わんとする“魅力的なホトケ”であることを察します。

高橋博美として死んだその女性は、全くの別人だったのです。

果たして、死んだ女は一体誰なのでしょうか?

そして、本物の高橋博美とは一体?

こうして“成り代わり”遺体の謎を追うことになった獅子雄は若宮を助手扱いして、博美の身辺捜査を始めるのです。

そこで婚約者の佐々木守(内村遥)や、博美がかつてある一件で弁護をお願いしていた弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行くことにします。

藍子の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めた“ある計画”を始動させます…。

原作「ダーリントンの替え玉事件」をリメイク!

『シャーロック』2話のCMや番組予告などで「ダーリントンの謎とは?」と言っていましたね。一体何?と気になった方も多かったのではないでしょうか。

弁護士・青木藍子(菅野美穂)が主催する「ダーリントン法律事務所」。

これは原作「シャーロック・ホームズ」シリーズの「シャーロック・ホームズの冒険」の中の「ボヘミアの醜聞」で、「ダーリントンの替え玉事件」というストーリーが今回この2話のもとになっているようです。

この原作の中では、ホームズを唯一出し抜いた女で、女性に興味のないホームズが唯一「あの女」と呼ぶ特別な存在の、知的で聡明なアイリーン・アドラーという美女が登場します。

菅野美穂さん演じる青木藍子弁護士こそがアイリーン・アドラーをモデルにしたようですね。

事務所の名前「ダーリントン」は世界で初めて鉄道を走らせた駅で、オフィスにはその機関車の車輪をモチーフにした飾りが飾られ、「この事務所に助けを求めてこられた方々が、ここから新しいスタートをきれるようにという願いをこめてつけられた」と獅子雄の問いに藍子は答えています。

新宿の線路で亡くなった遺体は藍子が担当した事件被告人の妹だった・・・

獅子雄が高橋博美という名の亡くなった女性の免許証の写真を見せると、藍子は間違いないと言いますが、法律事務所のアルバイト河本美沙の様子が変わり、何か知っていることを確信した獅子雄は若宮が彼女にひかれていることを利用して仕掛けます。

若宮のもとに美沙から連絡があり、翌日二人は会うことに。

新宿でデートを楽しみ、カフェで美沙は自分が自己破産していて藍子に助けてもらった話などを話始めます。

若宮が「本当は話したいことがあったんじゃないの?」と尋ねると、免許証の写真の亡くなった女性は高橋博美ではないと話しはじめるのです。

しかし、誰なのかについては「確かめたいことがあるから1日待ってほしい」といいます。

同時に獅子雄は藍子が過去に担当した事件で途中で弁護を降りたある殺人事件の被告のいる刑務所を訪ねていました。

獅子雄はそこで被告の山下に、妹・佐和子がマスコミに追われ失踪してしまったこと、それがきっかけで責任を感じた藍子が自分の弁護を降りたこと、免許証の写真の女性が佐和子であることを聞き出します。

スポンサーリンク

本物の高橋博美はどこに・・・

身分証の発行日から、遺体の女性が高橋博美に成り代わったと推測されたのは1年前。それより前の2年前に、博美(本人)には不倫の訴訟事件を起こされた記録がありました。

そしてその時仲裁役をしたのが青木藍子でした。

博美は当時不倫相手の妻ともみ合いになり、怪我をした記録がある事を江藤から聞いた獅子雄は、身元不明遺体の中から合致するものを探すよう江藤に指示します。

獅子雄は博美が既に亡くなっていると予想していたんですね。

翌日、江藤が獅子雄のもとにやってきて、既に一年半前に何者かによって殺され山中に埋められて発見された遺体が、鑑定の結果博美である事が分かりました。

江藤は新宿で亡くなった遺体314番の女性(佐和子)が博美を殺して成り代わったが自殺したと、事件を終わらせようとします。

しかし、獅子雄の見立ては違いました。

博美を殺した犯人は

博美を殺したのは青木藍子であると獅子雄は見立てます。

となると、「確かめたいことがある」と言っていた美沙の安否が気になります。

その頃ダーリントン法律事務所では、美沙が藍子に、佐和子と博美が入れ替わっていることや戸籍の事など、真相を直接聞こうとしていました。

美沙に問いかけられ、藍子の表情はどんどん変わっていきます。

「忘れたの?あなたが今生きてられるのは誰のおかげなのか!」

菅野美穂さんの迫真の演技が光ります。めちゃ怖いです…。

怖さに目が潤む…。

獅子雄と若宮が駆け付け、美沙を救出すると、いよいよ獅子雄は事件の真相を暴きます!

藍子が博美を殺したのは佐和子に戸籍を与えるためではありませんでした。

それは藍子の博美に対する衝動的な殺意でした。

博美は不倫訴訟の際に、藍子に全部うその証言をして、藍子に嘘の合意書を書かせた、藍子も犯罪者だと言い出しました。

「あなたを信じるから何でも言って、なんて言いながら自分は軽蔑されていた」

「優しい顔して人の不幸を見ながら笑いたいだけ、褒められたいだけの偽善者、ニセモノ」

博美に裏の自分を見透かされた藍子は、「偽善者」「ニセモノ」といわれ激高して殺してしまうのです。

藍子は学生時代に自殺した自分の母親の気持ちを知りながら気づかぬふりをし、放置して死なせた贖罪のために人を救おうとしてきたことまで獅子雄に言い当てられ、本心を語り始めます。

「虫けらでも助ければ私も救われると思ったけど…。知らない?虫けらって人に甘い顔されたら、最後まで蜜を吸いつくす害虫になるの。母もあの女も!」

相談者の心に寄り添い力になる優しい女性弁護士は、一方で周りをさげすみ虫けら扱いする恐ろしい本心を見せたのです。

⇒今すぐ第2話菅野美穂のアイリーンアドラー役の熱演を無料視聴する


「シャーロック」2話感想

新宿の街並みを駆け巡る名バディと菅野美穂のずば抜けた演技力が見どころ

『シャーロック』2話の舞台は新宿です。

綺麗なビル群の景色とは裏腹に、行きかう人の雑踏に入り乱れる人々…。

そんな新宿を同居結成したての二人バディのちょっとおかしな掛け合いと、バイクで駆け抜けるシーンが爽快でしたね♪

そしてなんといっても、菅野美穂さんです。

聡明で美しく優しい顔の裏側にある恐ろしい顔がみるみる表情や声に現れ、衝動に動かされた恐ろしい2面性を見事に演じていて、じわっと怖かったです。

岸井ゆきのさんとがんちゃんのデートは可愛かったので和みました♪

実際に視聴した人の感想

原作のアイリーン・アドラーをモチーフにした役を見事に演じた菅野美穂さんに魅力されましたね!

毎話ゲストが変わりますが、1話が松本まりかさん、2話が菅野美穂さん。

3話はこれまた色気のある伊藤歩さんが出演されますが、毎話ゲストの演技に期待しちゃいますね♪

「シャーロック」2話の視聴率

  • 1話視聴率:12.8%
  • 2話視聴率: 9.3%

 

2話はワールドカップの延長での時間変更があり、また台風の影響などもありましたので視聴率の影響も考えられますね。

まとめ

月9『シャーロック』の2話について、ネタバレや感想、視聴率についてまとめてみました。

2人で挑む初の難解事件でしたが、菅野美穂さん出演で盛り上がりましたね。

次回、3話も難解事件を暴くおディーンとがんちゃん、楽しみです♪

次回は10月21日(月曜日)よる9時~です。

▼無料お試し実施中!登録した日から1ヶ月間無料!▼