なにわ淀川花火大会2019の交通規制と混雑回避方法は?屋台と穴場スポットをご紹介!

 

令和元年のなにわ淀川花火大会2019は、新しい演出を加えさらにパワーアップした花火大会になります。

オープニングで10号玉5連発の一斉打ち上げで花火大会の幕開けを伝え、水中花火やキャラクター花火の今年の新作花火もたくさん打ちあがります。

なにわ名物の2か所で大きく咲かせる8号玉水中花火と10号玉打ち上げ花火、グランドフィナーレは10号玉五重芯変化菊打ち上げ花火で大輪が6つ咲き乱れる花火のボリューム感に圧倒されることでしょう。

なにわ淀川花火大会2019の交通規制と混雑回避方法についてお届けします。

さらに、屋台や穴場スポットの情報もまとめてお伝えします。

「なにわ淀川花火大会2019」の日程とスケジュール

/p>

打ち上げ日時:2019年8月10(土)

19:40~20:40 雨天決行、荒天中止

打ち上げ場所:新御堂筋淀川鉄橋より下流 国道2号線までの淀川河川敷

打ち上げ数:約20,000発

予想人出:約45万人

会場までのアクセス

出典元:第31回なにわ淀川花火大会公式サイト

有料席を希望の方は当日券を求めるより、事前購入をしておく方がよいでしょう。

電車の場合

  最寄り駅十三会場側梅田会場側
 JR東西線 御幣島駅 海老江駅
 JR神戸線 塚本駅 
 JR  大阪駅
 阪神電鉄 姫島駅 野田駅
 阪急電鉄 南方駅・十三駅 梅田駅
 大阪メトロ御堂筋線 西中島南方駅 梅田駅
 大阪メトロ千日前線  野田阪神駅
 
 

車の場合

主催者側は公共交通機関を推奨しています。

出典元:第31回なにわ淀川花火大会公式サイト

 

場所取りは当日正午からの開始です。

それ以前のシートは撤去され、場所取り後も無人でシートのみ敷いておくのは禁止です。

多くの人が同じように花火を見にきているので、一人のスペースは1㎡の決まりがあるため注意しましょう。

譲り合って場所を取ろう!みんな花火が見たくてきているよ

「なにわ淀川花火大会2019」の交通規制は?

出典元:第31回なにわ淀川花火大会公式サイト

交通規制は早い場所は13時から、メイン通りは17時頃から始まり23時くらいまで周辺道路で行われます。

堤防沿いの道路は十三、梅田側の両方で阪神高速池田線と国道176号線十三大橋の間で昼過ぎから車両通行止めとなります。

出典元:第31回なにわ淀川花火大会公式サイト

車の規制だけでなく、地下道の利用規制もあるので注意してくださいませ。

花火が終わったのちも23:00頃まで交通規制が続きます。

車での来場はよほどのことでない限りおすすめしません。

駅改札のスムーズな流れと人の移動に邪魔にならないためにも、事前にICカードの残高を確認しておきましょう。

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判はこちら

「なにわ淀川花火大会2019」の混雑回避方法は?

2019年は高速道路工事の関係で無料観覧席が縮小されました。

これに伴い場所取りも激戦化するでしょう。

いつもより混雑する可能性があります。

花火開始前

早めに現地に到着するのが一番です。

花火までの時間をどのように過ごすのかも考えておきましょう。

ただやみくもに時間が経つのを待っているのは夏の暑さもあると大変です。

一人で待っている場合には、席をはずす時に両サイドの方に声をかけて、場所取りをしていることをアピールしておきましょう。

スマホの電波が届きづらくなっているので、事前に待ち合わせの場所を決める、駅の構内ではなくて少し離れた場所にするなどの工夫も必要です。

河川敷はもともと公設のトイレが少ない場所のため、事前にトイレの場所を確認しておくと安心です。

当日の天気次第では長時間外にいることが危険な場合もあるので注意しよう!

