ニッポンノワール1話ネタバレ!十億円事件の証拠が清春の自宅に?衝撃的な過去が判明!

スポンサードリンク

 

いよいよ注目の賀来賢人さん主演の秋ドラマ「ニッポンノワール」が放送開始されました。

「今日から俺は!!」で大ブレークした賀来賢人さんが主演するドラマに期待が高まりますよね!

1話目から衝撃的な展開でした!どんなストーリーだったのでしょうか?

ドラマの中で初めて明らかになった事実もたくさんありました。

今回は、「ニッポンノワール」の1話ネタバレをしていきたと思います。

⇒ニッポンノワール衝撃の幕開け!1話動画を見逃し無料視聴はこちら

ニッポンノワール1話のネタバレ!

ニッポンノワール1話のネタバレをまとめました。

なぜ記憶喪失に!?

森の中の山小屋で意識が戻った清春(加来賢人)は、記憶喪失のため隣で死んでいるヒロイン・碓氷薫(広末涼子)が誰なのかも分からない。

しかし、自分の手には拳銃…。

自分が殺してしまったのか、それともはめられたのか。

とりあえず半グレ集団ベルムズ元リーダー・喜志正臣(栄信)にも協力してもらい、自分の痕跡を消し去ったのです。

その直後仲間から事件の連絡があり、さっきの現場に戻ることに。

現場で初めて殺害されていた女性が3カ月前に捜査一課に配属された碓氷班の班長だと聞かされる清春。

その時に3か月間の記憶がなくなっていることに気付くのです。

 

清春と碓氷薫の接点

清春と薫の接点は捜査一課の碓氷班の班長と刑事、いわゆる上司と部下の関係。

しかし、それ以前に清春が警察学校に通っているときに講師として授業をしにきたのが薫との最初の出会い。

薫は、学生の間でも話題になるくらいの美人刑事。

学生たちは誰が薫を落とせるか争っていたほど。

その学生の中には、新しく捜査一課に配属された宮城遼一(細田善彦)もいたのです。

そして、宮城はその時に清春と薫が関係があったのではないかと疑惑を抱いているのです

 

消される証拠とねつ造される証拠

薫のマンションに克喜が一人で帰ると中は何者かに荒らされていたのです。

そこに居たのは才門(井浦新)だったが、克喜の後を追ってきた清春に「俺がきたときには、すでに荒らされていた後だった」と話す。

「マンションの防犯カメラを見れば、誰がきたのか分かる」という清春に才門は、防犯カメラの映像は、すでに警察関係者が回収した後だったという才門。

そして、才門は薫のマンションに残されていた煙草の吸殻が清春が吸っていたのと同じ銘柄だと指摘。

誰かが清春を犯人に仕立てようとしているのです。

一体誰が!!

そして、自分が犯人にされてしまいかねない状況に、清春も自分のアリバイを偽装します。

喜志に頼んで、薫の死亡推定時刻に清春が競馬場にいたアリバイのフェイク動画を作ってもらったのです。

そして、喜志が清春に言われて警視庁捜査一課に取り付けた隠しカメラの映像に怪しい人物が!

例のカメラにこんな映像が…と喜志が言うと「犯人はあいつか」と清春。

警察内部の裏切り者がそこに映っていたのです。

 

碓氷薫が黒幕を知っている!

十億円強奪事件を追っていた薫。

被疑者たちは、仲間割れして全員死亡のはずなのだが、薫は納得ができなかったのです。

状況から考えても、必ず警察関係者がこの事件に関わっているとにらんで、その犯人を突き止めていたのです。

その事を薫の友人である才門は知っていました。

清春に薫が追いかけていた「十億円事件」について、黒幕はまだ捕まっていないが、黒幕はまだ10億円も手にしていないと話します。

10億円は薫が見つけ出し、別の場所に隠したと生前に才門に話していたので、黒幕に金のありかを問い詰められた末に薫は殺されてしまったのではないか、と才門の推理が重要なカギを握っていきそうです。

 

克喜の心の闇

シングルマザーで捜査一課の班長となれば、忙しくて家にいる暇はほとんどなし。

克喜も、お母さんが死んだのに冷静な様子。

「誕生日を祝ってもらった記憶がないんです…。」「母の顔も思い出せない」と清春に洩らすほど、親子で一緒にいる時間がなかったよう。

夜も一人で過ごすことが多かった克喜。

幼い心は寂しさで傷つき、自分はお母さんから避けられてると思い込んで他人に心を閉ざしていたのです。

 

警察幹部親子の謎の会話

同じころ、警視庁捜査一課理事官・本城諭(篠井英介)は娘の芹奈(佐久間結衣)に電話をかけ「あの件は大丈夫だから」と話していました。

この親子には何か共有している秘密がありそう…。

電話を終えた本城の前を名越が通り過ぎ、本庄は名越を呼び止めて、碓氷班だというのを確認して何かを話すのだった。

 

同僚の名越が裏切り者!

