パーフェクトワールド3話のネタバレ感想!晴人(松村北斗)がレンタル彼女利用?相手はつぐみの妹!?

スポンサーリンク

4月からスタートしたドラマ「パーフェクトワールド」。

 

「晴人がレンタル彼女で相手はつぐみの妹!?」

「長沢さんが樹にキス!?」

「是枝我慢の限界!?」

 

見どころ満載の3話で、松村北斗演じる晴人がレンタル彼女を利用するが、障害を受け入れてくれる相手は少ないと感じる心境が現れています。

 

空元気を見せる晴人があまりにも切なく、涙が止まりません。

 

3話についてネタバレ感想をまとめました。

 

「パーフェクトワールド」3話ネタバレ(あらすじ)

自分の幸せために、つぐみ(山本美月)を犠牲にはできないと、一度はつぐみの想いを拒絶した樹(松坂桃李)。しかし、すべてを受け入れると覚悟を決めたつぐみに、樹はあきらめたはずの恋愛をもう一度してみようと思い直す。晴れて付き合うことになった2人は、江の島へ出かけたり、樹の部屋で休暇の予定を相談したりと、恋人らしいデートを重ねる。一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)は、初恋を実らせたつぐみを祝福するが、内心では大きなショックを受けていた。

その頃、カフェで待ち合わせをしていた樹の後輩の晴人(松村北斗)。すると、そこに現れたのはつぐみの妹のしおり(岡崎紗絵)だった…。迎えたゴールデンウィーク、つぐみとしおりは樹の車で長野へ帰ることに。その車中、しおりは、つぐみが樹と付き合っていることを父・元久(松重豊)が知ったら…と懸念するが、つぐみは市役所の福祉課に勤めていた父なら応援してくれるはずだと楽観的。とりあえず、今回は両親へのあいさつは見送ることにした2人だったが、実家に到着すると、元久と鉢合わせ。樹は窓を開けてきちんとあいさつするが、元久は、車から降りなかった樹を礼儀知らずだと一刀両断。その言葉にひっかかった、つぐみは思わず、樹が車いすに乗っていることや、最近付き合い始めたことを打ち明ける。すると、しおりの予想通り、元久は大激怒。母の咲子(堀内敬子)もまた、つぐみの将来を心配する。翌日、樹とつぐみは美姫(水沢エレナ)に呼び出されて公園のカフェへ。そこには、洋貴も来ていて、同級生4人は懐かしい話に花を咲かせるが、父親のことが気になるつぐみの表情はどこか浮かない。洋貴もまた、車いすの樹をかいがいしく世話するつぐみを、複雑な思いで見つめていた。東京へ帰ってくると樹の部屋にはヘルパーの葵(中村ゆり)がいた。つぐみを見るなり、明らかに顔を曇らせていく葵。樹の苦悩を見てきた葵は、付き合う覚悟ができているのか、つぐみに強く詰め寄っていき…。

引用:カンテレ

 

スポンサードリンク

鮎川くん×つぐみ×是枝の関係

 

冒頭で鮎川君とつぐみは江の島でデートをしていました。

行く先のレストランでバリアフリーを気にしながら行くのも・・・

ということでつぐみはお弁当を作って持っていくことに。

こういう何気ない気配りが出来る女性って素敵ですよね。

 

この考えは妹のしおりには伝えますが、鮎川くんにはもちろん伝えていません。

つぐみは「お弁当作ってきたんだ~」と、さらっと言っていたので心から素敵だなと思いました。

つぐみもきっと鮎川くんの傍にいることで自然と寄り添うような形になっていったんだと思います。

江の島でのデートも初々しくて可愛かったです。

 

一方でつぐみとしおりが住む家に何度も足を運んでいる是枝。

是枝はつぐみのことが気になっていますがつぐみは気づいていません。

そのためつぐみは鮎川くんとの出来事えお是枝に話してしまうんです。

 

「今日鮎川くんとどこどこに行って~」

「鮎川くんとこんなことがあったの」

 

是枝からしたら切ないですよね・・・

まあ気持ちも知らないつぐみにもちろん悪気があるわけではないですが、是枝の話を聞いている時の表情もとても切なかったです。

 

でもよく考えたら自分が好意を持っている人の彼の話ですから、誰でもそうなってしまいますよね。

ドラマの最後で是枝は鮎川くんにライバルであるかのような発言をしていました。

 

