「パーフェクトワールド」ドラマのキャスト・あらすじ・放送日・主題歌は?是枝とつぐみの恋は障壁だらけ!?

スポンサードリンク

2019年の4月から始まるドラマ「パーフェクトワールド」では、W主演である松坂桃李と山本美月が抜擢されました。

実話を基にした今春注目のドラマですね。

あらすじやキャスト・原作や見所ポイントをご紹介していきます。

「パーフェクトワールド」あらすじは?

高校時代にバスケットボール部のエースで活躍していた主人公の鮎川樹(あゆかわ  いつき)

 

イケメンで性格も良く好青年でモテモテでした。

 

ヒロインの川奈つぐみ(かわな つぐみ)は、樹と高校の同級生です。

 

樹のことが好きでしたが、彼女がいたので諦めていました。

 

そんな2人が社会人となり、仕事の飲み会で再会します。

その再会で車いす生活をしている樹を見てつぐみは驚きました・・。

 

樹は大学3年生の時に事故に遭ってしまい脊髄を損傷し下半身が不随になった状態に・・・

 

しかし、困難を乗り越え高校生の頃からの夢だった建築士になりバリアフリー住宅の設計の仕事をしています。

 

一方、つぐみは絵が好きで美大を目指していました。

 

しかし、自信を無くし受験することさえも諦め、インテリアデザインの会社の事務をしています。

 

2人は建築士とインテリアデザイン事務所という仕事がきっかけとなり、再会したということです!

 

 樹とつぐみが職場の飲み会をきっかけに偶然再会し、2人は次第に惹かれ合っていくものの、親の反対やライバルの出現、病気やケガなどのさまざまな問題に直面していきます。

ドラマ「パーフェクトワールド」原作はあるのでしょうか?

 

原作は、女性コミック誌「Kiss」(講談社)に連載中の作品です。

作者は有賀リエさんで、累計部数は170万部を超えている大ヒット漫画です。

 

障がい者と健常者が恋愛するということを、丁寧に描いた作品が「パーフェクトワールド」です。

 

少女漫画ということでフィールドが決まった中でのこの内容ですが、口コミも多く、実際に読まれた方からの評価もとても高い作品です。

 

 

作者の有賀リエさんは、実際に脊髄損傷して車椅子生活を送っている方に取材をされています。

 

空想ではなく、実在する人物のリアルな葛藤を作品に入れることで、読者の共感を呼ぶことになっているのではないのでしょうか。

 

健常者が知らなかった脊髄損傷で生きていくことの大変さ、障がい者への理解を深める内容でもあるかと思います。

 

映画版との設定の違いは?

映画では、樹役の岩田剛典とつぐみ役の杉咲花の年齢差が10歳だったことで、漫画とは違い高校の先輩と後輩という設定でした。

 

ドラマに関しては樹役の松坂桃李と、つぐみ役の山本美月は年齢差が3歳ということで、原作である同級生としても違和感がありません。

 

映画よりも放送時間を長く確保できるので、映画では放送されなかった細かなやり取りや、エピソードはより濃いものになる可能性が高いですよね♪

 

期待しても良いのでは? これが正直な感想です(^^

 

放送開始日は?

放送開始日
  • 2019年4月16日スタート
  • 毎週火曜日 21時~放送
  • フジテレビ(関西テレビ)で全国放映
  • 初回は20分拡大で放送決定!

 

 

 

注目の主題歌は誰の曲?

主題歌・挿入歌共に未発表です。

発表後に更新します。

 

パーフェクトワールド」出演キャストは?

 

主人公の鮎川樹は松坂桃李さんが演じます

今作では連続ドラマ出演作として純粋なラブストーリーに挑戦するのは初めてだそうです。

 

「ハンディキャップを背負いながらのラブストーリーなので、リアルさとハンディキャップを抱えた生活ならではの葛藤や共感も丁寧に描ければいいなと思っています。」

とコメントされていました。

 

原作のモチーフとなった建築士の阿部さんにお会いし、どのような生活を送り、どのように仕事をされているのか実際に拝見したそうで、役作りへの思いの強さを感じます。

 

初めてのラブストーリーに初めての役どころなど、どう展開していくのか目が離せませんね!

