大人の恋愛ドラマランキング!【日本版】味わい深い大人の魅力満載!

大人の恋愛ドラマっていいですよね~♪

大人の男女の恋愛、ドキドキハラハラしながら見てしまうものです。

日本で放送されたドラマ作品の中から大人の恋愛ドラマのおすすめをランキング形式で10作品選びました。

味わい深い大人の魅力が満載の日本の大人の恋愛ドラマランキングです。

是非参考にしてください♪

大人の恋愛ドラマ【日本版】おすすめランキングTOP10!

大人の恋愛ドラマをランキング形式にしてまとめました!

大人の恋愛ドラマ第1位:やまとなでしこ

あらすじ

2000年の現代女性にとって、清らかさとは何か?美しさとは何でしょう?ここにある意味で現代のやまとなでしこがいます。類い希なる美貌を持ち、教養もあり、仕事もこなし、一見非の打ち所のない女性。その上彼女の職業はスッチー。こんな彼女ですが、幼い頃、極度の貧乏生活を経験し、貧困と闘ってきました。その結果彼女は「世の中で一番大切なもの・・・それは・・・お金である」という哲学を身につけてしまいました。

2000年秋の“月9”は、現代を生きる私たちが忘れかけている、本当に大事なものは“何か”を教えてくれるロマンティック・ラブコメディです。

引用:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/nadesiko/

みどころと評価

この時代の結婚相手に求める条件は三高!三高って何?高学歴・高身長・高収入のことです。

その世相を反映した恋愛ドラマが「やまとなでしこ」でした。

高収入の男性との出会い、結婚だけを夢見て、ひたすら合コンを繰り返すスチュワーデスの神野桜子が出会ったのは、自分の理想とは正反対。

多額の借金がある魚屋の中原欧介でした。

しかし桜子はいつしか欧介に惹かれていきます。

この2人のラブストーリーは世間の注目を集めて、最高視聴率は34.2%の大ヒット作品になりました。

とにかく松嶋菜々子さんが美しくて可愛かったですね。

大人の恋愛ドラマ第2位:東京ラブストーリー

あらすじ

四国から上京してきたサラリーマンの完治(織田裕二)と同僚女性(鈴木保奈美)、完治の高校時代親友でプレイボーイの医学生(江口洋介)、同じく2人の親友であり完治が長年憧れていた女性(有森也実)の恋愛を描いた連続トレンディドラマ。

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B083PSFJ11

みどころと評価

90年代に大ヒット、知らない人はいないというほどのドラマでした。

今でも色あせず多くのファンがいる日本を代表する恋愛ドラマです。

優柔不断で真面目な会社員・永尾完治と同僚の赤名リカを中心に描く若者たちの切ないラブストーリー。

最高視聴率は32.3%を記録しました。

「セックスしよう!」「カーンチ!」というリカの放つ明るいセリフを真似する人も多かったですね。

小田和正さんが歌う「ラブストーリーは突然に」も大ヒットしました。

不朽の名作と言っても過言ではないドラマですね!

大人の恋愛ドラマ第3位:昼顔~平日午後3時の恋人たち~

あらすじ

平日に夫を送り出した後、別の男性と恋に落ちる“平日昼顔妻”をテーマに、2人の主婦の姿を描き出す。主演のパート主婦・紗和役に上戸彩。紗和を不倫に導く利佳子役に吉瀬美智子を配し、それぞれ斎藤工演じる高校教師、北村一輝演じる画家と関係を結ぶ。脚本は「緊急取調室」(’14年、テレビ朝日系)の井上由美子。

引用:https://thetv.jp/program/0000859181/

みどころと評価

「午後3時、私は妻を脱ぎ捨てる」というドキッとするようなドラマに上戸彩さんが挑戦して話題になりました。

普通のどこにでもいる主婦達が、平日の午後の3時に不倫をする、禁断の恋に溺れていくドラマです。

“不倫は悪” とわかっていても、ドラマの中だけでは刺激的な恋愛をしてみたい。

そんな女性達の願望が人気に火をつけたのかもしれません。

上戸彩さんと斎藤工さんのラブシーンはいやらしさを感じず美しいと話題になったほどです。

まさに大人の恋愛ドラマの代表作ですね!

