西島秀俊ドラマおすすめランキング!一度は見るべき15選!

その見た目の渋さと鍛え上げられた肉体からジワジワと人気が出てきた西島秀俊を知らない人はいないと思います。

最近では主演ドラマもありますが、数々の名作品に出演したのは言わずもがなですね!

そんな西島秀俊のドラマでおすすめの作品は何なのか気になりますよね?

視聴率だけでは語れない西島秀俊のおすすめドラマランキングを作ってみました。

皆さん、是非ご覧になってください。

西島秀俊のおすすめドラマランキングTOP15!

このランキングは・・・私の独断と偏見で選んでいます(笑)

その点についてはご了承ください。

第15位:ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜(2007年放送)

  • あらすじ

主人公の三沢 恭介36歳は、大阪地裁で知的財産を扱う仕事をしていました。

離島の地裁(兼家裁)・大美島支部の支部長として妻子と共に転勤します。

以前は激務に追われ、家庭は崩壊寸前だったが、今回の転勤を機に徐々に修復していきます。

島で唯一の裁判官のため、民事・刑事、ジャンルを問わず何でもこなさなければなりません。

島での二年の任期を終え、裁判官として大きく成長しました。

自らの希望で東京へ転任。東京地方裁判所で法廷に臨む恭介の姿を映してドラマは終了します。

引用元:ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜Wikipedia

みどころと評価

まずは、なんと言っても・・・西島さんが若い!

これが最大の魅力かもしれません(笑)。

しかし、このストレス社会で日々忙しい日常を過ごしているサラリーマンの皆さんには必見です。

離島というのんびりした空気で時間を過ごすと、心は穏やかになるかもしれません。

そんな日々の中で、何でもこなす裁判官として成長する過程も見逃せません。

裁判官という仕事の大変さ、そして法を司る立場を理解するのにも良いと思います。

一見、横道にそれたかもしれないがそれが成長には必要なのかもしれないと感じる所も魅力かもしれません♪

ドラミ
13年前・・・確かに若いはずだ!これは1度は見ときたいね♪

 

第14位:無痛~診える眼~(2015年放送)

  • あらすじ

医師の為頼英介には、外見を見るだけでその人が抱えている病気がわかり、犯罪者の顔にだけ表れる兆候(=犯因症)を見ることができる不思議な能力がありました。

しかしその能力を公言することはなく、普通の町医者として細々と診療を続けています。

ある日の外出中、すれ違った男の顔に犯因症が浮かび上がっているのを見た英介は、事件が起こる前にいち早く警察に通報し自らも現場に駆けつけます。

予想通り暴れはじめた男に傷つけられた義姉・井上和枝たちの救助にあたります。

その様子を見て興味をもった刑事の早瀬順一郎はやがて英介の特殊能力に気づき、自身が担当する事件の容疑者たちの顔を英介に見せるようになります。

最初は気乗りがしなかった英介も、早瀬の真剣さと押しの強さに負けて協力するようになり、英介の助言で数々の事件が解決します。

しかし早瀬は特に刑法39条が絡むと発砲したり手が出るなど行き過ぎた行為にはしり、その顔には犯因症も浮かび上がるため、英介は危うさを感じていました。

引用元:無痛~診える眼~Wikipedia

みどころと評価

凄いシリアスな内容のドラマですが、ほっこりしたシーンも話題になりました。

為頼 英介の食人が、演技を超えて本気食いしてるという意外な所で盛り上がりました。

そして、ドラマの内容から感じる難しいテーマとスリリングな内容も見どころです。

西島さんと言えば、いい意味で『ハード』な内容のドラマに持ってこい!

キャラクターそのままに、濃厚なストーリー展開になっています。

一見ウダツの上がらない医師かと思いきや、そうではなく卓越した観察眼は必見です。

そんな中で、刑法39条に何が隠されているのか明らかになっていく展開が見どころです。

ドラミ
そうなんですよ、このドラマは視聴率だけでは語れない魅力が確かにある!

