ニッポンノワール最終回【10話】あらすじ!ついに明らかになる全貌!

「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」の第9話が放送され、明らかになった事と、更に謎が深まり混乱中ではありませんか?

9話をおさらいしながら、最終回(10話)のあらすじをまとめていきます。

遊佐清春(賀来賢人)が喫茶店のマスター・深水喜一(笹野高史)に地下室へ案内され、ニッポンノワールの元メンバーで新薬の開発に携わっていたことを聞かされます。

すべての記憶を取り戻した清春は南武(北村一輝)に連絡し”ある頼み事”をして、山小屋でガスマスク男と対峙するのでした。

最終回ではガスマスクの男の正体碓氷薫が殺された真相10億円のありかなど、すべての謎が解けると思うと、ゾクゾクしますね!!

それでは10話のあらすじを見ていきたいと思います。

⇒今すぐ「ニッポンノワール」動画見逃し無料視聴はこちら

ニッポンノワール最終回のあらすじ

https://youtu.be/TCCzn5W4LpA

ついにすべての記憶を取り戻した遊佐清春(賀来賢人)は再び事件の発端となった山小屋へ向かう。
そこで“ある人物”と対面した清春は、これまでの捜査の中で覚えた“違和感”をぶつける。

なぜ薫は殺害されたのか…強盗団が強奪したニッポンノワールの資金・10億円の行方は…清春が記憶を消されたワケは…そしてガスマスクの男の正体は…様々な疑問が一つにつながる瞬間、すべての謎が氷解する。

たった一人の反乱から始まった清春の孤独な旅。
運命に逆らい続け自分を貫いた、その先に待ち受けるものとは…
ニッポンノワール-刑事Yの反乱- いまここに終幕。

引用元:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/

スポンサードリンク

ついに明らかになるガスマスクの正体は?

最終回のポイントとしては、ガスマスクの正体・薫を殺害し10億円を狙っている真犯人かなと思います。

ガスマスク男は、ほかのサイトやSNSでも推測によると、“名越がガスマスク説”が一番人気ですね。

公式サイトであがっている写真にも名越がいないため、ガスマスク=真犯人ではという憶測が広まっています。

果たして本当にそんなにイージーでしょうか?そして真犯人は同一人物なのでしょうか。

ガスマスクの正体は?

ガスマスクの男は一体何者なのか?

男なのか女なのか?1人なのか複数名いるのか?…様々な憶測が繰り広げられています。

当サイトでも何度も考察していますが、ドラマが進むたびに「やっぱりあの人かも!」「え、この人の説消えた?」と躍らされてばかりです。

12月11日時点での投票結果は、名越派と才門派が同率でした。

多くの視聴者はこの2人と予想しており、なんなら2人ともがガスマスクで間違いないと思っているようです。

それぞれのガスマスク説はどのような考察なのかまとめてみました。

ガスマスク説が有力なキャスト

  • 1 名越(工藤阿須加)

エンディングで流れるクレジットに注目している視聴者さんもいました。

名越は班長に片思いしていたようですが、班長が重要な事件のことをいうほど信頼していたのか、それほど深い仲だったか定かではありません。

単に10億円欲しさにガスマスク男をやっている可能性もありますね。

  • 2 才門(井浦新)

 

過去の薫との関係値を考えて、頼りになりそう才門に最有力候補説があります。

死亡した状況が不自然だったことから生きていると考察している人が多いです。瀕死の状態を人体実験してニッポンノワールが復活させたのかもしれませんね。

  • 3 江國(杉本哲太)

何度も裏切ってくる江國ですが、また裏切っているのでしょうか。

奥さんの病院で清春と戦った時も負けず劣らずでしたし、NNマークを持っていたり、意外と濃厚なラインかもしれません。

  • 4 咲良(夏帆)

ガスマスクの一人は”ではないかと推測する人もいます。

ニッポンノワールの元メンバーだった喜一の娘であり、姉・星良も図らずとも加担していたことから、咲良も一員だった説はありえそうです。

薫が星良のために組織を暴こうとしていたので、妹にだけ伝えた可能性もありえますよね。

  • 5 清春のクローン

清春が2人いるとなると、いよいよ疑心暗鬼になり、“ここはどこ?私は誰?”状態ですね(笑)

第8話で怒り狂った清春が超人的な能力を発揮したことを踏まえてSF系に走るのでは?という推測ですね。

  • 6 柊一颯(『3年A組』スペシャルゲスト枠/菅田将暉)

 

最終回で柊登場説もありえそうです。
癌で余命もあとわずかなところを人体実験して、覚醒というニッポンノワールらしいシナリオですが、薫との接点がなさそうなので少し違うのかなと思っています。

ガスマスクのうちの一人…なんでしょうか。

それでいうとファイター田中もありえませんかね?(笑)
身体能力的にも、背格好も、拠点としているアジトも、パスワードもガルムフェニックスと関係あるものですし。

…と私はそんな大穴を考えたりもしました。

そのほかにも高砂(立花明海)の説を疑う人もいました。

清春が重要なUSBを渡すほど相当信用していたようですが、過去にそういう描写が一切なかったのでミスリードかなと思っています。

ガスマスクの男が複数名いるというのが濃厚だという一説に、ためらいなく暗殺する過激派と清春に記憶を呼び戻す味方派(頭脳派というのか)の二面性見受けられるからですね。

すぐ射殺するのが女性だとは信じがたいですが、記憶を呼び起こす係だとしたら可能性は大いにありえます。

早く最終回を見てスッキリしたいです(笑)

真犯人は一体誰なのか?

第9話まで黒幕は喜一だと思っていましたが、空振りに終わりました。
しかし、喜一が作っていた新薬と星良の死、清春の記憶の復活がどうも怪しさをぬぐいきれません。

9話で清春に二度“NNマーク”を見せていますが、1回目と2回目でマークが違っていました。2回目は清春に「薫さんが撃たれた時、銃声は何発聞こえた?」と聞いていました。

その答えからNNマークを変えたと推測するのが、妥当かなと思います。

才門の生存説や清春のクローンが登場するのでしょうか?

薫が山小屋で「あと一人知っている人がいる」といっていたのは清春(もしくはクローン)のことなのでしょうか。

でもクローンだとしたら、9話で繰り広げられた真犯人をおびき寄せるためとされた南武課長との茶番はなんだったんでしょうか…?(笑)

スポンサードリンク

まとめ

いよいよ最終回を迎える「ニッポンノワール」ですが、果たしてどんな結末を迎えるのでしょうか。

喜一が第9話の中で示唆していたXデーが、最終回の放送日の12月15日であることもなにか意味しているのか……。

一話からヒントが隠されていないか、最終回までに見直しておくのもいいかもしれませんね!

⇛ニッポンノワールは何度見ても謎が面白い!