「なつぞら」子役・あけみ(柴田明美)は誰?吉田萌果と平尾菜々花が熱演!

朝ドラ100作目で注目されている「なつぞら」は、子役が活躍する北海道編が絶賛放送中です。

今回は柴田家の次女・明美を演じる子役は誰なのか調べてみましょう。

 

柴田明美とは、柴田家の3兄妹の次女ですが、7歳年上の長女・夕見子と違っていつでも家事を手伝うしっかり者で、幼いなつとは物心つく頃から一緒にいる為、なつを本当の姉と慕っています。

 

この柴田明美の子供時代を演じているのは『吉田萌花』ちゃんです。

そして成長した子供役は『平尾菜々花』ちゃんが演じます。

成長しても子供として登場する明美役に抜擢された2名のプロフィールや、出演作などをまとめました。

 

柴田明美の子役・吉田萌果とは?

 

プロフィール
  • 名前:吉田萌果(よしだめいか)
  • 生年月日:不明
  • 出身地:東京都
  • 特技:歌うこと、かけっこ
  • 所属:劇団ひまわり

 

 

3歳10か月で劇団ひまわりに所属しており、TBS『1番だけが知っている』に出演したことがあります。

これから多くの作品に出演するであろう金の卵ということでしょうか♪

 

松嶋菜々子さんに抱っこされる姿は、本当の子供のようですね♪

今作ではおんぶされていたり、抱っこされていたりと、単独でのセリフが多くないですが作中では小さいながらも、一生懸命演じている姿がうかがえます。

 

将来は芦田愛奈ちゃんをこえる子役女優になる可能性もありますよね。

この先の活躍に期待しましょう。

 

スポンサードリンク

柴田明美の子役・平尾菜々花とは?

 

プロフィール
  • 名前:平尾菜々花(ひらお ななか)
  • 生年月日:2006年6月3日
  • 出身地:大阪府
  • 身長:143cm
  • 特技:クラシックバレエ・日本舞踊・すぐに涙を流すこと
  • 所属:テアトルアカデミー

 

2014年のNHKドラマ「ボーダーライン」で藤原紀香の娘役としてデビューしました。

注目を集めたのが、2015年の木曜時代劇「ぼんくら2」です。

この作品で圧巻の演技で天才子役と呼ばれるようになります。

その影響で、ドラマやCMに続々とオファーがあり、出演作品も一気に増えました。

2017年には「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~」の柳悦子を、200人を超えるオーディションで勝ち取りました。

 

 

2018年に公開された映画「ごっこ」でも、平尾菜々花の名は大きく広まったと思います。

監督の熊澤尚人や主演の千原ジュニア、主題歌担当の川谷絵音に表現力が素晴らしいと絶賛される程に!!

この演技が認められ2019年の新人女優賞を獲得しました。

 

 

「ごっこ」を見て思わず涙を流した方は多いのではないでしょうか?

私も涙を我慢するのは無理でした。

 

スポンサードリンク

平尾菜々花の出演作品

平尾菜々花ちゃん、13歳とは思えない程多数の作品に出演しています。

代表的な作品をまとめました。

 

映画
  • 『輪違屋糸里』糸里(幼少期)役
  • 『ごっこ』ヨヨ子役
  • 『心が叫びたがってるんだ』成瀬順(幼少期)役
  • 『もんちゃん』弥生役
  • 『ユリゴコロ』ミサコ(幼少期)役

 

ドラマ
  • 『もひかん家の家族会ぎ』
  • NHK『悦ちゃん』柳悦子役
  • 『べっぴんさんスピンオフ『恋する百貨店』
  • 『新・ミナミの帝王12』
  • NHK『ぼんくら2』おはつ役
  • 『アンフェアthe specialダブル・ミーニング~連鎖』
  • NHK『ボーダーライン』松井さくら役

 

CM
  • グリコ『クレアおばさんのシチュー』
  • 『学研教室』
  • マクドナルド『ハッピーセット』
  • 『共栄ホーム』
  • 『阪急彩都』

 

ネットの声は?

 

 

まとめ

柴田明美は登場時が幼い子供なので、成長しても子供役で長期出演になるわけです。

すでに演技力を絶賛されている平尾菜々花さんが抜擢とあって、重要なシーンを任されているのでは?と感じてしまいます。

 

放送開始して早々に涙無しでは見れないシーンもあり、話題は日を追うごとに大きくなっています。

まだまだ、始まったばかりなので、物語もさることながら子役たちの熱演も是非注目してみましょうね(^^