薫の殺害された現場に克喜の願いで連れて行った清春。

克喜は、清春に今まで誰にも言えなかった本心を話しだしました。

その話を真剣に聞く清春。2人には何か他人には分からない同じ心の傷を感じとったのかもしれないですね。

 

「人間なんて裏も表もある。相手の本心なんてわかるわけがない。でもそれでいい。

他人にどう思われるかより自分がどう思うのか。大切なのは自分の気持ち。」

清春の言葉を克喜が嚙みしめようとした瞬間、2人は何者に銃撃されます。

それは、同じ捜査一課の仲間の名越(工藤阿須加)だったのです。

名越は、本城にそそのかされていました。

「清春の家には薫殺しの決定的な証拠がある。窃盗犯にすれば家宅捜索できる」と。

薫を愛していた名越。

薫を殺害したのは清春だと思い込み、清春を殺すことにしたのです。

ハードな殴り合いを続ける2人に、克喜が発砲したことで清春が我に返ります。

 

克喜「殺したんですか?あなたが母を殺したんですか?」

清春「俺かもしれないし違うかもしれない。」

克喜「どういうことですか?」

清春「だからお前がジャッジしろ。俺は今のお前をどう慰めればいいかわからない。光はお前が作るんだ。

お前次第でこの世界はいくらでも変えられる。どんなことがあっても生きろ。這いつくばってでも明日をつかめ。

すべてはお前次第だ。」

清春は克喜を突き飛ばして銃を奪います。

「ひとつ言い忘れてた。この世界はそんなに甘くない。」

 

清春の悲しい過去

清春は幼い日を回想する。

「俺はな、生まれた時から人殺しなんだよ」と。

母さんはお前を生んで死んだ、人殺し、家畜の豚だ!と幼い清春を虐待し続ける父親。

大きくなった清春は父親に逆襲。父親を殺害してしまったかのような映像が!

そんな暗い過去を持った清春が警察学校に…。

同期の仲間すら裏切り、手段を選ばず昇進しようとする清春に同僚たちは「警視庁のガン」、南条(北村一輝)は「お前、警官に向いてない」と非難する。

そんな非難をされても清春には何てことはなかった。とにかく眼に映るものがすべて憎かったのです。

そんな清春は「禁煙しなさい」という薫の姿を思い出したのです。

 

薫は息子を愛していた!

清春「そういや思い出したよ。お前の母親の言葉。

わたしには愛する息子がいます。

その子が大勢の人たちが笑顔で触れ合える社会を作ること。それが警察官の役目だと思っています。

彼女はお前のことを愛してた。お前を守るために体を張って仕事してたんだよ。」

克喜は優しい母の顔を思い出す。そして母を失った悲しみが爆発するのです。

「おかあさーん、おかあさーん、戻ってきてよ」と。

「母親が死んだ真相を知りたければ俺についてこい。

お前次第でこの世の中はいくらでも変えられる。」

心の奥底に悲しみを抱えた似たもの同志の清春と克喜のバディが生まれた瞬間でした。

 

十億円事件の証拠品が清春の自宅に!

清春の自宅に克喜と清春と寝ている名越の3人。

清春は、名越に薫殺しの犯人を突き止めるために手を組まないかと誘います。

自宅のロッカーを開けると、グロック17という十億円強奪事件に使われた拳銃と計画書を見つけたのです。

なぜ、清春の自宅に?

その頃、本城と宮城が引き連れた武装警官たちが清春のアパートのあるビルを包囲していたのです。

清春は、捕まってしまうのでしょうか!!

 

見逃せないエンディング

エンディングに薫が夜勤をしている時にスマホに電話がかかってきて、優しい顔で誰かと話している映像が流れます。

電話の最後に泣きそうになりながら「おやすみ…」という口の動き。

もしかしたら、夜中に目が覚めて寂しくなった克喜からの電話だったのかもしれませんね。

⇒ニッポンノワールの原作ネタバレはこちら【ネタバレ注意!】

ニッポンノワール1話ネタバレ!清春の衝撃的な過去が判明!裏切りから裏切りが次々と!!まとめ

「ニッポンノワール」1話ネタバレをまとめました。

初回から、ハードな展開でしたね。

登場人物の人間関係の複雑さや隠された秘密など回を増すごとに明らかになっていきそうですね。

様々な人間の感情が交錯したストーリー展開になっていきそうで、ドキドキワクワクが止まりません!

次回はどんな秘密が明らかになっていくのでしょうか?

▼「ニッポンノワール」見逃し配信はHuluが独占配信!▼

▲14日間はどれだけ見ても完全無料▲