仙台青葉まつり2019の交通規制と駐車場は?日程や見どころも紹介!

 

伊達政宗公没後350年をきっかけに途絶えていた青葉祭りを市民まつりとして再開されて、現在に至っています。


目の覚めるような新緑を背景にして、前日の宵祭りからすずめ踊りが演舞され、本祭の日には、武者行列や神輿渡御、山鉾巡行、すずめ踊りの総流しと時代を引き継いでいる様子が見事です。

 

「仙台青葉まつり」2019の交通規制と駐車場情報、そして日程や見所を紹介いたします。

仙台青葉まつりの日程とスケジュール

本祭は5月の第3日曜日で、前日が宵祭り

  • 5/18(土)宵祭り 10:00~21:00頃まで
  • 5/19(日)本祭り 10:00~18:00

会場の場所は?

宵祭り及び本祭り

東二番町通~定禅寺通にかけてがメインです。

市民広場や勾当台公園、せんだいメディアテーク、仙台市役所前、元鍛冶丁公園、一番通り、中央通りにも様々なステージやワークショップがあります。

神輿渡御は青葉神社まで続きます。

スポンサードリンク

【仙台青葉まつり】交通規制情報

メインの東二番町通りから定禅寺通りとその付近、また青葉神社まで時間帯を絞って交通規制が敷かれます。


比較的規制されている時間は短く、長くても5時間程度なので、お祭りを楽しんでいる間に解除されるかもしれませんが、終了後の渋滞が気にかかるところです。

一部のバス停が休止となり、別の位置からの乗車になる地点がありますので、ご注意くださいませ。

アクセスは?

電車の場合
  • JR「仙台駅」から徒歩約15分
  • 仙台地下鉄「勾当台公園駅」から徒歩1分
車の場合
  東北自動車道仙台宮城ICから約5.5km
スポンサードリンク

【仙台青葉まつり】駐車場情報

通行止めとなる東二番通り、青葉通り、広瀬通り、定禅寺通り付近は注意してくださいませ。

場所によって通行止めの開始及び解除の時間帯が異なるので気を付けましょう。

専用駐車場は?

仙台青葉まつりの専用駐車場は設けられていません。

近隣のコインパーキングを利用してくださいませ。
出来れば、公共交通機関の利用をおすすめします。

やや離れた場所に駐車された方が渋滞に巻き込まれる率は低くなるでしょう。
仙台駅の反対側の駐車場もご検討くださいませ。

勾当台公園付近からJR仙台駅までの間の駐車場を一部紹介します。

《タイムズ仙台本町》

収容台数:6台 200円/20分 08:00-19:00  最大料金1700円 

勾当台公園にも近く、山鉾の一部が停止して演舞を行う広瀬通りにも近いです。

《リパーク仙台駅西口》

収容台数:35台 全日 200円/15分 

近くにリパーク仙台第2駐車場もあります。

《仙台駅屋上駐車場》

収容台数:335台 210円/30分(午前6時~午後10時)

契約店舗の利用で割引サービスがあります。

少し歩きますが、収容台数からすると圧倒的に広さがあります。

メイン通りからは少し外れた場所の方が出入りの規制にもあたらず行動に制限がされない点からは便利になります。

【仙台青葉まつり】の見どころは?

仙台青葉まつりと言えば、すずめ踊りです。

宵祭りは、東二番町通~定禅寺通にかけて続きます。

市民広場や勾当台公園、せんだいメディアパーク、仙台市役所前などにステージが設定されています。

本祭は、時代絵巻巡行があり、東二番町通りから定禅寺通りを進み、山鉾は11基が次々と通ります。

子供神輿や稚児行列、子ども武者も見ることができます。

青葉神社への神輿渡御やすずめ踊りの総流しなど見どころ満点です。

見所ポイント①【すずめ踊り】

すずめ踊りは、現在仙台の顔といえるくらい市民に親しまれている踊りです。

伝統を守るためコンテストや踊り方の指導を行ったりして、元々のすずめ踊りの原点を失わないようにしながら、誰でも楽しく踊れるような踊りとして引き継がれています。

宵祭りは即興の飛び入り参加も行っていて、練習をしたのち、ステージで披露することができます。

本祭でもすずめ踊り総流しとして、通りを4,500人以上の人たちが練り歩きます。

見所ポイント②【時代絵巻巡行】

子どもたちの神輿や稚児行列、子ども武者たちが颯爽と歩きます。

伊達時代行列は、弓隊(ゆみたい)・槍隊(やりたい)・尖帽鉄砲隊(とんがりてっぽうたい)を先頭に伊達戦国家臣団らが続き、伊達政宗公は伊達家三十四世・仙台伊達家十八代当主が直接登場します!

五葉山火縄銃鉄砲隊は岩手県の奥州伊達家の伊達古式火縄銃演式が定禅寺通りの国分町交差点で行われます。

様々な陣形で、指揮者の合図とともに、轟音を発する火縄銃の演武には驚くことはかりです。

ビルの谷間にモウモウとした白煙があがり、めったに見ることができない光景なので、お見逃しなく!

見所ポイント③【山鉾巡行】

山鉾は11基あり、それぞれ特徴のある飾りがされています。

東二番丁通りから定禅寺通りにかけて時代行列とともに進んでいきますが、途中で一部が広瀬通に入り、演舞を行うポイントがあります。

道自体が演舞場に早変わりで、山鉾の魅力を存分に発揮するでしょう。

陣列を整え、本隊に合流していくところも面白味が加わって演舞の楽しみ方もひと工夫されています。

まとめ

緑美しい杜の仙台にふさわしい時期に行われる仙台青葉まつりは、関係の深い地域からの参加もあり、すずめ踊りは参加団体が150祭連となりました。

色とりどりのハッピで楽しく踊れるすずめ踊りに武者行列が加わり、伊達政宗公を祀っている青葉神社の例祭は市民の皆さんが楽しみながら盛大に行われています。

江戸時代に負けないくらいの華やかな祭りになっているでしょう♪

元号も令和に変わりました。

市民の皆さんで作っている仙台青葉まつりは今後も引き継がれていくことを期待しています!