ラジエーションハウス4話の感想ネタバレや視聴率は?山本舞香がバンドギター担当!?

ラジエーション
スポンサーリンク

ドラマ「ラジエーションハウス」、今回は第4話について書いていきます。

主に4話のあらすじ、ドラマを見た感想についてまとめていきますがネタバレを含みますのでご注意ください!

 

「ラジエーションハウス」4話あらすじ

 

あくる日、甘春総合病院に、ロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月(山本舞香)がやってくる。美月は、右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因は特定できなかった。それを受け、整形外科の辻村は、しばらく様子を見ると美月に伝える。診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃(広瀬アリス)とぶつかる。その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る裕乃。その曲は、高校時代バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても、それは大切な、そして苦い思い出の詰まった『FLY AGAIN』と言う曲だった。裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたものの、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたい、と願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。

引用:フジテレビ

 

スポンサードリンク

「ラジエーションハウス」3話のネタバレ

裕乃の過去について

 

高校時代の裕乃はバスケ部に所属していたことがドラマ内で描かれていました。

仲の良いバスケットボール部員と、「FLY AGAIN」のスローガンのもと全国大会を目指していたほど、スポーツばかりしている女子高生でした。

学生時代、ある日裕乃はプレー中にひざを痛めてしまいます。

そんな時、仲の良いバスケットボール部員は、膝痛に悩む裕乃に「FLY AGAIN」のCDをプレゼントし、その際、「裕乃は思い切り飛べばいい」と裕乃を励ましていました。

裕乃は病院のデスクで、バスケットボール部時代を思い出しながら「FLY AGAIN」を聴いていると、高校時代のバスケットボール部員から誘いのメッセージを受けます。

当時、膝の痛みを我慢して出場したバスケットボール部最後の試合で、試合終了間際にシュートを外して負けてしまい、さらにそのことがきっかけでバスケットボール部員の1人が大学の推薦がダメになったことに落ち込んだ、という過去が明らかになりました。

 

美月(山本舞香)について

 

他院からの紹介で甘春総合病院に右肩の痛みを訴える坂本美月(山本舞香)が訪れます。

放射線科のメンバーを混ぜたカンファレンスでは、整形外科の検査にて美月の骨に異常が見られなかったことから、原因が特定できない以上しばらく様子を見るということが決定されました。

廊下を歩いていると考え事をしながら歩く裕乃(広瀬アリス)と、勢いよく衝突してしまいます。

美月の荷物を拾いながら裕乃は美月がスマホで「FLY AGAIN」という曲を聴いていたことに気付きました。

翌日、病院に訪れていた美月に、裕乃が「FLY AGAIN」のことを話すと夢を追いバンド活動をする美月に、裕乃は過去の自分の姿を重ねていました。

2週間後の最後のライブに悔を残したくない美月は、もう一度肩を診てほしいと裕乃に語ったのです。

同じように裕乃はまた自身の高校時代を回想していました。

 

裕乃の観察眼

 

裕乃は美月の左肩のレントゲン撮影をしていました。

今回、美月は肩の痛みを訴えていましたが、痛がっていた部分が背中にかけてということに裕乃は注目していたのです。

そのため裕乃の機転で照射幅を広めにレントゲン撮影をしましたが、軒下は美月が照射幅を広めにしたレントゲン写真をトリミングしてしまいました。

その後、杏と辻村が、美月のレントゲン写真を読影するも異常は見られなかったが、杏の提案で唯織の意見を聞くことになります。

唯織が読影を始めると、異常はなさそうと言うがレントゲン写真のトリミングを疑いました。

唯織が裕乃に「なぜ照射幅を広めに撮ったのか」と聞くと、裕乃は、美月が痛そうに擦っていたのが、肩から背中にかけてだったと言い、それを聞いた唯織は、元のレントゲン写真を見るために放射線科に走ります。