 

第13位:純情きらり(2006年放送)

  • あらすじ

昭和初期、7歳になる有森桜子は、4歳のときに母親・マサを病気で亡くしてからというもの、父親・源一郎に男手一つで育てられていました。

10年後、16歳になった桜子は、周囲の反対を押し切り東光音楽学校への進学を希望します。

そんな矢先、父・源一郎が事故により命を落としてしまう。姉・笛子は進学に反対するが、父が遺してくれたピアノを極めようと没頭するのでした。

翌年、桜子は幼なじみの松井達彦とともに、東光音楽学校を受験するが不合格に終わってしまいます。

その後、桜子は岡崎に帰ろうとするが、東光音楽学校の教授・西園寺公麿に励まされ、来年もう一度受験することを決意します。

ジャズピアニストを夢見ながら、戦争に揺れる昭和の激動時代を駆け抜けるヒロイン・桜子の波乱万丈の人生を描いていくストーリーです。

引用元:純情きらりWikipedia

みどころと評価

NHKの朝ドラとして、話題になった作品です。

主演は宮崎あおいさんで、激動の昭和時代を駆け抜けたヒロインの話ですがそれだけではありません。

このドラマの大きなテーマの1つが『家族』です。

そんな沢山の登場人物の中に、出演している西島さんにも注目です。

3人の子供がいながら、無頓着な性格ですぐトラブルを起こす西島さんにないイメージなのもおすすめポイント!

そして、落ち着いた態度を見せ、周りから頼りにされているのか主演の宮崎あおいさんの信頼を勝ち取ります。

兄的な役割をする西島さんの貴重な演技も必見です。

西島さんの普段の役柄にない設定なのがファンにたまらないのでご覧になってください♪

確かに、この髪型好き(笑)、でも大らかな性格はよかったね♪

 

第12位:メゾン・ド・ポリス(2019年放送)

  • あらすじ

柳町北署の新人刑事である牧野ひよりは、念願叶って刑事課に配属されて2年目でやる気に満ちていました。

そんなある日、動画配信サイトに人が焼かれる映像が投稿されるという事件が発生します。

5年前の殺人事件とやり方が似ており、模倣犯と睨んだ捜査本部は捜査を開始する。

そんな中、ひよりは5年前の殺人事件を担当していた元刑事である夏目惣一郎がいるという高級住宅街にある古びた洋館を訪れます。

この洋館には館のオーナーであり元警察庁のキャリアの伊達有嗣、現場主義の元所轄刑事である迫田保、元科学捜査のプロである藤堂雅人、管理人として家事全般を請け負う元警務課事務員である高平厚彦、そして高平の下で雑用係を担う夏目の5名が暮らしています。

ここは退職した警察関係者のみが暮らすシェアハウスだったのでした。

引用元:メゾン・ド・ポリスWikipedia

みどころと評価

西島さんが、使用人っていう設定がまず面白かったです。

元警視庁の刑事という事で、バリバリの現場刑事ですがそれだけではありません。

なにより架空の設定ですがこの洋館がむちゃくちゃな設定で笑えます。

主演の高畑充希さんを、ベテランたちが導くサクセスストーリーが見どころです。

西島さんは最終的には逃亡?

そして、高畑充希さんは誰が敵か味方かわからなくなる展開で目が離せません。

一見、癖の強い集団と若手刑事のドラマですが、ついつい見てしまう所が魅力だったのかもしれません(笑)。

ドラミ
家具・・・見てなかった・・・Panasonic・・・CMかぁ!ファンは凄い所見てるね!

 

第11位:僕とスターの99日(2011年放送)

  • あらすじ

韓国のトップ女優と彼女のボディーガードを務めることになった独身アラフォー男の99日限定の秘密の恋を描かれました。

「いちばん近くて遠い恋」をテーマにコメディ仕立てで描いたラブストーリー。

キャッチコピーは「まさかの恋は、まさかの期限付き。」

西島秀俊にとっては民放連続ドラマ初主演作となりました。

又、2011年1月度の同枠のドラマ「スクール!!」にも出演しています。

韓国人女優のキム・テヒは日本のテレビドラマ初出演にして初主演(ダブル主演)となった事で話題になりました。

引用元:僕とスターの99日Wikipedia

みどころと評価

このドラマの最大の魅力は、やはりキャストではないでしょうか。

韓国と日本との融合ドラマ!そして西島さんの初主演!

それだけでも、興味がそそられますが、ストーリーもわかりやすい恋愛ドラマです。

韓国のトップ女優とそのボディーガードが恋に落ちるという展開はありそうな展開で胸キュンです。

何よりも、韓国ドラマの要素を多く組み込ん出るので、韓流ファンには必見!