 

 

ヒロインの川奈つぐみは山本美月さんが演じます。

 

「原作を読んで、人を愛する心をまっすぐに表現している作品だと思いました。樹の障害を通して、私自身知らなかったことがたくさんあり、とても考えさせられました。」

とコメントされています。

 

お2人が共演されるのは今回が初めてですが、切ない純愛にも注目したいですね。

 

 

恋のライバル是枝洋貴(これえだ ひろたか)を演じるのは瀬戸康史(せと こうじ)さんです。

 

「僕が演じる是枝は、内なる炎は燃えたぎっているのに恋に関して積極的にいけない、そして人に寄り添う事のできる優しい人物です。しかし彼の中にも攻撃的な部分はあり、人として醜い部分も垣間見えてきます。そこに人間味を感じるので僕は好きです。そういった部分をしっかり演じていくことで、30代前後という大人だけれど、まだどこか幼い中途半端な年齢ならではの恋愛模様が描けるのではないかと」

このように熱いコメントが。

 

樹の恋敵とされていますが、つぐみと幼馴染であるが故に「好きだ」と告白に踏み切れない心情には、多くの共感が寄せられています。

 

 

長沢葵役は中村ゆり

突然の事故で車いす生活となった樹、自暴自棄の樹を身体的にも精神的にも支え続けた恩人とも呼べるヘルパー

 

 

渡辺晴人役は松村北斗(Six TONES)

渡辺設計事務所で働く後輩で、樹とは10年来の友人。

 

 

雪村美姫役は水沢エレナ

樹の元恋人で樹との関係に未練が!?

 

 

渡辺剛(わたなべ )役は木村祐一

樹の良き理解者である渡辺設計事務所の代表

 

 

東美千代役はとよた真帆

つぐみの勤務先のインテリアデザイン事務所「クランベリーズ」の代表

 

 

鮎川文乃役は麻生祐未

樹の母親。障碍者となった樹のこと誰よりも心配する。

 

 

川奈元久役は松重豊

つぐみの父親。とにかく娘を溺愛しており、障碍者である樹との恋には猛反対する。

 

 

川奈咲子役は堀内敬子

つぐみの母親。樹に恋するつぐみを陰ながら応援する母親の心境の表現に注目です。

 

現在発表されているキャストは以上です。

 

 

発表があり次第、追記していきますね。

二人の恋の行方は?

2人は次第に惹かれ合っていくものの様々な困難があります。

親の反対、恋敵の出現、など越えなければならない壁はたくさん・・

 

「相手を幸せにしたい」と強く思えば思うほど、大切にしようと思うがゆえに相手を傷つけてしまったり、想いとは裏腹な行動をとったりしてしまうことも・・・

 

それを乗り越えたとき幸せに向かっていくのではないのでしょうか。

 

「パーフェクトワールド」は過去に映画化されたこともあります。

 

映画1本分の時間が約2時間だとして、ドラマは1本分1時間で平均10話と見たときに5倍の時間差があるので、ドラマでどのように描かれるか楽しみですね。

 

原作ですでにある内容を濃く描いていくのか、新たにストーリーを開拓していくのか目が離せません!

是枝洋貴はどのように描かれるのか?

是枝洋貴(これえだ ひろたか)は、つぐみの高校時代の同級生でつぐみに思いを寄せていた人物です。

 

しかし、高校時代には告白できず東京で生活を送っていましたが、つぐみと再会する日が来ます。

 

再開がきっかけとなり、告白できなかった思いが再び燃えあがり猛アプローチの末、つぐみと付き合うことになります。

 

しかし、つぐみの思いは樹にあることは間違いなく・・・。

 

儚く切ない微妙な心情の変化をドラマではどのように映し出すのか。

 

 

脇役ではないですが、ドラマのアクセントとなるのは間違いないでしょう。

 

瀬戸さん演じる是枝の登場は注目ポイントの一つだと思います。

まとめ

4月から始まるドラマ「パーフェクトワールド」。

 

普段、健常者が何気なく行うことも車いすになったら大変なことが沢山あります。

普段気づけなかった、普段知ることがなかったこと、これらをこのドラマから学べることは多いのではないでしょうか。

 

恋の行方はもちろんライバルが出現するのか、2人の思いは叶うのか見どころ満載なドラマになっており、期待値は増すばかりですね♪