「青柏祭」2019の日程や見所・駐車場や交通規制は?七尾の屋台と日本一でか山に注目!

スポンサーリンク

石川県七尾市で行われる青柏祭りは、大地主神社(おおとこぬしじんじゃ)の春の例大祭です。


日本一の高さを誇る「でか山」が3台、狭い街中を曳き回される醍醐味は見逃せません。


祭りの名称の由来は、神饌(しんせん)を青い柏の葉に盛ることからきています。


山車は舟形になるように組まれ、高さ12m、奥行13m、重さ20tで車輪は約2mの日本一大きな曳山です。


遠くからも目にすることができて、その山車が動き回るのですから迫力満点!!

 

国の重要民俗無形文化財に指定され、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。

 

青柏祭りは能登地区最大のお祭りで、直接自分の五感で感じていただきたいものです!

日程や見所、駐車場や交通規制情報をお届けします♪

日程とスケジュール

5/3(金・祝)~5/5(日) 10:00~16:00

会場の場所は?

七尾市 市街中心部

大地主神社(おおとこぬしじんじゃ)から七尾市の中心部を曳き廻ります。

スポンサードリンク

【青柏祭」2019】の見どころは?

狭い場所をぎりぎりに通る辻廻しという方向転換をする時の緊張感は観ている側にも伝わってきます。

「せリ上げ」というでか山を斜面に押し上げる場面も迫力満点です。

 

参加型のお祭りで、観光客の方も一緒に曳くことができますので、応援の準備をされるとよいでしょう♪

持ち物に軍手や手袋をお忘れないよう準備してくださいませ。

素手ではケガをしてしまいます。

 

祭りと言えば屋台ですね。

沿道の屋台の他に七尾市の「道の駅能登食彩市場」で美味しものを沢山召し上がってくださいませ。

 

歩き疲れた時には休憩スペースもあるので、このでか山の歴史の展示を見ながら一息つくこともできます。

イベントも各所で行われますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

見所ポイント① 【デカ山】

府中、鍛冶、魚町の3つの山町から1台ずつ山車がでます。


末広がりの舟型で人形は歌舞伎の名場面からとられているので存在感を醸し出しています。

 

道路標識と見比べると、高さがさらに上になっていることがよくわかります。

5/2(木)夕刻 
市内の人形宿に人形が飾られます。
曳山ごとに特徴ある人形になっているので、各町を巡るのも面白いです。

 

 

※三台勢ぞろい
  5/4(土・祝)

大地主神社(山王神社)12:30頃

5/5(日・祝)

能登食彩市場 11:15頃

七尾駅前(ミナクル・パトリア) 12:45頃

御祓川河畔仙対橋 14:30頃

 

辻廻しは交差点で大きくな山車を人の力で廻す前人たちの英知が引き継がれている技です。


「後見」の指示で、油のついた梃子を車の下に差し込んで車を滑らせて方向を変化させます。

 

梃子の原理を使って曳山の前方を揺らし、前輪を持ち上げて回転用の地車を入れて角を曲がっていく時には、若者たちが鈴なりになって、曳山の前輪を狭い角をダイナミックに廻す迫力に圧倒されてしまいますね。

 

狭い道路の運行は電柱や屋根にぶつからないよう梃子役の指示が重要となるのでしょう。

 

でか山の歴史には長い間女人禁制とされていましたが、平成12年府中町で「でか山レディース」という女性運行メンバーが登場し、他の町のでか山にも女性が加わり華を添えていますよ♪


古き伝統を守りつつ、新しいことも加えていくことも必要になってきますね。

 

木遣り歌は5種類の唄があり、でか山に乗った唄い手が唄いながら、曳き廻しのリズムを取ります。

  • 曳き出し唄⇒ 山車曳き出しの際
  • 道中唄⇒曳行中
  • 引き込み唄⇒ 山王神社へ曳き入れる際
  • 大木遣り歌⇒辻回しの際の作業唄。梃子役を囃し、力を与える
  • 曳きつけ唄⇒ 終点に到着した際

と唄い分けられます。

 

曳き納めででか山かを納めたあと披露されます。

 

七尾まだらは、歌詞の読み字を長く引きらながら唄われるので、唄の意味がわかりずらいのが難点で、その反対にメロディがとても面白く、海の唄らしく海上を連想させるような独特感を感じるでしょう。

見所ポイント② 【屋台】

沿道で通常のお祭りで出るやきそばやタコ焼き、カステラの食べ物の類から射的など様々な屋台が出ます。

 

中でも能登の新鮮な魚介類を扱う「道の駅能登食彩市場」は見逃せません。

 

レストランやフードコートも入っていますが、魚介類を買ってすぐに焼くことができる場所も用意されていて、日本海の鮮度のよい魚を堪能することできます。

 

5/5(日・祝)の午前11時15分頃~

3台のでか山がこの場に集ま様子を見ることができるので、食事とともに楽しむことができるでしょう。

見所ポイント③ 【イベント】

テント市や各種イベント開催 

5/5(日・祝)9:30~14:30

 

こども山の運行
10:00~及び11:30~

パトリア・ミナクリム(七尾駅前)

小学生及びご年配の方のみ参加可

 

青柏アトラクション
  14:30~16:00

太平橋特設ステージ

七尾まだら、七尾豊年太鼓、民謡・歌謡ショー

 

 

でか山茶会
9:00~15:00

願成寺

参加費:1,000円

 

市街地から少し距離がありますが、お寺で抹茶の一服のい体験は良い思い出になりますよ!

【青柏祭」2019】駐車場情報

JR七尾駅周辺に無料や有料の駐車場が点々としてあります。

駐車場によってはシャトルバスの運行がされている箇所がありますので、合わせてご利用くださいませ。

専用駐車場は?

臨時駐車場が例年設けられています。

満車になった場合には付近の有料駐車場の利用になるので、早めに来られた方が駐車場の確保は安心です♪

【青柏祭」2019】交通規制情報

でか山が市街中心部を通るので交通規制があります。

アクセスは?

電車の場合

  • 東京方面から

JR北陸新幹線金沢駅⇒IRいしかわ鉄道⇒津幡駅⇒JR七尾線七尾駅

  • 富山方面から

あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道経由⇒津幡駅⇒JR七尾線七尾駅

(東京八重洲口から高速バス富山駅行きも出ています)

 

車の場合

能越自動車道七尾城山ICより国道470号線で約30分

 

まとめ

町を上げてのお祭りで、でか山を通す為にルートを横切る区間の交通信号、交通標識、街路灯が一時撤去されます。

 

通常より電柱が高く設置されていて、早朝、夕刻以降の目印として上部に赤い電球がつけられます。

 

でか山は祭りが終わると解体され、また翌年組み立てられて、違う飾りつけがされます。

舞台の広さに合わせてその年のテーマをもとに構成されるのです♪

 

新緑の季節に迫力あるでか山を見に出かけてみませんか?

 

スポンサーリンク