コメディー要素もふんだんに盛り込まれている所も珍しいので貴重です。

キム・テヒのたどたどしい日本語が逆に見ている人を引き付けたのも良かったですね。

なにより、西島さんってボディーガードや刑事など人を護る仕事の役をしたら一番お似合いですね。

貴重な西島さんの恋愛主演ドラマは、ファンならずとも必見です。

ドラミ
西島さんのコメディーこれは必見ですな(笑)

 

第10位:奥様は、取り扱い注意(2017年放送)

  • あらすじ

伊佐山菜美は某国に雇われた特殊工作員という過去を持ち、島田優子という別の名前を名乗っていました。

それゆえか、ボクシングなどの格闘技の経験者とも互角以上に渡り合うほどの高い身体能力を持ち、日本語のほか複数の言語を話せます。

スパイとしての「スリルに満ち溢れた毎日」を過ごす中で、生まれて間もなく両親に捨てられたために「家族と一緒に暮らす『穏やかな生活』」に憧れを抱いていました。

やがてスパイを辞めることを決意し、ある日の中国での任務の逃走中に、川に飛び込んで自殺したかのように見せかけてそのまま日本へ帰国し、派遣社員として一流企業の受付嬢をします。

その後、合コンで知り合った伊佐山勇輝に一目惚れして結婚し、閑静な高級住宅街の光桜町で新婚生活を送る。

引用元:奥様は、取り扱い注意Wikipedia

みどころと評価

一見普通に見える奥様が、スパイだった。

一見、コメディーのようですがキャッチーな内容が見どころです。

しかし、コメディーだけではない内容があります。

それぞれ、どの家庭でもトラブルは存在するもので、そのトラブルをスパイの能力を使って解決していきます。

当然、アクションも多彩で主演の綾瀬はるかさんの見事な動きも見どころの1つです。

そして、そんな主演の綾瀬はるかさんの旦那役が西島秀俊さん。

セレブな旦那で優しい絵にかいた様な旦那さんですが、西島さんが旦那だったらいいなと思いながら見れます。

そんなコメディー&アクションドラマは見ていて楽しくなる所がおすすめです。

ほんと・・・ほのぼのシーンは何回見ていてもいいよね♪

 

第9位:大奥 第一章(2004年放送)

  • あらすじ

主演は松下由樹。他に高島礼子、瀬戸朝香らが出演。

誕生間もない大奥が後の女の戦場となる過程を描いているため、前作ほどのドロドロ感はありません。

いかにもエピソード1ものといった、後の話の伏線となる箇所が随所に散りばめられています。

第1部(第1 話 – 第4話)はおふくとお江与、第2部(第5話 – 第11話)は春日局(おふく改め)とお万を軸に物語が展開されました。

徳川家光(第3代将軍)として、西島秀俊さんも出演されていました。

引用元:大奥 第一章Wikipedia

みどころと評価

女の園、そして女の激しい闘い、そこが大奥!

あらゆるパターンの大奥が今では放送されていますが、それの元祖ともいえる大奥の第一章は必見。

第一章という事で、様々な伏線があったり非常に興味深い作品なのもおすすめです。

女の園の中でも男性は出演する。

将軍として西島秀俊さんも出演しています。

他にも、渡辺いっけいさんが2代将軍を演じたりしますが、男性はほとんど出てきません。まさに女性の世界ですね。

3代将軍の家光公として要所で出演されますが、こんな生活してみたいと思います(笑)

数々の謎めいた大奥の世界と、歴史の勉強にもなるのは間違いありません。

人間の欲望・思惑・政治にも似た駆け引きは必見ではないでしょうか。

ドラミ
イケメンの流し目・・・反則級の破壊力だね(笑)

 

第8位:MOZU Season2 幻の翼(2014年放送)

  • あらすじ

Season1のラスト、サルドニア共和国大統領暗殺が未遂に終わった空港爆弾テロ事件から半年後の話です。

倉木は妻、千尋が精鋭部隊として参加した公安の極秘裏潜入捜査グラークα作戦の真相を一人で追っていました。

なぜ6名の潜入捜査官の中で千尋だけが生還したのか、拘束されていた空白の72時間の真相を解く手がかりをロシアのスパイ、イワン・タイラーが握っていると知ります。

タイラーの正体と所在を突き止めるべくロシアのグルジブ共和国に詳しいフリージャーナリストの名波汐里に接触します。

そのころ、北海道のエネルギー施設がロシアの武装工作グループに銃撃・爆破される事件が発生する。

捜査を担当する明星。

彼女にはかつて優秀な公安警察官だった父親がいたが、高校生の時に突如行方不明になってから自宅に鳴り続ける無言電話が、実は父からではないかという疑惑に囚われていた。

引用元:MOZUWikipedia

みどころと評価

なんといっても、豪華出演陣が最大の魅力!

