仙台七夕花火祭2019の交通規制や通行止め時間をチェック!打ち上げ場所や穴場スポットも紹介

 

2019年で50回目を迎える仙台七夕花火祭は東北地区で人気の高い花火大会です。

市街地の中で打ち上げられるため大きさが最大4号玉に留まるが、河川の左右の区別なくよく見ることができます。

打ち上げ場所の近くから見るとより迫力感や炸裂音など花火を体感することができるでしょう。

仙台七夕花火祭2019の交通規制や通行止め時間を確認してみました。

打ち上げ場所までのアクセス方法や穴場スポットの紹介もしているので参考になれば嬉しいです。

「仙台七夕花火祭2019」の日程とスケジュール

打ち上げ日時:2019年8月5日(月)

19:30~20:30 雨天決行、荒天中止

例年より30分遅い打ち上げになるので注意してくださいませ。

打ち上げ場所:東北大学百周年記念会館(川内萩ホール)敷地内

打ち上げ数:約1万6,000発(昨年の実績)

予想人出:約50万人

「仙台七夕花火祭2019」の交通規制は?

出典元:第50回仙台七夕花火祭公式ホームページ

場所により細かく規制が行われるので注意してくださいませ。

専用駐車場は設置していないため、出来るだけ公共交通機関の利用を推奨しています。

諸事情で車の利用が必要な場合にはコインパーキングの利用になります。

《JR仙台駅周辺駐車場》

 

仙台市路線バスは例年一部運休や経路変更があるため、直前のホームページで運行状況を確認してくださいませ。

仙台市地下鉄は特別ダイヤで運行し、特に花火大会終了後「川内駅」「国際センター駅」「大町西公園駅」ではホームの安全を維持するため入場規制が行われます。

 

西公園付近からJR仙台駅までは徒歩圏内の距離のため、歩くという手段も頭に入れておきましょう。

少し時間をはずしてから駅に向かうのも混雑回避として得策ですね♪

「仙台七夕花火祭2019」の通行止め時間は?

出典元:第50回仙台七夕花火祭公式ホームページ

交通規制図と合わせて確認をしてくださいませ。

第50回仙台七夕花火祭公式ホームページを別ウィンドウで開く

場所により交通規制の開始時間が異なり、歩行者・自転車も通行止めになる箇所もあるので早めの到着がよいですね!

有料観覧席の入場時間も場所によって異なるので、チケットと観覧場所の再確認をしておきましょう。

交通規制が始まる前に到着すると安心!

「仙台七夕花火祭2019」の打ち上げ場所

2018年より東北大学百周年記念開会(川内萩ホール)敷地内に打ち上げ場所が移動しました。

打ち上げ場所最寄り駅
  ・地下鉄東西線「大町西公園駅」「国際センター駅」

・地下鉄南北線「川内駅」

無料観覧席を有効利用しよう~

無料観覧席へのアクセス方法

出典元:第50回仙台七夕花火祭公式ホームページ

 

《川内追廻》

大町西公園駅より徒歩約10分 

大橋を通って進むルートがおすすめです。

12:00から無料解放されます。

帰りは少し足を延ばして「五橋駅」を利用してみてはどうでしょうか。

 

《仙台二高グラウンド》

地下鉄東西線「川内駅」北1出口より徒歩約10分

「国際センター駅」西1出口より徒歩約5分

16:00から無料開放されます。

帰りは2か所ともに入場制限の可能性があるため「勾当台公園駅」まで歩いてみませんか♪

 

《広瀬通》

地下鉄東西線「青葉通り一番町駅」より徒歩約5分
18:00から歩行者天国になり、着席エリアになっています。

打ち上げ場所が移動して少し見えづらくなっても座ってみることができる人気の場所です。

早めの場所取りが必要になるでしょう。

 

行きは三々五々場所取りをする人たちが集まってくるので、駅の混雑を避けるには徒歩の範囲は歩くことが一番です。

ICカードの残高やトイレの場所の確認などは事前にしておきましょう。

トイレの場所チェックは大事だよ!場所取りする前に確認しておこう~

「仙台七夕花火祭2019」の穴場スポット


市街地で普段から人が多いため帰りの混雑も避けるような場所取りを考えてみませんか。

「花火プラス夜景」、「花火プラス人が少ない」などを検討してみませんか♪

穴場スポットを一部を紹介します。

 

《青葉城址》

仙台の夜景が一望できる高台で、花火との贅沢なセットの景色を見てはいかがでしょうか。

高台ののぼり坂はすこしキツイので歩いて上る場合には、早めに到着するようにするとよいです。

帰り道の足元に注意が必要なため、懐中電灯を持参すると便利ですよ♪

 

《評定河原グラウンド》

前方が川で高い建物がないため打ち上げ場所から離れてはいるが、視界を遮られることはありません。

人が少ない場所でゆっくりと花火を見ることができるため、混雑が苦手な人に向いています。

帰りは少し遠回りの方法で五橋駅を利用すると混雑から離れることができるでしょう。

 

《川内澱橋通》

河川敷や澱橋から花火を見ることができます。

打ち上げ場所の近くになるため、花火の音も体感することができますよ♪

 

 

《仙台市野草園の丘》

ルートがほぼ平坦な道のため、歩いても苦になりません。

混雑する駅を避けて行くことができるので、人混みの苦手な方におすすめです。

距離があるため花火は少し小さく見えますが、視界は良好です。

 

《宮城県美術館》

美術館は休館日のため朝から閉館しているので、花火の時間までの避暑対策として中に入ることができない点は残念です。

木々が邪魔にならないような視界が開けた場所を探して花火を見ることができますよ♪

地元の人たちがよく見にくる場所で、人が少なくて住宅地に近いため静かに花火を見ましょう♪

国際センター駅は大変混雑するため、帰りは「勾当台公園駅」に出てみてはいかがでしょうか。

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判はこちら

当日の天気によっては早くから外にいることが大変は場合があるから天気予報はしっかりチェック!

コンビニが近い場所にあるとは限らないので、飲食物の用意は場所を確保する前に準備しておくとよいですね♪

人出が多くなってくると思うように動きがとれない可能性があります。

河川敷や木がある場所が多いので、虫よけや虫刺されの薬は必需品です。

ティッシュペーパーやウェットティッシュ、ゴミ入れ用のビニール袋の準備もしましょう!

花火を見たあとはゴミを残さないようにね~

まとめ

打ち上げ場所が市街地に近いため、仕事帰りの人も気軽に花火を楽しむことができます。

七夕祭りを翌日に控え観光客も増えることでしょう。

混雑は受け入れるしかなく、回避するためには少し時間をずらして行動することが一番です。

周囲の人も花火を楽しみにきているのは一緒なので、譲り合いの気持ちを大切に、綺麗な花火に非日常の時間を過ごしましょう。

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