大人の恋愛ドラマ第4位:101回目のプロポーズ

あらすじ

婚約者・真壁芳之(長谷川初範)を交通事故で亡くしたチェロ奏者・矢吹薫(浅野温子)は、3年経った現在も彼を思い続けており、時には涙することもあります。そんな彼女を心配した母親は、半ば強制的にお見合いをセッティングしました。

その相手とは建設会社に勤務している星野達郎(武田鉄矢)で、真面目だけが取り柄の冴えない中年サラリーマンの彼は、今まで99回のお見合いを全て断られていました。

達郎は薫の言葉に期待するのですが、彼女の返事は……。

引用:https://doraemon-dbp.com/101st-propose/

みどころと評価

会社員の星野達郎(武田鉄矢)は過去に99回のお見合いをしても全て失敗に終わっている冴えない男。

3年前に交通事故で婚約者を亡くし、恋愛に臆病になっている矢吹薫(浅野温子)と出会う。

美女と野獣のような見た目の2人が紡ぎだす恋愛模様を描いたドラマです。

「僕は死にません。」というセリフは当時の流行語大賞にも選ばれました。

今も語り継がれる伝説のドラマですね。

大人の恋愛ドラマ第5位:Around40

あらすじ

“アラフォー”と呼ばれ、人生の分岐点を迎えた40後の女性たちの恋愛や結婚、仕事など等身大の姿を通して新たな“女性の幸せの形”を描く。人生の分岐点に立ち、結婚や出産に悩む39歳で独身の精神科医・聡子と聡子の勤務する病院に赴任してくるちょっと不器用な臨床心理士・恵太朗と巡るウーマンライフドラマ。

引用:https://thetv.jp/program/0000004071/

みどころと評価

「アラフォー」という言葉は今では当たり前のように使っていますよね。

実はこのドラマの「Around40」からできた言葉です。

アラフォーの精神科医・緒方聡子やその友人たち、アラフォー女性の苦悩と葛藤を描いた恋愛ドラマです。

シリアスな場面もありますが、全体的にコミカルに描かれていて楽しく見ることができるドラマです。

世の中のアラフォー女性に元気をくれたドラマです!

大人の恋愛ドラマ第6位:ロングバケーション

あらすじ

売れないピアニスト・瀬名の部屋に花嫁姿の南が駆け込んできた。結婚式場に現れない花婿の朝倉を訪ねてきたがすでに別の女と逃げた後で、いたのは同居人の瀬名だけ。動揺する南は式に身代わりとして出てくれないかと瀬名に頼むが、あっさり断らてしまう。結婚を機に新生活をスタートさせるつもりだった南は一転、行くあてがなくなり瀬名の部屋を再び訪問。2人の奇妙な同居生活がスタートする。

引用:https://thetv.jp/program/0000005215/

みどころと評価

1996年に放送されたこのドラマは第1話の視聴率が30%を超えた大人気の恋愛ドラマです。

最高視聴率は36.7%(最終回)でした。

今でも多くのファンがいるドラマです。

山口智子さんと木村拓哉さんの掛け合いがとってもいいんですよね。

二人が徐々に距離を縮めていくところに夢中になった方が多いのではないでしょうか。

当時は「月曜日はOLが街から消える」と言われたほどで「ロンバケ現象」という社会現象を巻き起こすほどでした。

「これを超える恋愛ドラマはないなぁ」と思っている人が多いかもしれません。

大人の恋愛ドラマ第7位:美女か野獣

あらすじ

鷹宮はアメリカのテレビ局で活躍する敏腕記者。最近、視聴率が低迷している日本の放送局・JBCに請われ看板ニュース番組のチーフ・プロデューサーに就任する。同じころ、バラエティ班から問題ディレクターの永瀬が同番組に異動に。強気の鷹宮は3か月で視聴率を上げること、役に立たない人間をクビにすることを明言。鷹宮は影の薄い鶴巻に目をつけるが、永瀬は鶴巻を弁護する。やがて知事選が始まり、鷹宮は当選確実の現職知事の関係者をゲストに集めるが、予想外の事態に振り回される。

