海の日名古屋みなと祭り花火大会2019交通規制と駐車場情報は?アクセスや見どころについて総まとめ!

海の日名古屋みなと祭花火大会は令和元年で73回を迎えます。

昼間のイベントも多く、最後のフィナーレを飾る花火は音楽とともに打ち上げられ夜空を豪華に彩ります。

付近にはレストランもあるので、綺麗な花火を見ながら食事をすることもできるでしょう。

交通規制が行われるため、主催者側は公共交通機関の利用を呼び掛けていますが、事情もあり車が必要な方もいますね。

駐車場案内では少しでも規制にかからないような場所を選んでみました。

花火大会の場所へのアクセスや見所、穴場スポットも合わせて紹介します。

日程・スケジュール

毎年第3月曜日の海の日に開催
本年は7/15(月) 花火打ち上げ時間:19:30~20:20

雨天決行、荒天中止

会場へのアクセス

打ち上げ場所:名古屋港ガーデンふ頭沖「花火打上船」

電車の場合
地下鉄名港線「名古屋港駅」下車、徒歩すぐ
地下鉄名港線「築地口駅」下車、徒歩10分
名古屋臨海高速鉄道あおなみ線「稲永駅」下車、徒歩30分

車の場合
交通規制がかかるので、少し遠目の駐車場を利用しましょう。

花火大会の案内に車での来場ルートが載っていなかったので、出来るだけ公共交通機関を利用してほしいみたい!

スポンサードリンク

交通規制

江川橋緑地口交差点からガーデンふ頭交差点は15:00から車両通行止め
築地口交差点および金城ふ頭から以南は車両通行止め及び全面駐車禁止

場所により通行止めの開始時間が異なるので注意をしてくださいませ。

上の図の赤く記載されている道路は、規制解除の時間が22:00頃で、それまで全面車両通行止だから出来るだけ避けて駐車した方がいいですよ!

今すぐakippaで事前予約した方はこちら▷

スポンサードリンク

駐車場情報

《地下鉄築地口駅周辺駐車場》

名古屋港から南は交通規制がかかるので、駐車をするのであれば地下鉄築地口駅付近が最短になります。

帰りの渋滞などを考えるともう少し遠目でもよいですが、暑い中歩くのもまた考えものですね。

暑い時期なので、帽子、日傘、日焼け止め、サングラスなどの準備は忘れないようにしてくださいませ。

車の中は高温になるため持ち出さないものはクーラーボックスに入れておくだけでもかなり違いますよ♪

専用駐車場

海の日名古屋みなと祭花火大会のための専用駐車場は設けられていません。

地下鉄築地駅付近の駐車場を一部紹介します。

《名鉄協商築地口駐車場》

営業時間:24時間 収容台数:30台 平面(舗装済) ゲート
料金:全日 60分 (08:00 – 22:00) 200円 /全日 180分 (22:00 – 08:00) 100円 最大料金 全日 (入庫より24時間まで) 600円
高さ : 2.30 m 以下  幅 : 1.90 m 以下  長さ : 5.00 m 以下  重さ : 2.00 t 以下

会場に一番近い駐車場のひとつです。
1日中予定を立てている人にはおすすめです。

 

《名鉄協商築地口第7駐車場》

営業時間:24時間 収容台数:17台 平面(舗装済) ロック板
料金:全日 30分 (00:00 – 24:00) 100円 全日 (入庫より24時間まで) 600円 全日 (20:00 – 08:00) 300円
幅 : 1.90 m 以下 長さ: 5.00 m 以下 重さ: 2.00 t 以下 最低地上高: 15 cm 以上

屋根がないので、直射日光に弱いものは車の中に放置しないように注意しましょう。

 

《名鉄協商港栄3丁目駐車場》

営業時間:24時間 収容台数:6台 平面(舗装済) ロック板
料金:全日 30分 (08:00 – 20:00) 100円 全日 60分 (20:00 – 08:00) 100円 最大料金 全日 (08:00 – 20:00) 550円  全日 (20:00 – 08:00) 300円
幅: 1.90 m 以下 長さ: 5.00 m 以下 重さ: 2.00 t 以下 最低地上高: 15 cm 以上

