「新潟まつり花火大会2019」の交通規制や混雑と屋台や穴場スポットは?

 

三日間に及ぶ新潟まつりのクライマックスにあたる花火大会は音楽花火やワイドスターマイン、ナイアガラ瀑布など大仕掛けな花火が迫力満点で空に打ち上がります。

新潟まつり花火大会の大目玉で数カ所から打ち上げられる「エボリューション」という名前がついている大型スターマインで豪華絢爛さを見せつけます。

花火大会のみで約55万人が訪れることが中身の充実さを表しています。

「新潟まつり花火大会2019」の交通規制や混雑回避の方法をまとめました。

屋台や穴場スポットの紹介もしているので、出かけられる方の参考になればとても嬉しいです。

「新潟まつり花火大会2019」の日程とスケジュール

打ち上げ日時:2019年8月11日(日・祝) 19:15~20:55 荒天の場合は8/12(月・祝)に延期

打ち上げ場所:昭和大橋西詰

打ち上げ数:約10,000発

予想人出:約57万人

会場までのアクセス

出典元:新潟まつり公式サイト

電車の場合

  • JR上越新幹線・在来線各線から「新潟駅」から徒歩約15分
  • JR越後線「白山駅」から徒歩約15分

車の場合

  • 北陸自動車道「新潟西IC」から約15分
  • 磐越自動車道「新潟中央IC」から約15分

 

その他の交通機関について詳細は新潟市公式観光情報サイトへ⇒

新潟への交通手段は沢山あるね~

「新潟まつり花火大会2019」の交通規制は?

出典元:新潟まつり公式サイト

交通規制は18:00~21:30の予定です。

信濃川周辺の萬代橋から千歳大橋にかけて広範囲が車両規制区域になります。

有料席が陸上競技場に変更になり、白山公園の一部まで立入禁止区域になっています。

交通規制範囲内のホテルや施設の駐車場からの移動もできなくなるので時間に気をつけましょう。

橋の上では立ち止まることができませんので注意してくださいませ。

公共交通機関のバスもバス停の運休や一部迂回運行が実施されます。

昭和大橋は立入禁止区域、八千代橋と萬代橋は歩行者一方通行だよ~
交通規制が解除されるまで車は通れないよ♪

「新潟まつり花火大会2019」の混雑回避の方法は?

2018年と変更になった点
  • やすらぎ堤は混雑状況に応じて入場制限を実施する可能性があるため、17:30頃までに到着するとよいでしょう。
  • 入場規制開始後は正規ルートからの入場となり、再入場する場合には出入り口で再入場券が発行されます。

 

花火開始前

やすらぎ堤内の場所取りは当日午前8:00以降になります。

お昼頃にはいっぱいになっている可能性があるので、この場所を確保したい場合は午前中に到着すると安心です。

駅の混雑のピークは17:00過ぎ頃になるので、16:00前に到着していると、事前の混雑から少しは回避できるでしょう。

河川敷で困るのはトイレのため必ず場所を確認しておきましょう。

熱中症にも十分に気を付けよう!

花火終了後

人が一斉に動くので時間差をつけて行動するのが一番よい混雑回避の方法です。

最寄駅の前後まで距離があるため新潟駅の混雑は回避することは難しいです。

人の波を崩さないようICカードのチャージや帰りの切符の手配は事前に済ませておきましょう。

交通規制が解除されたのちも車の渋滞は避けられないので、そのまま受け入れて冷静に行動することが何よりです。

街中で花火の余韻を楽しんだ後に帰路に着くよう検討してもよいでしょう。

橋に車が集中するため帰路を考えた場所取りをすることも混雑回避の一助となります。

安全運転で帰ろうね♪

駐車場情報

《新潟駅周辺駐車場》

「新潟まつり花火大会2019」の専用駐車場は設置されていません。

周囲の施設やコインパーキングの利用になります。

朝からイベントが開催されているので満車になる時間が早くなると考えられます。

車で訪れる場合には早めに到着する予定を立てましょう。

事前予約サービスを利用して駐車場を確保すると一安心できますよ♪

早めの行動が余裕があっていいよ♪

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判はこちら

「新潟まつり花火大会2019」の屋台

出典元:photoAC

屋台が出ている場所は、白山神社や白山公園周辺、万代シティ会場に集中しています。

出店数はおせじにも多いとは言えないが、定番の飲食物からラーメン、餃子、バーガーなど家族向けのメニューも揃っています。

営業時間は、10:00から21:00頃までです。

早めに到着してまつりのイベントを楽しみながら屋台を巡ってみるのはいかがでしょうか。

早く到着するに超したことはないから、時間があったら屋台も楽しもう!

「新潟まつり花火大会2019」の穴場スポット

打ち上げ場所の近くから花火の臨場感を楽しみたい方もいれば、ゆっくりと花火を見上げていることが好きな方もいることでしょう。

それぞれの楽しみ方に合うような場所を一部紹介します。

 

《打ち上げ場所対岸》

意外と盲点となっているのが、打ち上げ場所の反対側です。

花火がよく見えることは間違いなしで、音や臨場感も正面でみるのとほぼ同じような体感です。

穴場といえども人気のある場所のため、場所取りは必要になってきます。

花火は場所によって見え方が違うので、風向きを考えて場所取りをするとよいでしょう。

 

《白山公園》

 

ひょうたん池や白山神社近くは規制外区域になり、打ち上げ場所のすぐ近くから見ることができます。

ほとんど有料席から見るのと景色が変わらないくらいで、人気のあるスポットです。

トイレ設備があって安心で、場所取りが必要な程度の人出はあるので早めの到着がよいでしょう。

駐車場は場所を気をつけないと交通規制区域に入ってしまい、花火終了後すぐには移動できないことになります。

臨場感あふれる花火を楽しみたい方におすすめです。

 


《八千代橋付近》

打ち上げ場所から徒歩10分くらい離れた場所になり、綺麗に花火が見える場所です。

混雑が少ないのでゆっくりとみたい方におすすめします。

橋の上に留まることはできないので注意してくださいませ。

上手に場所を探しましょう♪

 

 

《新潟県庁裏の土手》

「県庁の森」を抜けた信濃川沿いの土手は打ち上げ場所から距離はあるが、とても綺麗に見える場所です。

駐車場は20:00に閉鎖になるため、周辺のコインパーキングを利用してくださいませ。

おおよそ交通規制範囲外になるので帰りの混雑を回避することができるでしょう。

車の渋滞を少しでも避けたい方におすすめします。

 

《西海岸公園》

打ち上げ場所からは距離があるので臨場感や花火の体感はできないが、混雑はここまでは及ばす、日本海を背中にしてゆっくりと花火をみることができます。

帰り道のルートはしっかりと考えておきましょう。

思わぬ場所で渋滞に遭遇するかもしれません。

まとめ

花火大会のみに50万人以上が押し寄せてくる新潟まつり花火大会はとても魅力のある花火を見ることができ、時を忘れてしまいそうです。

夜空に打ち上がる花火に酔いしれて非日常の時間を過ごすことができるでしょう。

秋の風が吹く時分になってくるので、水の近くでは風が涼やかに感じることがあります。

薄手のカーディガンなど羽織るものを持っていると安心です。

楽しいひとときが過ごせるよう天気に恵まれるとよいですね♪

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