「夏空(なつぞら)」岡田将生が演じる奥原咲太郎はどんな役?

朝の連続テレビ小説「夏空(なつぞら)」に岡田将生さんが出演します。

実力派俳優の岡田さんですが、意外にも朝ドラは初出演になります。

 

岡田さん演じる奥原咲太郎は、東京・新宿編からの登場になるため、現在は北海道編が撮影されていますが、やはり寂しいのでしょうか(^-^

「俺だけ違うのかな…?と思いつつ、少しさっきから寂しい気持ち」と自虐的に笑わせる一方で、「東京になっちゃん(なつ)が来てくれると思うので、全力で受け止めたいと思います」

引用:モデルプレス

このようなコメントを残されています。

ですが、非常に重要な役を演じることになる奥原咲太郎とはどんな役柄なのでしょうか。

岡田将生プロフィール

 

  • 名前:岡田将生(オカダ マサキ)
  • 職業:俳優
  • 生年月日:1989年8月15日
  • 年齢:29歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:AB型
  • 身長:181cm
  • 星座:しし座
  • 兄妹:姉・妹
  • 所属:スターダストプロモーション

 

岡田さんは中学校2年の時にスターダストプロモーションからスカウトを受けましたが、バスケに専念していたこともあり一度はお断りしたそうです。

高校2年生になり、将来について悩んでいた頃、お姉さんから芸能界をチャレンジしてみたらとプッシュされ、スターダストプロモーションに改めて連絡したのが、芸能活動スタートのきっかけです。

スターダストプロモーションさん!

おめでとうございます!!!!

以降は芸能活動に専念する為、高校を中退し通信制の学校を選択、後に亜細亜大学へと進学しましたが、芸能活動で才能を発揮した岡田さんは大学も中退しております。

中退といっても、成功への道を掴み取ったからこその経歴ですよね♪

2006年から芸能活動をスタートし、2009年には新人賞と名の付く賞を独占する活躍で、一躍注目の的となります。

 

【受賞タイトルの数々】

2009年

  • 第34回報知映画賞 新人賞
  • 第22回日刊スポーツ映画大賞 新人賞
  • 第52回ブルーリボン賞 新人賞
  • 第34回エランドール賞 新人賞
  • 第31回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞
  • 第33回日本アカデミー賞 新人俳優賞
  • 第19回日本映画批評家大賞 新人賞

【出演映画】

「重力ピエロ」「ホノカアボーイ」「ハルフウェイ」「僕の初恋を君に捧ぐ」「魔法使いに大切なこと」

 

2010年

  • 第34回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞

【出演映画】

「悪人」「告白」

 

■2013年

  • 第79回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞

【出演ドラマ】

「リーガルハイ(第2期)」

 

■2016年

  • 第4回コンフィデンスアワードドラマ賞 主演男優賞

【出演ドラマ】

「ゆとりですがなにか」

 

■2018年

  • 第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演男優賞

【出演ドラマ】

「昭和元禄落語心中」

 これだけの賞を獲得する程の演技力では、制作者はほっときませんよね。

とても学校に通う暇はありません(^-^;

そんな岡田さんが奥原咲太郎の役をどのように熱演するのか興味が湧きますよね♪

スポンサードリンク

岡田将生が演じる役は?

 

 岡田将生さんが演じる奥原咲太郎(おくはら さいたろう)は、ヒロイン広瀬すずが演じる奥原なつの兄役です。

戦争によって両親を亡くしてからは、妹のなつ・ちはるの親代わりとして、笑顔を絶やさないよう二人を懸命に育てます。

歌とタップダンスが大好きな陽気な兄として、明るく責任感がある立派な役を演じることになります。

一方で、なつとちはるを柴田家と親戚に預けた後は、一人孤児院での生活の後、家出し行方不明となるそう。

これには想像できない程の闇を抱える出来事があったのか。

北海道で元気に育ったなつは、高校を卒業する頃に、生き別れた大好きな兄が東京で働いていることを知ります。

ここで東京・新宿編へと進み、なつと再会することになりますが、果たしてそこには昔の兄の面影はあるのでしょうか。

ストーリーとしても、なつとの出会いは重要なポイントであることは間違いありませんね。

二面性を持ち合わせた役だけに、実力派俳優岡田さんの演技に注目が集まります。

スポンサードリンク

皆さんの声

流石イケメン俳優、黄色い声援がもの凄いですね♪

ただ、このような声が飛び交うほど豪華すぎるキャストなのは言うまでもないでしょう。

奥原咲太郎の出番は東京・新宿編からなので、序盤の北海道編では出演しませんが、放送開始したら「待ちきれない」という声が続出しそうですね。

まとめ

記念すべき朝ドラ100作目として、キャストを見ただけで気合の入り方がビシバシ伝わります。

節目の作品ということで放送開始時期も気になりますが、キャストの皆さんがどんな演技で我々を魅了するのか期待せずにはいられないですね♪

東京・新宿編の撮影情報が入り次第、追記していきたいと思います。