ニッポンノワールのエンディングセリフが判明!映像公開ネタバレ!

スポンサードリンク

 

今回は「ニッポンノワール」1話〜7話までのセリフが分かるエンディングムービーでセリフが公開されたので、各話ごとに分けて考察して行きたいと思います。

第7話では、克喜が人体実験の被験者だったことに加え、宮城遼一(細田善彦)が人体実験の被験者第一号だという衝撃的事実が判明した!!

碓氷元長官を慕っていると思っていた南武や江國の協力のもと、元長官を追い詰めるが組織はもっと巨大で、失敗に終わる。

本編で様々な伏線が回収されていく中で、今回紹介するセリフありのエンディングが更に“ニッポンノワール”の真相への裏付けや、ヒントになるのではないかと思います。

\Huluエンディング映像公開中♪/

Huluなら14日間のお試しで全ての動画が完全見放題

「ニッポンノワール」エンディングのセリフがついに公開!

薫の電話相手はやはり克喜だった!

1話のエンディングでは薫が電話していましたが、息子・克喜だったことが判明しました。

「最近遅くなってごめんね。私たちにとって解決しなければいけない事件なんだ。もし明日になってもママが戻らなかったら、南武さんに連絡して

このような内容で、間も無く自分の身に何か起こることを示唆しているかのようなものでした。

実際この電話が薫と克喜の最後の会話になるんですね。

こんな電話をされたら小学生の克喜も不安になるでしょうし、ママはどんな事件に巻き込まれているんだろう!となりますよね。

母子家庭で育ち、母親のために自ら人格矯正プログラムを志願したとされている克喜が母親を失う悲しみを考えたら計り知れません。

イタコ
そういえば、薫が最後に「南武さんに連絡して」と言ってたよね!

そうなると、本当の父親は清春じゃなくて南武ってこと?

ドラミ
清春の記憶も曖昧だから、克喜の父親だって刷り込まれている可能性はあるよね!

克喜の本当の父親は誰なのか気になるね

才門が残した意味深な呟き

2話のエンディングでは、誰からの電話か明かされていないが、才門は辺りを確認していましたし、出るまでに一呼吸置いているのでそれ相当の人物なんじゃないかと推測されています。

以前の記事では相手は高砂明海(立花恵理)の可能性や、新しい見解として公安の上司である仁平ではないかという見解もあります。

電話の内容は以下の通りです。

「本城理事官に全て罪を被ってもらうことにしました。
ただ南武課長が厄介です。
あの人の出方によっては当初のシナリオを大きく変えないといけません。
それと遊佐清春についてですが、あいつ自身何をされたのか分かっていません。
もう少し観察しようと思います。
ご安心ください。10億円のありかも必ず見つけ出しますから。

そのあと電話を切って「例の計画のためにもね…」とつぶやいています。

それが何を意味するのでしょうか?

7話でゴミ捨て場に、才門の遺体が捨てられていた描写がありますが、多くの視聴者は生きていると推測してますね。私もその一人です。

わざわざゴミ捨て場に捨てて、清春の見えるように演出する必要もないですし、
才門のライターを現場に残したのもトリックがあると思っています。

ドラミ
才門は生きてると思うよ!

2人きりの“親子の語らい”

3話のエンディングは、清春と克喜の会話でした。

克喜が清春に学校でみんなとの接し方を相談

他愛もない親子の会話のように思えますが、最後何かを言いかけてやめてしまいます。

人体実験を受けた記憶がかすかに蘇ってきて、自分が人格矯正プログラムを受けたことを明らかにしたかったのでしょうか。

話をそらすように「ママはなぜ毎日薬を飲ませるか教えてくれなかったけど…」と語っていました。

人体実験を受けた記憶がなかったけど取り戻し始めているのでは?と言う推測ができます。

ドラミ
そもそも清春と克喜って親子なの?
イタコ
それな!この2人にはただならぬ裏がありそう!

南武の弱音が吐露した明け方の電話

4話は南武が電話をしていました。

明け方、電話した相手はおそらく元奥さんでしょうか。

「あいつと約束したんだよ。 ボクシングのミット打ちをして一緒に強くなろうなって。
俺がやってることは間違えてるのかな…。
ありがとう。これから先何があっても真実を突き止める」

南武ぽくない少し弱音が見えた瞬間でしたね。

電話を切った後、「さらなる犠牲者が増えようとも…」と覚悟を決めていたようでした。

碓氷元警察庁長官に頭が上がらなかったり、指令を聞いているところから息子を誘拐されていると言うのが濃厚でしょう。

7話で碓氷元長官に抵抗し、清春を助ける一幕もありましたが、誰かからの電話により阻止されてしまいましたね。

南武の手を止めるほど弱みを握ったのか、逆らえない人物なのかこちらの電話の内容も気になります。

ドラミ
南武は最後まで清春の味方でいてほしいんだけど~

ガスマスク男の正体とは?

