「夏空(なつぞら)」奥原なつ幼少期の子役に粟野咲莉が!演技力の高さに驚愕!

朝の連続ドラマ小説は記念すべき100作目を迎えます。

4月から放送する「なつぞら」のキャストも続々と発表されていますが、ヒロイン奥原なつの幼少時代の子役に粟野咲莉が選ばれましたね

なつぞらの最初の物語では、戦災孤児となったなつは兄妹と生き別れになり、北海道に移住して来ます。

朝ドラは子役として物語をスタートすることが多いですが、朝ドラの子役に抜擢されると、後に有名な俳優さんや女優さんになっていくケースが多いですよね。

演技力に定評のある粟野咲莉ちゃんについて、出演作品など詳しく調べてみました。

「なつぞら」北海道編・幼少期のあらすじ

1946年(昭和21年)戦争が終わり、奥原なつ(ヒロイン)は北海道・十勝にやってきます。

戦災孤児であったなつを受け入れた酪農一家は、戦友であるなつの父とある約束をしており、もしもの時はお互いの家族の面倒を見るというものだった。

縁あって十勝に来たなつ。

心の傷ついたなつであったが、酪農の仕事を懸命に手伝っていくことで、北海道の大自然と温かい十勝の人々に触れ、徐々に天真爛漫な子供らしさを取り戻していきます。

やがて、ある少年との出会いで漫画映画という絵が動く世界を知る。

そして、高校生となったなつは、アニメーションの世界を夢見るようになるが、そんな折に、生き別れた兄が東京に居ることを知る。

「なつぞら」奥原なつの幼少期役

奥原なつの幼少期役を務めるのは「粟野咲莉(あわの さり)」です。

ヒロインの子役に抜擢されるために、200人以上のオーディションを経て見事勝ち取った大役です。

2010年6月24日生まれの粟野咲莉ちゃんは、ジョビィキッズプロダクション所属の女優さんです。

将来を期待される高い演技力で、天才子役などと呼ばれるほど感情表現豊かな演技を見せてくれます。

朝ドラの子役を務めるのは今回で2度目となり、1回目は2016年に放送された「べっぴんさん」でさくらの幼少期で出演しています。

更なる成長を遂げた粟野咲莉ちゃんの演技に注目が集まりますね♪

スポンサードリンク

粟野咲莉の出演作品は?

今年で10歳になる粟野咲莉ちゃんは、すでに多くの作品に出演しています。

【出演した作品一覧】

ドラマ

  • 「ABC創立65周年記念スペシャルドラマ 氷の轍」米澤小百合幼少期役
  • 「連続テレビ小説 べっぴんさん」さくら役
  • 「テレビ東京開局記念日ドラマ特別企画 破獄」佐久間トミ役
  • 「土曜ドラマ 植木等とのぼせもん」渡部めぐみ役
  • 「プレミアムドラマ 男の操」五木あわれ役
  • 「第41回創作テレビドラマ大賞 デッドフレイ〜青い殺意〜」石井葵役
  • 「連続テレビ小説 なつぞら」奥原なつ幼少役

 

映画

  • 「DESTINY 鎌倉ものがたり」 本田浩子役

 

CM

  • 「第一三共ヘルスケア・マキロンパッチエース かゆみ止め」

  • 「ANA 夏の旅割 旅の始まり篇」

 

テレビ

  • 「志村けんのバカ殿様」

  • 「痛快TVスカッとジャパン/神対応スカッと〜ドーナツ屋さんの行列〜」 

  • 「土曜スタジオパーク」

 

粟野咲莉の演技力は?

数多くの作品に出演していることはお伝えしましたが、その中でもとりわけ評価が高かった作品と演技についてのコメントをご紹介します。

 

  • デッドフレイ〜青い殺意〜

子役ながら、事件のショックから話すことが出来ないという難しい役を演じました。

感情表現での演技となり、見る物の心にささる大役を経験しました。

 

  • 男の操

この作品では一生懸命父に付き添い、その中で苦悩を含めた感情表現と自然な涙の演技には、ただただ驚かされました。

作品自体が、民放であればすごい反響を生みそうな程の作品クオリティでした。

その中で、あわれちゃんの役でドラマを引き立てたのも事実ですし、大きな評価を得たのは間違いないです

芦田愛菜にそっくりとの声も

映画鎌倉ものがたりに出演した際、芦田愛菜にそっくり~という声がありましたが、実際に並べてみると確かに似ていますね。

 

並べてみると確かに似ていますね♪

演技中の表現力は当時の芦田愛菜ちゃんにも負けない演技力は魅力です。

スポンサードリンク

なつぞらの撮影風景

現在の撮影オフショットです。 

幼少期を演じる粟野咲莉・荒川梨杏・岡島遼太郎が集合!

柴田剛男役の藤井さんも北海道へ移住したての映像でしょうか!?

まとめ

奥原なつの幼少期という大役に抜擢された粟野咲莉ちゃん。

すでに演技力・表現力共に世間では高い評価を得ており、記念すべき100作目に相応しいキャストではないでしょうか。

心に傷をおった役柄とうことで、繊細な表現が求められる難しい役になりそうですが、粟野咲莉ちゃん見事に演じるのではと期待してしまいます。

また一つ放送への楽しみが増えますね。