花火終了後

出来るだけ混雑に合わないようにするには、周囲と少し時間差をつける行動が一番です。

花火の最後を見ないで帰路に向かう、花火が終わったあとすぐに駅に向かわないで、遠回りをして人の流れから外れるなどが考えられます。

「河川敷にそのままいるのはちょっとイヤ!」という場合には、お店のある方向に行ってみるのも効果的です。

どこの駅も構内で入場制限をする可能性もあるので、遅くなることを覚悟しておく方がよいでしょう。

↓↓確認しておこうね~↓↓

なにわ淀川花火大会ルール
 ・会場内でできたゴミはそのまま河川敷に置いて帰ることができます。(片づける人のことを考えてまとめておきましょう)

 

・雨の予報がある場合にはカッパの準備をしてくださいませ。(傘を使っての観覧は控えましょう)帰りの混雑時にも安全です。

屋台

十三会場と梅田会場付近に出店が出ています。

定番品はほとんど出ていて、最近人気となっている釣り物屋台の中でも「うなぎ釣り」は特に人が寄っています。

場所取りで早く着いた方は一息ついてから交代で屋台を楽しむのもいいですね♪

うなぎ釣りいいなぁ~

「なにわ淀川花火大会2019」の穴場スポット5選

打ち上げ場所の近くでなくても花火を見ることができればよいという方もいますね!

少し場所を工夫してみると大混雑に巻き込まれることなく、花火を楽しむことできます。

穴場スポット5選を紹介します。

《梅田スカイビルの空中庭園展望台》

花火を上から見下ろすまたは目の前に見えることが魅力的です。

花火大会観覧用事前販売チケットのみで、入場制限があります。

一人:1,500円 *4歳未満は無料

チケットぴあからの申し込みで、特設ページが7/20(土)に開設されます。

これから受付なので、検討してみてはいかがでしょうか。


展望台各レストランでも特別ディナーの受付をしています。

少しリッチな気分をまとめて味わうことができますね♪

 

《本庄公園》

ゆっくり花火を楽しみたい方におすすめです。

帰りは天神筋橋六丁目駅を目標にして歩くと、比較的混雑に合わずに帰ることができますよ♪

公衆トイレ、自動販売機の設置もあって便利です。

 

《十三公園》

十三駅から打ち上げ場所までの間にある十三公園からも見ることができます。

観覧席の裏手に当たるので、迫力を感じるでしょう!

イレやベンチの設置もあるので通りがかりに一休みもいいですよ。

帰りも打ち上げ場所より駅寄りなので、混雑が始まる前に電車に乗ることができますね♪

 

《西中島南方側河川敷》

西中島南方(南方)駅から向かってきた河川敷の場所は、十三大橋の場所と比較すると空いています。

屋台も多く並んでいる場所で充分楽しめます。

場所取りは17時までにしておくと見やすい場所が取れるでしょう。

フィナーレ見ずに帰り始めるか新大阪駅まで歩いて帰る方法をとると混雑から離れることができます。

 

《大阪駅前第3ビル》

32階、33階のレストランフロアに、東端と西端の計4ヶ所に展望台が開放されているので、夜景と花火を一望できます。

見えるところが狭いので譲り合いながら注意して見るとよいでしょう。

建物の中は冷房が効いていて、トイレの心配がないのが安心です。

よさそうな場所はあったかな?高い建物からは遠目でも見られる可能性があるよ!

まとめ

なにわ淀川花火大会2019の花火のプログラムはエンターテイメントショーのような構成で創作花火や0回記念の6か所ワイド水中花火の再登場など期待に応える内容です。

交通規制や人出が多く混雑しますが、譲り合って楽しいひとときを過ごしてくださいませ。

河川敷も打ち上げ場所から離れるにつれて人の数は減っていくので、花火の音と醍醐味を感じられます。

天気が良ければ夜風の中一駅先まで歩くつもりで慌てずに帰路につきましょう。

綺麗な花火を見て、リラックスする時間を過ごせるとよいですね♪

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