唯織が軒下によってトリミングされたレントゲン写真を、元の大きさに戻すと肺尖部に異常があることを発見し、再検査で、肺から空気が漏れて肺が縮んだ状態になる「気胸」ということがわかり、治療をすれば長くて1週間で日常生活に復帰できることがわかりました。

辻村より、美月の気胸は胸腔ドレナージすれば、早ければ2~3日で良くなると告げられると、ライブに間に合うことを美月と裕乃は喜んでいました。

 

唯織の思い

 

一方、病院には股関節痛が長引くという症状を持つ男性が居ました。異常はないと診断はされていましたが、唯織は勝手にMRI検査を行い、鏑木は激怒していました。

鏑木は解雇案件で残念だと一喝すると、唯織は「残念?喜ぶところじゃないですか?」と言ったのです。

唯織は「長引く股関節痛に特発性大腿骨頭壊死症の可能性は十分に考えられた。もしそうであったなら、一刻を争う状況なのでどこが無駄なのだ?」と鏑木に抗議しました。

今までも唯織が患者の立場になって発言することはありましたが、今回はかなり説得力があったかと思います。

杏は、「どうして黙っていた」と唯織に聞くと、唯織は「できることがあるなら諦めたくない」と言いました。

唯織はただでさえ読影など仕事が多い杏を近くで見ていたからこそ、負担をかけないようにと思い自ら行動したということがわかりました。

スポンサードリンク

第4話の感想

 

今回の「ラジエーションハウス」4話も、唯織の手によって、初見で見逃された病気を発見できました。

検査しても何か問題があってからでは遅い、ということを毎回教えてくれますよね。

軽い症状であれば放置してしまう人も多いかと思いますが、検査の大切さや何も異常がないことに対しての安心感を得るには病院に行くことが大切だと思います。

今回は裕乃の過去や裕乃の観察力の高さにスポットを当てたエピソードになっていました。

唯織の同期であっても唯織の医学知識や病気を見つける早さって勉強しても追いつけないような気がしますよね。

自分に自信がなく落ち込んでしまう裕乃の気持ちもよくわかる回になっていました。

ネットの声

 

 

「ラジエーション」視聴率は?

4話の視聴率は〇〇%です。
 
  • 1話視聴率:12.7%
  • 2話視聴率:12.3%
  • 3話視聴率:11.5%
  • 4話視聴率:
  • 5話視聴率:
  • 6話視聴率:
  • 7話視聴率:
  • 8話視聴率:
  • 9話視聴率:
  • 10話視聴率:

第2話も好調をキープしています!

「ドラマ名」1話から最終話までのまとめ

ドラマ「ラジエーションハウス」は、

フジテレビ系列で、2019年4月8日(月)から放送スタート!

 

  • 原作:横幕智裕
  • 作画:モリタイシ

2015年より「グランドジャンプ」から掲載スタートし、現在も連載中の漫画「ラジエーションハウス」の実写化ドラマになります。

 

平成最後の月9ドラマということで注目度も高い作品ですが、最終話は何作目なのでしょうか?

豪華キャストのそれぞれの役柄にも注目が集まります。

過去、4月放送の月9ドラマの傾向から、ラジエーションハウスの最終話を予想します。

 

  • 2016年4月放送:全10話・ラヴソング
  • 2017年4月放送:全11話・貴族探偵
  • 2018年4月放送:全10話・コンフィデンスマンJP

 

3作品を振り返ると「貴族探偵」のみ全11話となっており、初回30分拡大だけでなく、2話・4話・最終話は15分拡大で放送されています。

この作品は月9ドラマ30周年記念だったこともあり、力の入れ方も違ったのでしょう。

 

そう考えると「ラジエーションハウス」も平成最後という節目の作品になるので最終は11話か!?

と考えられますが、個人の予想としては10話完結と考えていますが結果は放送の進捗を待ちましょう。

 

まとめ

今回からラジエーションハウスのチーム力もより高まってきたように感じました。

また杏が唯織に対する気持ちも変わってきたように見えたので、これからどのように進んでいくのか注目していきたいと思います。

 

スポンサーリンク