その中でも、西島さんが主演のドラマで、ダルマの謎に迫っていくのが話題になりました。

season1を地上波で放送して、season2をWOWWOWで放送するという新しい試みにも驚かされました。

最終的には地上波でも放送されましたが、WOWOW加入者が増えたと当時話題になりました。

そして、良い意味で西島さんらしい役柄です。寡黙でそしてキレキレの動きがぴったしです。

やっぱり・・・西島さんは刑事役が本当に向いてる!

そして、MOZUと言えば、かなりインパクトの強い映像が多く一度見たら忘れられません。

長谷川博己のチャォ!の発言もイメージが壊れていて必見です。

1度見ただけでは、理解できない本格派のドラマを堪能してみてください♪

ドラミ
確かに・・・長谷川さんのインパクトは強すぎた(笑)

 

第7位:MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜(2014年放送)

  • あらすじ

東京・銀座の繁華街で爆弾による爆発事件が起きます。

白昼の惨劇に多くの人々が巻き込まれ、警視庁公安部に所属する倉木警部の妻・千尋が犠牲になり死亡する。

計画的なテロか、誤爆なのか、倉木は妻が死んだ理由を知るべく独自に調査を開始します。

ノンキャリアで叩き上げの大杉警部補も事件を追う過程で、倉木とぶつかりながらも協力してゆくことになります。

一方、爆発事件の現場に居合わせていた公安部の明星巡査部長は、特別任務である人物を追っていた。

その人物はプロの殺し屋、新谷和彦、新谷は事件当日、サイバーテログループの幹部、筧俊三の暗殺を目的に尾行していたが、爆発に巻き込まれ行方をくらまします。

筧は爆発で死亡。新谷は地方で瀕死の状態で発見され、記憶喪失になっていた。

引用元:MOZUWikipedia

みどころと評価

これは本当にドラマなのか?映画では?と思わす規模が最高です。

謎の爆発事故で妻を亡くした倉木を演じる西島さんは、ダンディーで最高にカッコいいです。

妻を亡くした悲しみを背負ってる、男の渋みが本当に良く似合う!

そして、傷つきながらも進んでいく、姿に惚れてしまいそうです。

西島さんって・・・傷つくシーンよく似合いますよね(笑)

そして、香川照之さんがいい味をだしています。他のドラマでも共演していますが相性は抜群!

紅一点、真木よう子さんってホントアクションさせたら完璧ですね。

西島さんと真木さんのアクションシーンも必見!

ミステリー要素も強く、season1を見るとseason2まで一気に見たくなる作品です。

このドラマから、注目度が上がったのは間違いないね♪

 

第6位:流星ワゴン(2015年放送)

  • あらすじ

永田一雄は死んじゃってもいいかな、と思っていた。

仕事はリストラ・妻からは離婚・子供は受験失敗で引きこもり、地元で入院している父親を見舞に行った時に貰える交通費の余りで何とか暮らしている有様です。

その父親も癌でいつ死ぬかも分からない。父親の見舞帰りに駅で酒を飲んで酔っ払っていると、ロータリーに1台の車が停まっている事に気が付きます。

その車には5年前、偶然見た新聞の交通事故の記事で死亡が報じられた橋本親子が乗っていた。

言われるがままにその車に乗り込む一雄。そしてその車は一雄を、人生の分岐点へと連れ戻す。

降り立ったのは、仕事の途中で妻を見かけた日。他人の空似だろうと仕事に戻ろうとした所に、一人の男が目の前に現れた。一雄はその男の事を、よく知っていた。

その男は今の自分と同い年、38歳の時の父親だったのだ。

引用元:流星ワゴンWikipedia

みどころと評価

直木賞作家・重松清の大ベストセラー小説待望の映像化という所が見どころです。

そして、MOZUの勢いのまま主演に抜擢された西島さんも良かったです。

さらに、もはや毎回でてくるかのごとく登場する香川照之さんとのコンビも最高!

又、井川遥さんの色気と大人な女性の感じが凄い!