4話のエンディングで南武が「息子とミット打ちをする約束をした」という電話の内容がわかって、ガスマスク男がミット打ちをしているエンディングに繋がっていきます。

ひょっとして!!!!

ガスマスク男が南武の息子で清春の手助けをしているのではないかと思います。

「警視庁別館を襲撃し、ベルムズのリーダー陣内を救出せよ」

電話はベルムズからで、こういう指令を言い渡されていました!

ベルムズとの繋がりもあり、もし南武の息子だとしたら清春の心強い味方かもしれません。

清春の記憶を呼び起こさせるために“ニッポンノワール”のマークを見せていると言うことがわかり、清春の記憶にベルムズたちが欲しい情報があるような!

ドラミ
ガスマスク男って男なの?敵か味方かも謎~

清春が唯一信頼している女性・咲良に託したこと

6話のエンディングは咲良が電話をしていました。

知らない番号から電話がかかってきて取るのをためらっていましたが、相手は清春でした。

周りに誰もいないことを確認して、咲良の父である喜一がいないことも確認していることから、咲良には絶大なる信頼をしていることがわかります。

この番号を誰にも教えるなということと、咲良に何かお願いをしていた。
ドラミ
清春は喜一のことも怪しんでいるようだね~私も密かに“ニッポンノワール”の黒幕じゃないかと踏んででるよ!根拠はないけどw

宮城が直面した“自分と言う存在”

最新7話のエンディングでは、宮城が叔父さんと電話をしていました。

碓氷元長官から「“ニッポンノワール”の人体実験第一号は君だ」と、なかなかショッキングな事実を聞かされた宮城。

確かに記憶の齟齬があったり、心当たりはあるものの信じられない様子。

ニッポンノワールのことを聞くと叔父さんは急に取り乱したようで、宮城も動揺

そこで自分がニッポンノワールに関係があること、人体実験を受けさせられたことが嘘ではなかったと確信します。

そうなると自分を形成しているものは何者か、両親は今どこにいるのか、死んでいるなら真相な何なのか、様々な疑問が溢れかえったでしょう。

宮城は、10年前当時20歳だったころに7歳の子供を残虐に殺害し“神隠し”されたとされています。

名前も木内了という名前だったそうです。

その後“宮城遼一”と名前を変え刑事として「3年A組」の事件を担当したが、
喫茶店で生徒と偶然会った時も、事件を担当した記憶はあるのに生徒の顔などは一切覚えていませんでした

そんな記憶が断片的な宮城は自分の本当の人格が何なのか困惑します。

今後宮城が自分の人格をどう見極めて、“ニッポンノワール”に立ち向かうのか最終回まで目が離せません。

ドラミ
やばい!宮城って殺人犯だったの?ジョーカーからの繋がり気になる~またその記事待ってるね♪

⇛ニッポンノワールをもう1度見返して理解したい!←

ニッポンノワールという組織とは?

今回宮城が20歳だった頃の2010年から“ニッポンノワール”がはびこっていたと考えいると、相当根深い組織であることがわかりますね。

碓氷元長官と薫/清春の会話から組織の大枠を考えると…

まだ成熟しきっていない未成年の凶悪犯を更生し、政府が都合のいいように言うことを聞くアンドロイドのような人種を作りあげる。

と言うところでしょうか。

2010年の“神隠し”と言うワードが出てきたことで「ジョーカー許されざる捜査官」とリンクしていることに気づいた視聴者さんも少なくなかったようです♪

ただ局をまたいだ“掟破り”に、ドラマ界に大きなインパクトを与えました。

「ジョーカー」、「3年A組」、「ニッポンノワール」の脚本家である武藤氏もツイッターでコメントを残しています。

他にも気づいていない伏線があったり、どのドラマとリンクしているのか、残り3話でどうなるのでしょうか。

⇛ニッポンノワールを全話視聴出来るのはHulu←

まとめ

いかがだったでしょうか! 7話までのエンディングが明らかになったことで、目新しい新発見があるのかな?と期待しましたが多くの方の推測通りってところですか?

周りに誰もいない状況で、それぞれの登場人物の心境や本音が垣間見れたことが今回は収穫と言えるでしょうか。

ところで「ニッポンノワール」の公式ツイッターに碓氷克喜役の田野井健くんが、YouTube動画をあげてます!

そこにも真相に繋がるヒントが隠されているようです!

https://twitter.com/NNY_ntv/status/1199251708154527744?s=20

もしチェックしてなかった!と言う方がいらっしゃったら、合わせてチェックしてみるとさらに楽しめるかも!?

最後に、7話で気になったことといえば薫が「克喜は人体実験を受けた」と清春に伝えている時、2人を映す前になぜか2009年6月の新聞紙がフィーチャーされていました。

記事は “新型インフル感染拡大”という見出しでしたが、克喜が凶暴化する原因になったものなのか、他の何かが関係しているのか…。

今後のヒントになるかもしれません。