ラジエーションハウス第6話のあらすじや感想ネタバレは?鏑木に言い寄る女性は誰?

ラジエーション

「ラジエーションハウス」今回は第6話について書いていきます。

今回はIVRという身体に傷をつけない技術にフォーカスを当てています。

人は誰でも傷をつけず完治できるならそれが一番ですが、命を落としては元も子もありません。

医師と技師の葛藤が描かれた第6話について、感想やあらすじについてまとめています。

ネタバレを含みますのでご注意ください!

ラジエーションハウス6話のあらすじ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)辻村(すずき伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。 同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ……。

引用:フジテレビ公式

 

スポンサードリンク

6話ネタバレ

沙里の症状・そしてチームの判断とは

出典元:シネマカフェ

 

公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されました。

杏はまだ沙里の年齢が低く女の子であることからIVRを検討しましたが、院長は傷は残っても構わないからと開腹手術をするよう伝えました。

 

治療を優先するか将来を考えてIVRにするか・・・

どちらもとても大切なことはよくわかります。

しかしまだ幼い子に傷をつけるなんてと女性なら誰しも思うことです。

女性の医師であるからこそ杏はIVRを薦めたと思います。

 

ですが病院にはIVRを出来る医師が居ませんでした。

杏も治療に関わったことはあるものの助手としての経験しかなかったため院長は開腹を薦めていました。

 

ラジエーションチームも杏と同じようにIVRを希望しましたが、最終的には医師の意見が絶対ということもあり院長の意見が通ることになりました。

 

技師は医者の判断に従うしかない、ということもありましたが唯織を始めラジエーションのメンバーは遅くまで勉強していました。

 

これは技師は技術こそ行えないものの医師の力になることは出来ると判断したためです。

沙里がもしIVRをすることになれば知識としてもちろん役立つし、沙里がIVRをしないとしても他の患者に生かすことが出来る・・・

そう考えメンバー全員はIVRの勉強をしていました。

 

特に技師の悠木はIVRについてかなり勉強していたこともあり、知識量はすごかったです。

 

ドラマ内で出た「IVR」とは?

 

IVRの正式名称は「Interventional Radiology=インターベンショナルラジオロジー」と言い、日本語では「画像下治療」と訳しています。

 

文字通り、X線(レントゲン)やCT、超音波などの画像診断装置で体の中を透かして見ながら、細い医療器具(カテーテルや針)を入れて、標的となる病気の治療を行っていきます。

 

メリットは体への負担が圧倒的に少ないことです。

IVRは、外科手術のようにおなかや胸を切らずに、体の奥にある臓器や血管の治療ができる方法です。

 

また、医療器具を入れる穴も数ミリ程度と小さく、器具を抜いた後は縫う必要もないので処置後の傷もほとんど残りません。

 

1980年代に米国で始まった技術で、日本では80年代の中頃から広まり始め、今やIVRはさまざまな医療の領域で欠かせない存在となっています。

 

また血管の詰まりやがんの治療など幅広く対応しています。

治療できる範囲が非常に幅広いのも特徴です。

 

また、交通事故など救急の場合には一刻も早い止血が必要ですが、外科医がおなかを切って出血している場所を探すのは決して簡単ではありません。

どんな名医でも、大量に流れる血液の中から出血場所を見つけるのは困難なことでした。

 

IVRでは、造影剤を流し、血液が漏れている場所、すなわち出血している場所を探します。

それから、血管を伝って探し当てた出血部位までわずか1~2分でたどり着き、すぐに止血することができます。

 

大腸がん患者が急変する

出典元:シネマカフェ

病院内である男性が倒れました。

この男性は大腸がんで治療していて、合併症で心筋症も患っていました。そのためIVRの治療を行うこととなります。

 

ですがこの時院長は不在で出来るのは杏のみ・・・

杏は助手としてIVRを行ったことがあるものの自分1人でという経験はなかったため非常に不安でした。

 

しかし、ここでラジエーションチームのメンバーがサポートに入ることに。

沙里が運ばれてきたことでIVRの勉強をしていたことは杏は陰ながら知っていたので、それなら・・ということでIVRを行うことになりました。

 

その結果、大腸の止血はしたものの実際には小腸から出血していたことがわかります。

大腸がんということに注目してしまったため小腸を見逃していましたが、杏の手術もチームのサポートにより成功したのです。

スポンサードリンク

ラジエーションハウス6話の感想

今回はIVRがテーマとなっていました。

いつも聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、同時に医療従事者は大変であることを改めて実感します。

 

今回は小さい女の子ということもあり、やはり将来を考えると開腹よりもIVRの方が適切だとは思いますが、やはり医師の意見が1番でもあること、そして患者の命も大切であることも十分わかります。

 

技師という仕事内容はこのドラマで初めて知りましたが、もう少し大変さが伝わってもいいですよね。

ドラマ内では最初毒舌に見えたたまきも優しく見えてきました。

杏も唯織に歩み寄ってきたように見えます。

個人的にはこのドラマ面白くて毎回楽しみに見ています。

 

 

「ラジエーション」視聴率は?

6話の視聴率は13.2%です。
 
  • 1話視聴率:12.7%
  • 2話視聴率:12.3%
  • 3話視聴率:11.5%
  • 4話視聴率:9.1%
  • 5話視聴率:10.8%
  • 6話視聴率:13.2%
  • 7話視聴率:
  • 8話視聴率:
  • 9話視聴率:
  • 10話視聴率:

今すぐラジエーションハウスを無料で視聴したい場合はこちら▷

「ドラマ名」1話から最終話までのまとめ

ドラマ「ラジエーションハウス」は、

フジテレビ系列で、2019年4月8日(月)から放送スタート!

  • 原作:横幕智裕
  • 作画:モリタイシ

2015年より「グランドジャンプ」から掲載スタートし、現在も連載中の漫画「ラジエーションハウス」の実写化ドラマになります。

 

平成最後の月9ドラマということで豪華キャストのそれぞれの役柄にも注目が集まります。

 

 

まとめ

 

今回は今まであまり目立っていなかった悠木が大活躍していました。

あまり意見は言う方には見えませんがIVRの知識量は膨大でした。

 

鏑木先生ですが、大好物のカキと,綺麗な女性のアプローチを断ってまで病院に戻った責任感は素晴らしかったです。

 

チーム力もよりまとまってきているので毎回見逃せない展開となっているのではないでしょうか。