人間生きていると人生の大きな選択は何度か訪れると思います。

必ずといっていいほど、あの時あっちを選んでいれば・・・。

このドラマはその運命の選択をやり直せるドラマです。

直木賞作家が描く本格的なストーリーと後悔の人生をやり直すためのドライブがみどころです。

人生とは常に選択だと思いながら見てみると良いかもしれないですね。

ドラミ
井川遥さんって、ほんといい意味でイメージ変わったよね!

 

第5位:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋(2010年放送)

  • あらすじ

歌手の水落冴子が大量吐血で「東城大学医学部付属病院」に運び込まれます。

救命救急センターの看護師・如月翔子の判断で、神経内科病棟のVIP病室・通称「ドア・トゥ・ヘブン」への受け入れに成功していた同じ頃、田口の元には、救命救急のエース・速水晃一が医療業者「メディカル・アソシエイツ」と癒着しているという内部告発文が届いていました。

事態を重く見た田口は院長・高階に相談した末、高階の提案でこの問題を倫理問題審査委員会(エシックス・コミティ)に委任することになった。

だがエシックス・コミティは世間を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」以降、田口と浅からぬ因縁を持っていました。

田口が、エシックス・コミティへの書類作成や小児科患者への不定愁訴外来で多忙になる中、告発文を巡る問題は厚労省の白鳥の介入や、当事者の速水を巻き込んだ複雑な問題へと発展していきます。

引用元:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋Wikipedia

みどころと評価

大人気シリーズのチームバチスタのドラマですが、個人的にはこのシリーズが一番よかったです。

ジェネラルとは、将軍という意味です。

まさに、救命医療の将軍として君臨する速水を熱演したのは西島さんです。

将軍と言われるだけあって、かなりの横暴で暴君といっても過言ではありません。

それに、業者との癒着なんて・・・ひどいやつだと最初は思います。

しかし、それだけではなくルージュとは血の事です。

ジェネラルルージュとは、血だらけの将軍!

そう、何故血だらけになったのか、彼は一体なぜ癒着をしていたのかの真相に注目です。

そんな、大人気の作品は映画化もされたことでさらに話題になりました。

映画版の速水を演じたのは、堺雅人さんでした。

西島さんのジェネラルを見るには、ドラマ版を見てみましょう!

ドラミ
何考えてるかわからない、あの表情がイケメンなんですよね♪

 

第4位:ダブルフェイス(2012年放送)

  • あらすじ

麻薬密売組織に潜入する捜査官と警察官に成りすまし組織に情報を流すスパイをそれぞれ主人公とし、警察と犯罪組織が繰り広げる攻防や二人の宿命的な出会いと闘いを描きます。

西島秀俊主演の前編『ダブルフェイス 潜入捜査編』TBSで「月曜ゴールデン特別企画」されました。

そして、香川照之主演の後編『ダブルフェイス 偽装警察編』はWOWOWで放送されました。

後にTBSで放送されましたが、地上波とWOWWOWの本格的なコラボレーションは初の試みの作品です。

キャッチコピーは「ヤクザの幹部、実は潜入捜査官。」、「エリート警察官、実はヤクザの潜入員。」

引用元:ダブルフェイスWikipedia

みどころと評価

これこそが、スパイドラマの至高の作品です。

笑いなし、スリリングな展開でバレるかもしれないとハラハラさせてくれる展開で目が離せません。

ヤクザと思った人間は、警察官だった!

警察官だったと思った人間は、ヤクザだった!

まさに、お互いがお互いに情報を流しスパイを探しあう中で情報を提供するのは見ものです。

ギブスに発信機を隠して、モールス信号で情報を流す西島さん。

机の下に携帯を隠して、ブラインドタッチでメールを送る香川さん。

やはり、香川照之さんと西島秀俊のコンビは最強かもしれないですね。

最後の結末も衝撃的なので、まだ見てない人は必見です!

そうなんです、このドラマはコアなファンの方には根強い人気があるんです!

