俺スカ最終回の予想は涙の卒業式?病気のぶおのラスト結末とは?

スポンサードリンク

 

4月に始まったドラマも、ついに終わりを迎えるこの時期…

「俺のスカートどこ行った?」も、ラストは卒業式の回かなー?なんて、単純に思ってたけど…のぶお、卒業式やらないの!?やりたいことノートに書いてたよね?と、次回予告を見て、びっくりした視聴者も多かったはず!

やっぱりラストも一筋縄ではいかない!?結末を予想しちゃいます!

俺スカ最終回10話のあらすじは?

原田先生は「他にやりたいことがあるから」と言って、豪林館学園高校を去ります。

原田先生が退職した後、2年3組の生徒たちは「ある提案」を始めます。

それは、原田がやりたいと言っていた卒業式をやろうという提案。

のぶおの体調も考えて、2年3組だけの「早めの卒業式」を行うことになります。

原田先生にそのことを伝えたいと、長井先生に相談した東条。

のぶおの家に案内されると思いきや、案内されたのは病院でした。原田先生は入院していたのです。

「卒業式に来てほしい」旨伝えると、「行ってあげる」と返事をもらうことができました。そして、「卒業式」当日を迎えた原田先生と2年3組の生徒は…。

原田のぶお先生が辞めるのは病気のせい?

9話のラストで「原田のぶお、学校辞めまーす」宣言をした原田先生。

先生はその理由を「やりたいことやっておこうかなと思って。」と生徒たちに伝えます。

せっかく署名活動・明智の記者会見までやって、原田先生の退職を引き留めたにも関わらず…です。生徒たちも驚きを隠せません。

のぶおは、本当にまだ叶っていない夢を実現するために、辞めるのでしょうか?

それとも、別の理由があるのでしょうか?

もし、別の理由があるとしたら、「病気の進行」が一番考えうる理由かなと推測されます。

のぶおが謹慎処分を言い渡されたとき、「ちょうどいいわ。病院にも行っておきたかったからね」と言ったり、長井先生がのぶお宅を訪れた時にも「その体が大変なんだけどね」と言っていたので、病気の進行が著しく進んでしまっているのではないか…と。

やりたいことノートには「生徒に卒業証書を渡す」という言葉が記されていました。だからこそ、真意は別のところにあるのではないかと思えるのです。

原田先生の状態を知っている今、そのセリフを聞いた生徒たちは、先生を思うあまり「辞めないで」とは言えない…原田先生はそれも想定に入れながら、教壇に立てなくなる前に、自ら去ることを決めたのではないかとも推測しています。

>>>俺のスカートどこ行った全話無料で見る方法はこちら

のぶおが叶えていないやりたいことは?


原田先生は、学生時代に大好きだった先生が亡くなる前につけていた「死ぬ前に成すべきことノート」に倣い、死ぬ前にやりたいことノートというものをつけていました。

そこには、原田先生が亡くなるまでにやっておきたいことが書かれていました。

探偵、ボクシング、ウエディングドレスでバージンロードを歩く、学校の先生など…実現したものには済みマークが押されています。

このノートを心の支えにしていたおかげもあってか、のぶおは医者から伝えられていた余命よりも長く生きることができています。

「本当なら今年の春までって話だったのよ。目標ができたからかしらね。目標があるから、私 当分 死なない。余命さえも ガ~ン!と延ばす」と、のぶおは心配する生徒をよそに明るく振舞います。

 

「あのノートに書かれてること全部やるまで、生きられるんじゃないかと思ってる。全部やり切るまで 生きるんで、そこんとこ よろしこ」と気丈にいっていた姿がとても印象的です。

 

やっておきたいことノートには、たくさんの「希望」が書かれています。

宇宙に行きたい。

安室ちゃんとマドンナにも会いたい。

雲の上にあるテラスカフェでお茶も飲みたい。

馬車で川沿いを走りたい。

大統領に会ってみたい。

象使いの免許が欲しい。

ボウリングで300点 取りたい。

娘の花嫁姿が見たい。

ありがとう。

いっぱいあるのよやりたいこと 私。


そして今は「私のクラスの生徒たちの卒業式が見たい」…と。

>>俺のスカートどこ行った全話無料で見る方法はこちら

 

2年3組だけの卒業式!ラスト結末の予想

ちょっと早めの、2年3組だけの卒業式をしようということになります。

「卒業式」は本来なら、先生たちが生徒を見送るものですが、2年3組オリジナルの卒業式は、「生徒たちが先生を見送る」卒業式にするのでは?と筆者は見ています。

それは、やりたいことをやるために学校を去るという原田先生へのエールであり、生徒たちができる優しさの形なんだと考えるからです。

好きなことは好きなのよ!好きなようにやればいいわと語った先生への、生徒なりの恩返しの形なのではないかと…その気持ちを贈るのではないかと思います。

そして、いずれは来てしまう「永遠の別れ」に対しての見送りも含まれているのではないかと思います。

8話の最後で、明智とのぶおは「賭け」をしました。

「卒業式の前に死んだら、のぶおの負け」「生徒が卒業したら、のぶおの勝ち」で、のぶおが勝ったら、生徒全員で、のぶおのやりたいことを叶えるという賭けでした。

早めの卒業式を行う=「生徒全員」卒業=のぶおの勝ち!とし、のぶおのやりたいことをみんなで叶えてあげるのではないかなとも予想しています。

>>>俺のスカートどこ行った全話無料で見る方法はこちら

まとめ

一緒に過ごしてきた日々で感じた、原田先生の優しさ、器の大きさに触れた生徒たちは、どのような卒業式を原田先生にプレゼントするのか?

そして、原田先生は最後の授業でどんな言葉を生徒に「伝える」のか。

どんなラストにせよ、涙、必至になることは間違いなし!

もう「お疲レインボー」が聞けなくなるのかと思うと、早くも俺スカロスになりそうです。

→俺のスカートどこ行った無料お試しはこちら