「ラジエーションハウス」ドラマ2話の感想・ネタバレ・視聴率は?子役の石田星空が可愛い!?

ラジエーション

4月からスタートしたドラマ「ラジエーションハウス」。

1話の視聴率は12.7%とまずまずの滑り出しでした。

今回は第2話についてのあらすじ、ドラマ内に出た親子について、2話を見た感想についてまとめていきたいと思います。

 

「ドラマ名」2話あらすじ

 

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院院長の渚(和久井映見)から、放射線科医として働く気はないのか、と問われます。

しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断りました。

放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織

その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺さしていました。

ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていました

一方で膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、レントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにします。

健太郎に会った杏は、成長痛のことを話し、心配しないよう伝えますが、そこで健太郎は、母子家庭で仕事ばかりしている母・美佐子(中越典子)に構ってほしくて大げさに痛がったことを打ち明けます。

検査を終えた健太郎は、美佐子とともに病院を出てバスを待っていました。

ところがそこで、美佐子が激しい腹痛に襲われて倒れ……。

 

スポンサードリンク

「ラジエーションハウス」2話ネタバレ

少年の病気に関して

まず、健太郎という少年に関しては、レントゲン検査を読影した杏の見立てでは、特に所見はないことからそのときは問題視されていませんでした。

 

でも少年は痛いと言っていたため唯織は本当に成長痛なのか気になったため、技師長・小野寺と共に昔ながらのフィルムレントゲンで、健太郎の足の具合を読影してみることに。

 

その昔、フィルムレントゲンが主流だったころの話を小野寺としつつ、唯織は院長・渚がたびたび突然訪れる放射線科の会話から「左右比べる」というヒントを得て、フィルムレントゲンから健太郎が「リ・フラウメニ症候群」の可能性を見出しました。

 

ここでもやはり唯織のとっさの判断力によって発見することが出来たのです。

少年は骨の癌であることを唯織が発見しました。

 

50万人に1人がなる非常に珍しい病気のようですが、骨肉腫だとわかったことについては「美佐子の母親も妹も癌を発症していたため、リ・フラウメニ症候群の家系だと思った」と説明していました。

 

母・美佐子の病状は?

 

一方で健太郎の母親・美佐子は腹痛に襲われ病院に運び込まれました。

腹部レントゲンを撮りますが、特に目立った初見がないと甘春から連絡が入ります。

 

美佐子のことを前の病院の患者と似ていると感じる小野寺は、過去の既往歴を美佐子に確認し、唯織はCT検査を受けるようお願いします。

 

ところが、がんを患ったが正社員登用の試験のチャンスがあるため、今はできないと美佐子は断ります。

しかし、そんな美佐子の手を健太郎が離し、検査を受けるようお願いします。

 

再検査を受けた結果、がんの再発所見は見られないが、膵炎が見られるため、しばらく様子を見ることを甘春先生が勧めていました。

技師長と息子

 

離婚届けを妻から突き付けられていましたが断り続けた結果、ついに職場に息子が届けにきたのです。

これは重いですね・・・

 

おそらく技師長は病気を発見できた親子と自身を重ね合わせてたのかなと思います。

最初はどーしようもない技師長に見えましたが、なぜか話が進むにつれて少しかっこよく見えました。

 

終盤では息子に「離婚届け書いたから母ちゃんに渡しとけよ」なんて息子に言っていましたが、

そこには「離婚なんてするかよ、ばーか!」書いてありました。

 

息子と離れるのが嫌になったんだと思います。

スポンサードリンク

「ドラマ名」1話の感想

唯織は「医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知ったほうが良いと思ったから」と話していました。

 

本心は、「放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず」のほうが強いのかと思います。

 

ドラマ内で「調べたとこで何も見つからない可能性がある。だけど調べて病気がなけりゃそれでいいじゃないか」というセリフがありました。

 

現代社会においては検診や検査など忙しく受ける人はまだまだ少ないです。費用も時間もかかりますもんね・・・

ですが早期発見に越したことはないので、やはり小さな検診でも大切なのかなと思いました。

 

まだまだ賛否両論といったところでしょうか?

第3話も様子見という方も多そう・・・。

「ラジエーション」視聴率は?

2話の視聴率は12.3%です。
 
  • 1話視聴率:12.7%
  • 2話視聴率:12.3%
  • 3話視聴率:
  • 4話視聴率:
  • 5話視聴率:
  • 6話視聴率:
  • 7話視聴率:
  • 8話視聴率:
  • 9話視聴率:
  • 10話視聴率:

第2話も好調をキープしています!

「ドラマ名」1話から最終話までのまとめ

ドラマ「ラジエーションハウス」は、

フジテレビ系列で、2019年4月8日(月)から放送スタート!

 

  • 原作:横幕智裕
  • 作画:モリタイシ

2015年より「グランドジャンプ」から掲載スタートし、現在も連載中の漫画「ラジエーションハウス」の実写化ドラマになります。

 

平成最後の月9ドラマということで注目度も高い作品ですが、最終話は何作目なのでしょうか?

豪華キャストのそれぞれの役柄にも注目が集まります。

過去、4月放送の月9ドラマの傾向から、ラジエーションハウスの最終話を予想します。

 

  • 2016年4月放送:全10話・ラヴソング
  • 2017年4月放送:全11話・貴族探偵
  • 2018年4月放送:全10話・コンフィデンスマンJP

 

3作品を振り返ると「貴族探偵」のみ全11話となっており、初回30分拡大だけでなく、2話・4話・最終話は15分拡大で放送されています。

この作品は月9ドラマ30周年記念だったこともあり、力の入れ方も違ったのでしょう。

 

そう考えると「ラジエーションハウス」も平成最後という節目の作品になるので最終は11話か!?

と考えられますが、個人の予想としては10話完結と考えていますが結果は放送の進捗を待ちましょう。

  • 「ラジエーションハウス」1話ネタバレ・感想・視聴率
  • 「ラジエーションハウス」3話ネタバレ・感想・視聴率
  • 「ラジエーションハウス」4話ネタバレ・感想・視聴率
  • 「ラジエーションハウス」5話ネタバレ・感想・視聴率
  • 「ラジエーションハウス」6話ネタバレ・感想・視聴率
  • 「ラジエーションハウス」7話ネタバレ・感想・視聴率
  • 「ラジエーションハウス」8話ネタバレ・感想・視聴率
  • 「ラジエーションハウス」9話ネタバレ・感想・視聴率
  • 「ラジエーションハウス」10話ネタバレ・感想・視聴率

 

まとめ

今回は病気を見つけることが出来た親子についてのエピソードが主だったかと思います。

1話ではチームワークもばらばらに見えましたが唯織が入ってきたことにより少し引き締まったようにも見えました。

しかし、子役で出演した石田星空くん、可愛かったですね~♪

石田君の次回出演作も気になっちゃいました。

第2話も面白いなと純粋に感じたので、第3話!これから注目していきたいと思います。