「ラジハ」ドラマ第5話の感想やネタバレ視聴率は?子役3名と父親役の三浦誠己の熱演に注目!

ラジエーション
スポンサーリンク
 
4月からスタートしたドラマ「ラジエーションハウス」。

今回は第5話について書いていきます。

ドラマを見た感想や視聴率やゲストについてまとめているのでネタバレを含みます。

ご注意ください!

今すぐラジエーションハウスを無料で視聴したい場合はこちら▷

「ラジエーションハウス」5話ネタバレ(あらすじ)

 

あらすじ
裕乃(広瀬アリス)は、威能(丸山智己)が遺体画像を見ていたことに驚く。実は威能は、CTやMRIを使って遺体の死因を究明するオートプシー・イメージング――通称『Ai』と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストだった。鏑木(浅野和之)は、放射線科の受診患者増加などを理由に、Aiの受け入れを最小限にとどめようと提案していた。だが、院長の渚(和久井映見)は、Aiと解剖を組み合わせることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていた。
そんな折、ラジエーションハウスに、公園で倒れているところを発見され、その後死亡が確認された美しい顔の少年・藤本直樹(南出凌嘉)のAi依頼が届く。第一発見者は直樹とキャッチボールするために公園に来たという弟の雄太(斎藤汰鷹)。救急通報をしたのは、藤本家の近所に住む少年・山村肇(小林喜日)だった。せることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていた。辻村(鈴木伸之)は、心臓付近に擦過傷が見られたことから、胸骨の未発達な子どもの胸に衝撃が加わることで起こる心臓震盪の可能性に言及した。直樹は、上に向かってボールを投げてそれをキャッチしていた、という目撃情報もあった。だが、直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)は、小野寺(遠藤憲一)らの説得にも耳を貸さず、Aiを頑なに拒否する。周囲は虐待死を隠ぺいする為だと疑い始め……。

引用:フジテレビ

 

オートプシー・イメージング(Autopsy imaging、Ai)とは?


オートプシー・イメージング(Autopsy imaging)とは、死後画像診断のことです。

それぞれの単語の頭文字をとって 、「Ai(エーアイ)」と表記しています。

Autopsyとは剖検、imagingとは画像、直訳すると「画像解剖」という意味になります。

死因究明に不可欠な「死亡時医学検索」の手段はいままでは「解剖」しか存在していませんでした。

ドラマ内でも異常死について技師長が話しているシーンがありましたが、年間15万人が亡くなっていて、解剖が行われるのは2万人だそうです。

つまり残りの13万人の死者は、死因不明のまま弔われていることになります。

この「死因不明社会」に対する特効薬が「Ai」だということです。

その方法は「遺体の内部の画像を撮影する」こと・・

これで、多くの死因を究明できることに繋がると言えます。

Aiが教えてくれた真実

技師長の言葉がきっかけで直樹くんのAiを実施することとなります。

 

その結果脳や心臓には問題がなく肝臓が破裂していたことが判明しました。

 

救急通報をしたのは、藤本家の近所に住む少年・山村肇(小林喜日)

 

この山村くんによると、直樹くんは父親に叩かれたことがあるという話を何度かしていたこと、続けて本当の親子ではないことも判明しました。

 

ですが父親に話を聞くと「確かに手を挙げたことはあるが、帰宅が遅かったことが原因であり虐待はしていない。」と言っていました。


唯織は肝臓破裂についてボクサーの例をあげ、父親が手を挙げたことは死因ではないこと、今回の直樹くんの死は格闘技経験者によるものだということを話しました。

 

また直樹くんの肝臓は右側側が破裂していたことがAiによって明らかになったため、手を挙げたものは左利きだということがわかりました。

 

父親はしている時計から右利きであり違う・・・

じゃあ一体誰なのか。

 

ここでもまた唯織の観察力や洞察力のすごさが出ていましたね。

 

山村君の手に格闘技特有のタコがあること、唯織が山村くんにボールを投げたとき左で取っていたことから山村君が左利きであることを突き止めたのです。

 

意識していれば利き腕が変えられるかもしれませんが、やはりとっさの時はどうしても意識が薄れますよね。


山村君も直樹君と同じように父親から暴力を受けていたことがわかりました。

 

ですが、直樹君は弟がきっかけで自身の父親に歩み寄ろうとしていたこと、家族を大切にしようとしていたことから山村君はかっとなってしまったそうです。

 

もちろん殺意はなくちょっと脅かそうとしたのかもしれません。

ですがこの年代だと非常に家族問題ってデリケートなので難しいですよね。

 

