「日本童話祭2019」日程や見所・交通規制と無料駐車場は?  主役はこども!?

スポンサーリンク

日本全国を童話行脚した久留島武彦の行脚50周年を記念して童話碑の序幕式とともに開催されたのが、日本童話祭りのはじまりです。

子供たちの健やかな成長を祝ってのお祭りです。

 

2019年は「子どもに夢を!」をテーマにして、第70回童話祭りが開催されます。

 

童話はメルヘンの世界に連れていってくれます。
お子様と一緒に読む機会を作ってくださいませ。

 

イベント内容や見どころ、交通規制情報を主にお伝えいたします。

 

【日本童話祭】日程と開催場所

主なイベント会場が2か所に分かれています。

5/5(日・祝)

◇三島公園会場(三島公園、わらべの館とその周辺)

9:30~

  • 仮装パレード 森中央小学校から三島公園グラウンドまで

10:15~

  • 童話祭式  三島公園特設ステージ

12:00~16:00

  • ミニトレイン 豊後森開庫公園 3歳以上 200円

9:00~16:00

  • ジャンボ鯉のぼりくぐりぬけ(赤こいのぼり)
  • おとぎステージ
  • 木工教室
  • 陶芸体験
  • 野点コーナー教室
  • むかしの遊びコーナー
  • 三遊亭鳳志落語教室ほか

 

おとぎ劇場

場所:わらべの館・大乗寺・成覚寺・安楽寺
※会場により開演時間がことなります。

 

◇玖珠川河川敷会場

10:00~16:00

  • ジャンボ鯉のぼりくぐりぬけ(黒こいのぼり)
  • 魚つかみ大会
  • はたらく車コーナー
  • ミニSL
  • 食事コーナー
  • むかしの遊びコーナー 他

10:00~15:30

  • 子ども太鼓フェスティバル

雨天時はくすまちメルさんホールで開催

12:00~16:00

  • ミニトレイン 豊後森開庫公園 3歳以上 200円

 

 

スポンサードリンク

【日本童話祭】の見どころは?

童話祭りと言われるだけあって、子供が楽しめるイベントが数多く開催されます。

ジャンボ鯉のぼりをくぐったり、仮装パレードやむかし遊びコーナーなど、大人も童心にかえったつもりで楽しいひとときを過ごすことができます。

 

見所ポイント① 【仮装パレード】

 

森中央小学校から三島公園まで子供たちが好きな仮装をしてパレードを行います。

中学生や高校生のバトン部や吹奏楽部もパレードに花を添えます♪

見所ポイント② 【鯉のぼりのくぐり抜け】

 

巨大な鯉のぼりの中を潜り抜けることができます。

  • 三島会場では、35mのアカゴイ
  • 河川敷会場では、60mのクロゴイ55mのアオゴイ

このように非常に大きなサイズのコイが設置されています。


くぐることができるのはクロゴイで、アオゴイは大空にはためかせます。

鯉のぼりの中をくぐるのは滅多にない体験をすることができますね!

見所ポイント③ 【子供向けイベントが多数あり】

  • おとぎ劇場

周辺の大乗寺、成覚寺、安楽寺、わらべの館で行われます。
どんな話が待っているのでしょうか。

2019年度の話の内容はまだ公開されていないので、当日のお楽しみです。
ワクワク、ドキドキですね♪

 

  • 子供太鼓フェスティバル

河川敷の特設ステージで行われます。

雨天でも別会場で行われるので、子供たちの勇ましい姿を観覧くださいませ。

練習の成果を思う存分発揮してほしいですね!

 

河川敷は音が空に向かって消えていってしまいそうなので、思いっきり叩いて大きな音を披露してほしいです♪

 

その他、イベントが盛りだくさんなので楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

【日本童話祭】 交通規制情報

童話祭開催中は交通規制がおこなわれます。

現場の係員の指示にご協力くださいませ。

 

アクセスは?

※電車の場合
JR「豊後森」駅から、会場までシャトルバスで約10分

 

※車の場合
・高速バス 大分自動車道玖珠IC バス停下車

  • 大分自動車道玖珠ICより、車で約3分
  • 一般道国道210号線 大分方面、久留米方面から
  • 一般道国道387号線 小国方面、中津方面から

 

※会場がJRの駅をはさんで2か所に分かれています。

会場の移動には便利な無料シャトルバスを利用しましょう。

 

【日本童話祭】駐車場情報

※平成30年度版

専用駐車場は?

お祭りのための専用駐車場の用意があります。

(無料、1500台)

河川敷駐車場から三島会場まで無料のシャトルバスが運行されます。

 

★シャトルバス運行情報(バス停)9:00~16:30

 

※シャトルバスのバス停はメーン駐車場の河川敷会場が乗り場になります。

河川敷付近の別の駐車場を利用した場合には、河川敷会場または豊後森駅のバス停まで徒歩になります。

 

あらかじめご了承くださいませ。

 

まとめ

童話を語るため日本全国を回った久留島武彦さんの功績を称える世界一の童話碑が三島公園に立っています。

 

子どもたちにメルヘンの世界を日本中に伝えた原点の地です。

 

お祭りの開催場所が2か所に分かれていて移動に時間が必要ですが、慌てず急がず、両方の会場の雰囲気を味わってくださいませ。

 

ミニトレインが走る豊後森開庫公園は、国指定登録有形文化財及び近代産業遺構(経済産業省認定)です。

 

未だに残っている機関車の回転台には鉄道ファンでなくても、目を見張るものがあるでしょう。

駅近くにあるので、お祭りと一緒に立ち寄っていただきたい場所です。


河川敷は青空が広がるととても気持ちのよい場所になりますが、風が強くなってきた時には気を付けましょう。

思った以上に風速が強く、自分の体が飛ばされそうになったり、飛んできたものでケガをする場合があります。

 

小さなお子様にはくれぐれも目を離さないように気を付けましょう。


子どもの日にふさわしい楽しいイベントがたくさんあるので、親子で一日を満喫してもらいたいです。

 

スポンサーリンク