引用:https://thetv.jp/program/0000000274/

みどころと評価

松嶋菜々子さんと福山雅治さんという 2大スターの初共演で話題になりました。

2人は性格や価値観が正反対。

でもそんな2人が徐々に距離を縮めていくという恋愛ドラマの王道のストーリーです。

全体を通してラブコメの要素もあって、笑いあり涙ありの恋愛ドラマです。

美男美女の2人のラブシーンは安定感たっぷりでした。

安心して楽しんで見られる大人の恋愛ドラマですね。

大人の恋愛ドラマ第8位:ラストシンデレラ

あらすじ

女性であることを忘れてしまうほど、なりふり構わず仕事に没頭する現代の女性たち。そんな彼女たちの中には、過労やホルモンバランスの崩れから髪の毛が薄くなったり、男性のような濃いヒゲが生えてきたという人も見られるという。

『ラスト・シンデレラ』は、そんな不器用だけど、パワフルにエネルギッシュに頑張る「おやじ女子」たちの姿に迫り、現代女性の姿を赤裸々に描いた作品となる。

引用:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/Last_Cinderella/

みどころと評価

仕事一筋に生きてきた主人公は、久しく恋愛をしていないせいか、あろうことかヒゲが生えてしまう。

そんなオス化した主人公を演じるのは篠原涼子さん。

恋愛モードのスイッチを入れたアラフォー女は15歳も年下の男性と付き合うことになるのです。

お相手役には三浦春馬さん。

主人公の同僚を藤木直人さんが演じました。

やがて三角関係になっていく展開が観ていてドキドキしました。

ヒゲが生えてもお美しい篠原涼子さんが大人の女という感じでとても良かったですね!

大人の恋愛ドラマ第9位:Beautiful Life~ふたりでいた日々~

あらすじ

美容師の柊二はバイクで図書館に向かう途中、交差点で赤いスポーツカーの女に出会う。お互いいい印象を持たなかったが、柊二はその女性が車椅子に乗っていることを知る。彼女は図書館でキビキビ働く杏子だった。杏子は、車椅子に乗る自分を特別視しない柊二にかすかな好感を持ち、柊二も純粋で柔らかな心をもつ杏子を見て、忘れかけていた何かを取り戻していくような気がしていた。

引用:https://thetv.jp/program/0000001450/

みどころと評価

平均視聴率が32.3%という驚異的な記録を持つドラマです。

放送から30年経っても多くのファンがいるドラマですね。

腕はあるのに人気のない美容師の柊二を演じるのは木村拓哉さん。

難病で車いす生活をしている杏子を演じるのは常盤貴子さん。

2人の切ないラブストーリーです。

2人が恋をしている場面はキラキラしていて本当に素敵です。

それだけに、最終回で亡くなった杏子に化粧をほどこす柊二の姿は涙なしでは見られません。

何度でも繰り返し見たくなるドラマです。

大人の恋愛ドラマ第10位:大恋愛~僕を忘れる君と~

あらすじ

このドラマは、若年性アルツハイマーにおかされる女医と、彼女を明るく健気に支え続ける元小説家の男の、10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー。本作は、数々の人気ドラマの脚本を手掛け、“ラブストーリーの名手”と称される大石静が描く完全オリジナルドラマです。
主人公の恋人役には連続ドラマでの本格ラブストーリー初出演となるムロツヨシを迎え、金曜の夜を彩るにふさわしい至極の恋愛ドラマをお届けします。

引用:https://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/intro/

みどころと評価

元小説家の真司(ムロツヨシ)と若年型アルツハイマー症に侵された女医の尚(戸田恵梨香)のラブストーリー。

アルツハイマーに侵されて、次第に大切なものを忘れていく尚の悲しみ。

そんな尚を一途に思い続ける真司の姿が切なくなります。

でも、2人が一緒にいるシーンは2人の掛け合いが本当に面白くていいんですよね。

最終回は涙なしでは見ることができません。

2人の純愛を描いた大人の恋愛ドラマです。

大人の恋愛ドラマおすすめランキング!まとめ

日本の大人の恋愛ドラマ作品のおすすめをランキング形式で10作品まとめてきました。

ハラハラドキドキの大人の恋愛ドラマ。

味わい深い大人の魅力がたまらない作品ばかりですよね。

是非お気に入りの作品を見つけてくださいね!