ラジハもう一人の天才は鏑木先生?10話ネタバレや感想と視聴率は?

ラジエーション

月9ドラマ「ラジエーションハウス(ラジハ)」の10話が放送されました。

残り2話となりましたが、唯織がピレス教授からオファーを受けます。

杏を支える為に放射線技師として甘春病院に来た唯織はどんな決断をするのでしょうか?

また、元院長・杏の父も登場しますが、杏が抱える頭痛は遺伝によるものなのか少なからず答えが10話で放送されます。

鏑木先生もキャリアアップと共に甘春病院を離れてしますのでしょうか?

見所満載の10話のネタバレ・感想・全話視聴率についてまとめていきます。

ラジエーションハウス10話のあらすじ

出勤途中の唯織(窪田正孝)のもとに、放射線科の世界的権威である恩師・ピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレスは、そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていた。

鏑木(浅野和之)は、辻村(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告する。妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、と嬉しそうに話す鏑木。

そんな折、ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れる。正一がうつ病の状態だと知る小野寺(遠藤憲一)たまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく彼を出迎える。

同じころ、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしていた。骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査にしり込みし、軒下(浜野謙太)に助けを求める。そこで、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出すたまき。検査の結果、光は鎖骨を骨折しており、虐待の疑いが……。

鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出する。院長室を後にした鏑木は、椅子に座っていた正一に気づいた。正一も鏑木に挨拶しようと立ち上がるが、そのとき突然頭痛に襲われ、倒れてしまう。

引用:フジテレビ

ラジエーションハウス9話のあらすじとネタバレはこちら▷

スポンサードリンク

ラジエーションハウス10話のネタバレ

杏の父親である甘春正一の登場

前回倒れたものの杏の術後の経過は順調でした。

杏の経過についてはラジエーションハウスのメンバーも心配した様子もあり、医師と技師の壁は薄くなってきたように思えました。

最初の方ではどちらも態度が悪かったような印象だったので、違う人みたいでしたね~

一方、ラジエーションハウスに、杏の父親で元院長の正一が突然やってきました。

正一がうつ病だと知っているラジエーションハウスのメンバーは、唯織と広瀬に正一を紹介します。

技師長が病院に来た理由を正一に尋ねると、久々に病院を見たかったと正一が答えました。

そんな正一を、杏が連れて行き見送ろうとするも、「仕事に戻りなさい」と言われます。

そこで鏑木は偶然椅子に腰掛けていた正一に気付き、鏑木に気付いた正一は、立ち上がり挨拶をしようとすると、突然頭痛に襲われ倒れてしまいます。

検査の結果、頭痛は一過性のもので特に問題はありませんでした。

心配する五十嵐が杏の元を訪れ、「もう一度ちゃんと検査した方がいいのでは?」と杏に言います。

しかし半年前に甘春総合病院で検査はしてるし、立ち上がる度に頭痛を訴えるが、原因も見当たらないから、おそらく精神的なものだと甘春が答えます。

1歳8カ月の光くんの病気は?

ある日、病院に赤ちゃんが診察しに来ました。

子どもの名前は光くんといい、診察をした辻村は骨折の疑いがあると感じ、ラジエーションハウスにレントゲン検査をオーダーします。

担当は広瀬でしたが、赤ちゃんの撮影は慣れていないため戸惑っていました。

それを見ていたたまきが、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで、光のレントゲン検査をしたことを思い出します。

そして、今回のレントゲン検査の結果、の鎖骨を骨折していたことが判明し、ラジエーションハウスメンバーは、両親の虐待では・・と疑います。

そんな光のデータを見る唯織は、卵アレルギーがあることに気付きました。

光のレントゲン写真を見る唯織と杏のもとに辻村がやってきて、唯織の意見を聞きたいと言います。

その後ろで、たまきが「ちょっと外に出るだけで、紫外線対策ばっちりだった」と話しました。

そのことから赤ちゃんにしてはO脚が目立つと言い大腿骨を中心に検査をした方がいいと話します。

検査画像を確認した甘春は、ビタミンDの欠乏で、骨の成長が上手くいかず、通常よりも柔らかくなってしまう「くる病」だと言います。

治療法を聞く広瀬に、ビタミンDを摂取すれば大丈夫だと杏が言いました。

一方で杏の元を訪れた小野寺は、「もう一度お父さんの検査をしてみたらどうだ?」と話します。

しかし特別扱いはできないし、父もみんなに迷惑かけたくないと思ってると杏が答えます。

光くんが緊急搬送!もう一人の天才は鏑木先生!