 

第3位:アンフェア(2006年放送)

  • あらすじ

検挙率No.1で、警視庁きっての美人刑事・雪平夏見(篠原涼子)は、かつて未成年者を射殺して本音を隠さず発言したことから、マスコミにプライベートまで書き立てられ、市民団体からは抗議を受ける毎日でした。

そのため、娘はいじめに遭って失語症となり、新聞社勤務の夫とは離婚しました。

そんな雪平の下に、お目付け役として新米刑事・安藤一之(瑛太)が相棒として赴任してきます。

ある日、警察とマスコミのもとに何者かから小説が届き、小説に書いてあるとおりに殺人が起きます。

現場に残された本の栞には「アンフェアなのは誰か」という謎のメッセージ。その事件は、小説の内容に沿って殺人が進行していくのでした。

引用元:アンフェアWikipedia

みどころと評価

言わずと知れた名ドラマ!アンフェアはミステリー要素タップリのドラマです。

なんといっても、雪平演じる、篠原涼子さんの新たな代表作になった作品ですね。

ドラマだけでは終わらずに、映画化され、それも映画も1本ではなく3作品作成されたことが、魅力ある作品の何よりの証拠。

そして、常に黒幕がいる展開で、どれだけ進もうと謎が隠されている展開が引き付けられます。

そんな名作で、西島さんは岩崎書房の編集者として出演されていました。

それも、雪平と肉体関係になるというファンなら羨まし展開になります。

最後は、射殺されてしまう衝撃の展開ですがドラマの重要な役割を見事に演じた所は必見です!

ドラミ
確かに若い!まちがいない!初々しいのは間違いない!

 

第2位:ストロベリーナイト(2012年放送)

  • あらすじ

都内の公園にあるため池近くの植え込みで、ビニールシートに包まれた男性の他殺体が発見されます。

捜査一課の姫川玲子は調査と持ち前の勘で、これが単独の事件ではなく、他の被害者がため池に遺棄されていると推理します。

そして、ため池からは推理通りに別の遺体が発見された。

捜査を続ける中で、被害者達が共通して急に積極的な性格になったこと、毎月第2日曜に秘密の行動をとっていたことが明らかになる。そこで浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」。

玲子たちが真相に迫っていく中、被害者はさらに増えていく。そして、ついには玲子の部下も…。

引用元:ストロベリーナイトWikipedia

みどころと評価

ミステリアスな刑事ドラマとして大人気作品のドラマですね。

それも、ドラマだけでは終わらずに映画化されて話題にもなりましたし、別キャストで別バージョンも作成される程の人気作品です。

姫川主任を演じる竹内結子さんの演技力や魅力がある事は間違いありませんが、それだけではありません。

警察というそれも、捜査一課の中で女性で活躍するには必ず縁の下の力持ちがいります。

そう、それがまさに菊田役を演じる西島さんでした。

姫川に恋の気持ちを持ちながら、最強の部下としていつも傍にいて支え続けたのはカッコいい!

そして、その支えて傍にいるのが本当によく似合うのが魅力でした。

連続する快楽殺人や怪奇殺人を直観と感性で捜査していく見ごたえある内容になっています。

姫川の隠された過去の秘密も必見ですよ!

ドラミ
そうなんだよね、女性目線でいえば、菊田はたまらなくカッコいい♪

 

第1位:CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(2017年放送)

  • あらすじ

国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう規格外の特捜班達を描いたドラマです。

相手はテロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイと想像をはるかに超える脅威ばかり。

刻々とタイムリミットが迫る驚愕の展開の数々に、善と悪が入り乱れる中で危機的状況。

それぞれの正義と苦悩が交錯する中で、特殊班の規格外のアクションと行動力が魅力のドラマです。

引用元:CRISIS 公安機動捜査隊特捜班Wikipedia

みどころと評価

よくこれほどまでに個性的なメンバーを集めた、というのが最初の印象でした。

そして、なによりアクションシーンが凄い!

主演の小栗旬さんが第一話で、新幹線から川に飛び込んだシーンからこのドラマは只者ではないと思わせてくれました。

そして、小栗旬さん西島さん2人のアクションがとにかくずば抜けていました。

キレのある動きに、圧倒的な強さは女性ファンならたまらないと思います。

ただの事件ではなく、公安警察ということで裏の裏の事件ばかり扱うスリリングな展開は見どころです。

意外だったのは、新木優子さんすらアクションシーンがある事です。

本当に・・・全員強い・・・って思える所もみどころかもしれません♪

そして、それぞれが抱える過去の事件が明らかになるようストーリーが進んでいくので、1度みたら最後まで気になってしまいます。

ランキング1位に据えて間違いないドラマかと♪

やっぱり、このドラマはアクションが最高だったね♪

 

番外編:きのう何食べた?(2019年放送)