家族を大切にしたい直樹君の気持ちも、また1人になってしまう、仲間が居なくなってしまうという山村君の気持ちも痛いほどわかります。

父親役の三浦誠己(みうら まさき)さんについて


今回父親役を演じていた俳優の三浦誠己(みうら まさき)さん。

 

最初はかなり怒っていてどこかのチンピラのような演技でしたが(笑)

最後には涙するシーンもあり感動しました。

 

この方、実は元々芸人さんなのです。

大阪NSC13期生で1994年にお笑いコンビ「トライアンフ」を結成されています。

 

当時の所属は吉本興業で心斎橋筋2丁目劇場でデビューするも1997年にコンビを解散し、東京でピン芸人として活動した後、2003年より俳優に転向しています。

 

芸人時代から千原ジュニアさんを慕っているようで当時はジュニアさんの運転手をしていた時期もあるそう。

 

個人的には去年ころからテレビで見るようになりました。


2018年のモンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐- – で土屋慈役のイメージが大きいので、今回のように少しガラが悪くも家庭を大切にされているところに泣きそうになってしまいました。

 

今すぐラジエーションハウスを無料で視聴したい場合はこちら▷

スポンサードリンク

「ラジエーションハウス」5話感想


Aiについてももちろんですが今回は死因不明のまま亡くなる方の多さについてもわかる回となっていました。

 

解剖だと体を傷つけてしまうためなかなか難しい判断をしなければなりませんがAiは撮影で死因が判明します。

 

どうしても体の表面だけではわからないことはたくさん出てくるかと思いますし、特に今回のようにまだ年齢も体も小さくて死因もわからないとなると両親にとって解剖の選択肢しかない場合とても悩むと思います。

 

ですが技師長のように言葉をかけてくれる人がいると今回のように撮影することに繋がります。

 

今回は家族ものでその背景にもさまざまな事情があったためとても感動する回となっていました。

 

 

 

 

ラジエーションハウスが放送されることで、実際に現場で行っている方の見解がTwitterに投稿されていますね。

 

認知が広まると共に、現場でも新たな見直しが行われる話題になってたりと考えると、本当に良いドラマだな~と思います。

スポンサードリンク

「ラジエーション」視聴率は?

5話の視聴率は10.8%です。
 
  • 1話視聴率:12.7%
  • 2話視聴率:12.3%
  • 3話視聴率:11.5%
  • 4話視聴率:9.1%
  • 5話視聴率:10.8%
  • 6話視聴率:
  • 7話視聴率:
  • 8話視聴率:
  • 9話視聴率:
  • 10話視聴率:

一度二桁を下回りましたが、盛り返して来ましたね♪

今すぐラジエーションハウスを無料で視聴したい場合はこちら▷

「ドラマ名」1話から最終話までのまとめ

ドラマ「ラジエーションハウス」は、

フジテレビ系列で、2019年4月8日(月)から放送スタート!

  • 原作:横幕智裕
  • 作画:モリタイシ

2015年より「グランドジャンプ」から掲載スタートし、現在も連載中の漫画「ラジエーションハウス」の実写化ドラマになります。

 

平成最後の月9ドラマということで注目度も高い作品ですが、最終話は何作目なのでしょうか?

豪華キャストのそれぞれの役柄にも注目が集まります。

過去、4月放送の月9ドラマの傾向から、ラジエーションハウスの最終話を予想します。

 

  • 2016年4月放送:全10話・ラヴソング
  • 2017年4月放送:全11話・貴族探偵
  • 2018年4月放送:全10話・コンフィデンスマンJP

 

3作品を振り返ると「貴族探偵」のみ全11話となっており、初回30分拡大だけでなく、2話・4話・最終話は15分拡大で放送されています。

この作品は月9ドラマ30周年記念だったこともあり、力の入れ方も違ったのでしょう。

 

そう考えると「ラジエーションハウス」も平成最後という節目の作品になるので最終は11話か!?

と考えられますが、個人の予想としては10話完結と考えていますが結果は放送の進捗を待ちましょう。

 

 

まとめ


今回ラジエーションハウス第5話についてまとめました。

5話のでは子役3名が輝いていましたね!

ウロボロス依頼の共演ということもあり、本人達も撮影は楽しかったでしょうね♪

チームの団結力も回を重ねるごとにいっそう上がってきていますよね。

各話で描かれているメンバーの話も気になるところです。

これからも注目していきたいと思います。

今すぐラジエーションハウスを無料で視聴したい場合はこちら▷