ラジエーションハウスに、光が緊急搬送されてきたと連絡が入ります。

光の画像を見て、気になるところを見つけた唯織は、光を診察する医師らに、「脚に麻痺症状があったから、神経芽腫を併発してるかもしれない」と説明します。

いつ呼吸障害が出てもおかしくないから、腫瘍の場所を特定して、早く切除しないといけないと・・・

そこで専門の病院に搬送するべきだと言う鏑木に対して、「搬送中に呼吸不全に陥ったら、脳に障害が残るかもしれない」と唯織が言います。

そして正確な胸腹部画像があれば、搬送せずにここでも治療ができることを伝えます。

「それがどれだけ難しいかわかっているのか!」と鏑木が言うも、「今やらなければ光は手遅れになるかもしれない」と唯織が言います。

すると、医師が胸腹部CTのオーダーを出すと言い、ラジエーションハウスでは、光の検査の準備を進めました。

光の画像を見た杏は、神経芽腫だと判断しました。

そこに医師が現れ、「腫瘍が脊髄に近いため、麻痺が残る可能性が高いため、手術は難しい」と言います。

すると、今度は鏑木が現れ、「答えは画像の中にある」と言います。

脊髄に腫瘍が達してないのは明らかだから、問題なく手術はできると鏑木が言います。

技師が責任持って撮影した画像を、放射線科医が正しく診断して治療方針を導くのが、ラジエーションハウスだと鏑木が言いました。

鏑木がラジエーションハウスのメンバーを認めた瞬間でしたね♪

杏の父の病気の原因は他にある?

杏は正一の画像を見つめていました。

正一の画像を撮影したのは軒下だったため、その時の状況を唯織が確認します。

すると自転車に追突されたから、念の為撮影してほしいと言われたと軒下が話しました。

それを聞いた唯織は、「事故の後に飛行機に乗らなかったか?」と軒下に聞きます。

そして飛行機に乗っていたと聞いた唯織は、杏の元を訪れ、「直ぐに確かめたいことがあるから、自分にもう一度検査させてほしい!」と言います。

そこに技師長が訪れ、キャンセルが出たからそこに正一の予約を入れておいたと言います。

正一の検査を行う唯織は、正一はうつ病ではなく、もっと他の原因があると言いました。

 

ラジエーションハウスのフル動画を無料視聴する3つの方法を解説▷

スポンサードリンク

ラジエーションハウス10話を視聴した感想

今回は鏑木がまさかの大活躍でした。

唯織もそうですが鏑木も天才だったんですね~

実は鏑木は辻村の父親から系列病院の院長を任せたいと言う話が出ていました。

院長に辞表を提出し家族にも辞める話をしていましたが、光くんの件で考えが変わったのです。

まさに正一が目指していた病院だと院長の言葉があり、家族に院長の件は辞退したと電話で伝えていました。

やはり家族が居るとお給料面での問題を見てしまいがちですが、やはり大事なのは病院の人間や患者さんの言葉だと思いました。

こればかりは自分の目で見ないとわかりませんよね。

また光くんのお母さんも頻繁に怪我をするから、いろいろと気を付けて家の中で遊ばせているというところもお母さんならではというかんじで感動しました。

子どもに対して一生懸命で神経使って子育てしていても怪我をしてしまっては、誰でも自分を責めてしまうと思います。手術が成功して本当によかったです。

ラジエーションハウスのフル動画を無料視聴する3つの方法を解説▷

ラジエーションハウス10話の視聴率は?

10話の視聴率は13.3%です。
 
  • 1話視聴率:12.7%
  • 2話視聴率:12.3%
  • 3話視聴率:11.5%
  • 4話視聴率:9.1%
  • 5話視聴率:10.8%
  • 6話視聴率:13.2%
  • 7話視聴率:11.4%
  • 8話視聴率:13.3%
  • 9話視聴率:11.5%
  • 10話視聴率:13.3%
  • 最終話視聴率:

高視聴率を維持してます!!!

↓ラジエーションハウスを無料で視聴したい場合はこちら↓

まとめ

唯織は恩師のピレス教授から人工知能を使った読影補助ソフトの開発メンバーに唯織を迎えたいと連絡を貰いました。

唯織はメンバーに入るのか、それとも病院に残るのか・・・

そして杏の父の病気の理由は・・・そして唯織が手術!?

次回最終回も見逃せません!