  • あらすじ

「シロさん」こと筧史朗と「ケンジ」こと矢吹賢二の2人は、史朗の部屋で同棲するゲイ・カップルです。

ゲイである事を隠しながら弁護士として働く史朗は、慎ましいストイック気味の倹約家であるが、きりっとした男前の見掛けによらず優柔不断な一面も持っています。

将来に備えた家計管理の一つとして2人分の食費を月2万5千円(後に3万円)に収める事を目標にしながらも、仕事は最小限に定時で切り上げてまで2人の食事をつくる事に喜びを感じています。

片やゲイである事を隠しもせず美容師として働く賢二は、自分の「愛」に一途なロマンティストでありながら見た目に反して自分に厳しい一面も持っています。

そんな2人が、お互いの価値観の違いやゲイ・カップルである事ゆえの葛藤と向き合いながら、2人で一緒にいる事の意味を確かめ合って絆を深める姿を「食」を通して紡ぐ物語でした。

ドラマの企画そのものはかなり前から持ち上がっていたが、主演2人のスケジュールがなかなか合わなかったので、計画から作成までに時間がかかりました。

引用元:きのう何たべた?Wikipedia

みどころと評価

一部のコアなファンには大人気だったドラマです。

ゲイカップルを題材にしたドラマで西島さんだけではなく、内野聖陽さんにとってもなかなかの挑戦をしたと思います。

一部の女性ファンにはたまらない展開で人気がでました。

あまりにも・・・コアなファン層な為、視聴率は伸び悩みましたが、男が作るゲイカップルの食卓というのが素敵です。

様々な偏見もある世の中で、葛藤していく2人には常に食事があった!

男らし2人の男性の演技に注目です。

ドラミ
すごいコアなドラマ・・・これは確かに番外編だね♪

 

西島秀俊の主演ドラマ歴代視聴率は?

ランキングTOP15を付けましたが、これは本当に正しいランキングなの?と思う人はいますよね♪

そこで、今回は過去の西島秀俊主演ドラマの視聴率ランキングも作ってみました。

平均視聴率でランキングしたので、どのドラマがよかったのかわかりますよ♪

Noドラマタイトル放送年数平均視聴率
1MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜2014年10.8%
2流星ワゴン2015年10.2%
3名探偵・明智小五郎2019年9.8%
4僕とスターの99日2011年9.3%
5無痛~診える眼~2015年7.8%
6ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜2007年7.3%
7ブランケット・キャッツ2017年6.6%
8MOZU Season2 幻の翼2014年6.2%
9きのう何食べた?2019年3.1%

他にも主演ドラマは、あったんですが視聴率が公開されていないのもあり、公開されているもののランキングになります。

でも、あれ?意外と思いませんか?

そうなんです、視聴率以上に印象に残ってるので、視聴率はあくまでも参考情報ですね♪

 

出演ドラマ歴代視聴率は?

西島秀俊さんと言えば、主演作品より出演している作品が多いですよね。

それも、数々の名作に出演されているので出演ドラマのランキングも作ってみました♪

こちらも平均視聴率でランキングしたので、どのドラマがよかったのかわかります♪

Noドラマタイトル放送年数平均視聴率
1あすなろ白書1993年27%
2とと姉ちゃん2016年22.8%
3純情きらり2006年19.4%
4アンフェア2006年15.4%
5ストロベリーナイト2012年15.3%
6チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋2010年15.1%
7大奥 第一章2004年15%
8奥様は、取り扱い注意2017年12.7%
9山おんな壁おんな2007年12.1%
10菊次郎とさき2003年12%
11MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜2014年10.8%
12CRISIS 公安機動捜査隊特捜班2017年10.5%
13メゾン・ド・ポリス2019年10.3%
14流星ワゴン2015年10.2%
15リアル・クローズ2009年10%
16無痛~診える眼~2015年7.8%
17ダブルフェイス2012年7.7%
18僕とスターの99日2011年9.3%
19名探偵・明智小五郎2019年9.8%
20ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜2007年7.3%
21ブランケット・キャッツ2017年6.6%
22MOZU Season2 幻の翼2014年6.2%

やはり、早々たるドラマに出演されていますね!

それも、やはりアクション系や刑事系のドラマが多いのが印象的です。

ある意味、確実にポジションを確立しているというのは流石!

西島秀俊のおすすめドラマランキング!まとめ

西島秀俊さんの出演作品の多さがわかりましたね♪

おすすめ作品を紹介する中で、いかに刑事ドラマに出演されているかもわかりました。

本当に渋い演技が間違いない!

そして、アクションシーンは最高ですね、まだ見ていないドラマがあれば是非ご覧になってください。