ニッポンノワール2話感想!才門の怪しさは真犯人おびき寄せのフェイク?

スポンサードリンク

 

「ニッポンノワール」2話も予想外の展開でしたね!

十億円強奪事件と碓氷薫殺害事件の黒幕は誰なのでしょうか?

登場する人物の関係も、様々なところで繋がっていて油断できないですよね。

2話では、才門要(井浦新)を中心にした人間関係が明らかになりました。

その人間関係がどのように絡んでいくのか楽しみですね。

また、最後に見せた清春(賀来賢人)の涙も、スゴク気になりますよね。

今回は、「ニッポンノワール」2話の感想をまとめました。

⇒ニッポンノワール2話を無料配信!全話イッキ見しても無料のサービス

ニッポンノワール2話感想まとめ!

1話とは打って変わり清春の人情味が分かった回でしたね。

前評判通り展開が目まぐるしく変わりますが、このスピード感は個人的に好みでもあります♪

2話の完全ネタバレとは別でドラマを見て感じた率直な感想をまとめました。

才門要と南武課長の思惑は?

才門要は、警視庁公安部の有能刑事。清春の刑事としての育ての親でもあります。

南武課長は、警視庁捜査一課長。曲者揃いの捜査一課を束ねるボスです。

この2人は、過去にどんな繋がりがあったのか気になりますよね~。

1話で才門を薫殺害事件の捜査に呼んだのも南武、2話で才門を捜査一課碓氷班に入れたのも南武。

南武は、才門を信頼してそういう行動をしているのか、逆に怪しんでいて試そうとして、していることなのか真意が読めませんよね。

そもそも、2人にはどんな繋がりがあるのかが気になって仕方がないです。

2話の最後に、才門が本城を脅していた犯人だったと判明しました。

南武は、この事実を知ってたのかも!?

薫が生前、十億円強奪事件の犯人を追う中で、相談していたのが才門と南武。

この2人が隠している事実がまだ絶対にあるはずです!!

才門が本城を脅していたのも、真の黒幕をおびき出す罠なんじゃないでしょうか?

それぞれの親子の愛がポイントになっていく!?

このドラマでは、愛や絆が大事なポイントになっていきそう。その愛を通して人間として成長していく様を描いてある感じがします。

2話では、元刑事で喫茶店「bonnaro」マスター・深水喜一(笹野高史)の長女が才門の婚約者だったという過去も判明しましたよね。

ここも何か悲しい過去で繋がっているのでしょうね。

克喜と薫、克喜と清春、本城親子、才門と深水親子。

不器用な愛情で空回りもするけれど、とても深い愛情でつながっている。そして、その愛情に気付いたときに人間として成長していくのでしょう。

“刑事ドラマ”の枠を超えた人間愛が、このドラマに大きい影響を与えていきそうです。

清春の涙のワケは?

清春が最後に流した涙の意味が気になりますよね。

本城を殺害するつもりはなかったのに、正当防衛で弾が心臓に命中してしまい、本城の娘の目の前で殺害してしまった…

清春が本城を撃ったきっかけも、才門に何か促されてしたこと。清春が本城を殺害してしまった事実に呆然としているときに才門が「本城にとってはこれでよかった」とその場を丸め込みました。

本城を脅していた才門にとっては、すべてを本城の責任にして、自分の存在が明らかにならないので、それで良かったのかもしれない。

しかし、清春は正当防衛だったとしても、本城を闇から助け出したかったのに、殺害してしまったという心の傷が残ってしまいますよね。

実際、自宅に帰ってからも落ち込む清春を見かねて、克喜が「清春さんは道を間違ってしまった本城さんを救おうと最後まで戦ってました。」と慰めるほどの落ち込みよう。

その言葉に「でも救えなかった」と言って泣いてるのをかくすように立ち上がる清春。

床に涙らしきものがポツンと落ちます。

それに気付いた克喜。

清春の心の優しさや心の痛みに克喜も気付きますよね。

この涙に、個人的にはビックリです。

手段を選ばず、人を裏切ることを何とも思っていないような人物のように1話で描かれていたので、今回の本城を死なせた事に対しても「仕方のなかったこと」とすませてしまいそうなのに…。

清春は、本当は傷つきやすい繊細な心と深い愛情を持っている人物なのでしょうね。

それか過去に、似たような悲しい過去を引きずっているのか・・・。

でも、殺伐とした捜査一課でそんな面をみせていたらやってはいけない。

弱さを隠すために横柄な態度や暴力で自分をたもっているのではないでしょうか。

そして、刑事として清春を育て上げた才門も、そんな清春の弱さを知っていて、わざと人間として非情なやり方を教えこんだのかもしれないですね。

そして今回も、本城を死に追いやるように導いたような気がします。

そして同じく南武もそれを知っている。

1話で南武が清春に「お前は警察に向いていない」と言ってました。

この言葉は、南武が清春の心の繊細さや優しさに気付いて、警察はそんな優しい性格ではやっていけないという事を諭していたのかもしれないです。

才門と南武は、清春にとって本当の父親のように愛情を持って接してくれている…そんな風に思いたいですよね。

2人が清春にとって味方であることを祈っています。

⇒全話見逃し配信はHulu!14日間の無料期間で初回から視聴する

ニッポンノワール2話感想!まとめ

2話のストーリーも、色々考察したくなるような複雑な人間関係と意味がありそうな映像の作り方に、思わず深読みしたくなりました。

毎回新たに判明していく事実や複雑な人間関係に、一体どのようにストーリーが展開していくのか読めないですよね。

次回の放送も、とても楽しみですね!