是枝は「鮎川とつぐみが付き合う前からつぐみのことは知っている。」と。

それを聞いた鮎川くんは呆然としていました。

今後、この2人はつぐみとどうなっていくのでしょうか。

 

スポンサードリンク

つぐみの家族

 

鮎川くんの運転で故郷の長野に帰ることにしたつぐみとしおり。

車中でも鮎川くんとつぐみの間にしおりが入ることで、鮎川くんはつぐみの父が厳しいことを知ります。

 

最初しおりは間に入ってうるさいな~と思ってしまいましたが(笑)

つぐみはあまり家族のことを言うタイプではないのでこれはよかったですね。

 

つぐみは喘息持ちだったことからお父さんはつぐみに過保護であること、心配性であること・・・

そのことから交際を始めたばかりということもあり、つぐみのお父さんへの挨拶はまだしないということになりました。

 

ですが実家へ送り届けたとき偶然お父さんに会ってしまったのです。

鮎川くんは運転していたこともり車から降りずに挨拶をしていましたが、これがお父さんからすると礼儀知らずだ!という風に思われてしまったのです。

 

鮎川くんもこのことは気にしていました。

ですがお父さんも車に乗って運転している姿だけでは車いすかどうかもわからない、つぐみもまだ交際していることも伝えてないため彼が車いすであることも伝えていない・・・

 

この辺りは非常に難しいです。

つぐみの母は応援はするけど気持ちだけではどうにもならないこともある、覚悟がそれなりにいるのよ、と話していました。

 

ですがつぐみの父は話もろくに聞かず反対だ!と頑固っぷり・・・

 

お母さんもお父さんに手を焼いているシーンもありました。

あれはため息もつきたくなるお母さんに同情してしまいます(笑)

 

長沢さんのお姑感

 

故郷から自宅に戻ると、そこにはヘルパーの長沢さんがいました。

ここでも長沢さんアピールが凄かったですね。

 

「樹くんを1番知っているのはわたし」

「彼はもう恋愛しないって言っていたのよ」

・・・と、まるでお姑さんのよう。

 

昔話を持ち掛けるもつぐみは「彼から聞いたので知っています」と結構強めに言っていました。

つぐみって結構おしとやかというか、あまり自分から強くいくかんじには見えませんが長沢さんには結構強めなんですよね。

 

ライバル意識があるのでしょうか。

この辺りに関して長沢さんも嫁いびりみたい・・・と発言していたので自覚はあるようなんです。

 

元々看護師ということもあり鮎川くんが入院中にお世話をしていたので覚悟が必要だということを、つぐみに理解していほしいのもわかります。

やはり中途半端な気持ち両者にもよくないですもんね。

 

ですがつぐみは気が利いてかわいいし鮎川くんともお似合いで・・となると、つい強めに言ってしまうのかもしれません。

長沢さんが鮎川くんの合鍵を持っていて自由に出入り出来ることに対しても、つぐみはよく思っていませんでした。

 

そこは鮎川くんからひと言なにか欲しかったですよね~

つぐみに言われるまで悪気がないようなかんじでした。

 

「パーフェクトワールド」3話感想

 

今回は是枝と長沢さんがぐっと前に出てきたような回でした。

是枝は鮎川くんに対してライバル意識があり、長沢さんもつぐみに敵対心があり・・・この4人の関係がどうなっていくのか注目したいと思います。

 

また、しおりがカフェで待ち合わせをして鮎川くんの後輩の晴人とデートをしていたシーンもありましたが、こちらは普通のデートではなく「レンタル彼女」としてでした。

 

晴人は義足であることを隠していましたが、しおりに義足が見えてバレてしまい、しおりはかなり引いていました。

 

鮎川くんのことも無理だと言っていたので車いすの人と付き合うことに抵抗があるのかもしれませんが、いつか普通に付き合うようになるのかな~と勝手ですが予想しています。

 

 

まとめ

今回パーフェクトワールド3話についてまとめてみました。

原作はあるものの少し内容が違うので、ドラマでもまた楽しめるかと思います。

今後4人の展開、しおりと晴人はどうなるのでしょう。

4話は晴人の苦悩が描かれます。

村松北斗さんの感情むき出しの演技に注目です!!!