台数が少ないので利用する場合には事前予約をおすすめします。

今すぐakippaで事前予約した方はこちら▷

海の日名古屋みなと祭の見どころや有料席、穴場スポット

お昼近くからイベントが開催され、花火が上がる頃には人出は40万人弱の見込みです。

海の日名古屋みなと祭は、11:30から名古屋指定無形民俗文化財の「筏師一本乗り大会」から始まります。

イベントステージでは、マーチングバンドや神楽揃えなどが行われます。

15:00からパレードが行われ神楽、海洋少年団、一輪車などが続いて町内の山車や流し踊りが続き、最後に総踊りが行われて花火大会が始まります。

見どころポイント①【花火】

花火は3,000発です。数は多くはないのですが、10号玉の迫力ある花火がバンバンと連続し、見とれてしまうほどのスターマインが多く上がります。

フィナーレで音楽とともに上がるメロディー花火は、夏本番を伝える花火大会にふさわしい豪華絢爛さが出ています。

昼間のイベントがあることも考えると、真正面の場所は早くから出かけて場所をキープする必要がありますね♪

 

花火、きれいだね~

これ見るために暑い中出かけてくるんだから、よく見える場所が撮れるといいよね!!

見どころポイント②【屋台】

花火に屋台はつきものですね!

築地口駅から名古屋港駅にかけて屋台がずらりと並んでいます。

数はゆうに600を超える規模ですよ♪

定番の焼きそば、ジャガバターから玉子せんべいやスイカなどのご当地屋台も出ています。

色々あって何を食べようか迷ってしまうなぁ~
フランクフルトもいいし、玉子せんべいなんて知らないから食べたい!

見どころスポット③【有料観覧席】

陸地での有料観覧席はありませんが、海上打ち上げのため港からクルージング船が出ます。

《名古屋みなと祭花火大会観覧クルーズ》
☆なごやんツアー:大型クルーザーから花火が鑑賞できます。

みなとで打ち上げる花火だからこそのクルージングです。

大人と子供(3歳以上)は同額なので、少し金額が張りますが、贅沢に時間を過ごしたい方にはおすすめです。

現在まだWEBには案内が出ていないのですが、先に検討しておくのもよいでしょう!

別途乗り合いのクルーズ船がありますが、こちらは乗船場所が異なります。

船から花火を見るなんていいなぁ。
海上から上げているからすご~く綺麗にみえるよ!

見どころポイント④【穴場スポット】

陸上での指定席や有料席はないので、場所取りは早いもの勝ちです!

以前から穴場スポットとして多くの場所が紹介されているので、すでに穴場でなくなっている箇所もあるかもしれません。

ここがよさそうだなと思った場所を一部紹介します。

《ガーデンふ頭2号・3号岸壁》

場所取りは16:30から3号岸壁から解放されます。

2号岸壁は17:00からの解放です。

早めに到着して、開門を待つぐらいの準備が必要でしょう。

花火を正面から見ることができるので穴場でも人気度が高いです。

この岸壁脇もよく見えるところだけど、早く人で埋まってしまうことが多いようだよ。
開門前に別のところで場所取りができるけれど、少しでも余分に遊びたい人はこの時間を狙ってね!

 

《稲荷橋付近》

メインの通りからはずれているので、お祭りの感じを味わえる場所ではないです。

遮る高い建物もなく人もあまりいないので、帰り際にみようかなという方にもおすすめです。

立ちっぱなしは疲れてしまうので、簡易椅子があると便利です。

築地口付近に駐車している方は帰りの人混みにもはずれることでしょう。

イベントや観光を終えて花火を見て帰ろうかなっという人にピッタリの場所。
地下鉄が混雑する前に乗れそうだよ!

 

《つどいの広場》

意外に近いのですが、思ったよりも人がいなく、花火を遮るものもないので近場の穴場です。

大勢の人に囲まれるのが苦手な方は、ほどよいスペースでみることができるでしょう。

草があるところなので、虫よけスプレーは必ず持っててよ。
刺された時のことを考えてかゆみ止めもあるといいからね!

 

《港陽公園》

地元の人が見にくる穴場スポットです。

公園なのでトイレ設備もあって、静かに見たい方にはおすすめです。

少し距離がありますが、帰りのことも考えるとなかなかいい場所ですよ♪

小さなお子様連れの方にはいいかもしれないですよ~
人も少な目で花火も綺麗!
花火が終わる前に帰ることになるかもしれないので、
自由に動ける点もバッチリ!

まとめ

海の日のお祭りイベントの中のフィナーレを飾る花火大会ですが、真正面の見どころの場所はかなりの混雑が予想されます。

帰りの電車もかなりの混雑が予想されるので、花火を見ながらジワジワ移動するのもよいかもしれません。

夏休み本番に入った直後の花火大会です。

子供はパワー全開の時期なので、暑さ対策を十分にして、大いに楽しんでもらいたいものです。

本年のよき思い出の一日になることを願います。

↓↓今すぐakippaで事前予約した方はこちら▷↓↓