モトカレマニア相関図とキャスト一覧まとめ!新木優子主演の元カレ依存ドラマ!

スポンサードリンク

 

2019年フジテレビ秋ドラマ『モトカレマニア』が10月から、毎週木曜日の夜10:00~ いよいよスタートします!

新木優子さんと高良健吾さんの初ダブル主演とのことで、盛り上がってますねー。

原作は瀧波ユカリさんの人気漫画で、現在も講談社Kissにて連載中の『モトカレマニア』

ファンも多いので、めちゃめちゃ楽しみにされてる方もたくさんいらっしゃるのでないでしょうか。

既にファンの方もこれから楽しみにしている方も、気になる登場人物相関図やキャストについて紹介していきたいと思います。

モトカレマニアはどんなストーリー?

まず、ドラマの概要を見ていきましょう。

一言でいうと、トカレが忘れられずイタイほどこじらせちゃった27歳女子が、偶然モトカレに再会して繰り広げるラブコメディ!!

合言葉は ”女だって引きずる”!! です

そもそも見た目もかわいく、コミュニケーションも下手なわけでもない、恋愛に苦労しなさそうな女の子がなぜ?

主人公の難波ユリカは、19歳の時から付き合っていたモトカレのマコチこと斉藤真と、就職をきっかけにちょっとしたすれ違いから振ってしまったんですね。

その後他の男性とお付き合いもしたけど、見事にクズ男ばかり。

そこで気づいちゃったんです、、、マコチとの恋愛は素敵だったんだって

それからユリカは、またクズ男と恋愛するぐらいならと、現実の恋愛よりも過去のキラキラした思い出をもとに脳内でマコチと恋愛の妄想を膨らませマコチの面影を探す日々を過ごすモトカレマニア(MKM)になるのです。

そして妄想のマコチはいつしか神的存在にまで(笑)!!

イタイでしょ、ヤバいでしょ、と つい笑ってしまいますよね。

職場がうまくいかず退職し求職中だったユリカは、ある時チロリアン不動産に面接することに。

就職したチロリアン不動産で、はじめて担当したお客様である男性と新たな出会いがあり、マコチへの気持ちを抑え、脱MKMのごとく、新しい恋を始めようとします。

がその矢先、なんとマコチとの5年ぶりの再会をしてしまうんです!!

イケメンだけどピュアで天然なマコチにときめくユリカ。

これは運命なのか?それとも・・・?!

・・・ところがマコチに別の女性の存在が見えてきます。

マコチをめぐる女性同士の戦いも気になりますね。

マコチに恋心を寄せるユリカですが、マコチのピュアで天然がゆえにちょっと無神経にも思えるそんな態度に惑わされ揺れ動きます。

この恋どうなる?

2人の恋は再燃するのでしょうか!?

原作はまだ連載中のため、ドラマオリジナルのストーリー展開も期待できますね!

イタかわ女子のキュンキュンざわざわラブコメディになりそうですね。

この先の展開をにぎる登場人物の紹介、相関図などを詳しく紹介していきましょう。

「モトカレマニア」の相関図と登場人物は?

※相関図は発表され次第追記します。

各人物の役柄について

難波ユリカ(新木優子)

モトカレのマコチが好きすぎて、自らをも「モトカレマニア(MKM)」と呼ぶ27歳こじらせ女子。

見た目もかわいくてコミュニケーションも下手なわけでもないが、マコチとの別れの後立て続けにクズ男との恋愛を経験したせいで、恋愛がわからなくなる。

脳内で元彼マコチの妄想を繰り広げ感情が暴走してしまうことも。表情にも行動にも全部さらけ出してしまうイタかわ女子。

マコチこと斎藤真(高良健吾)

ユリカの元カノ。イケメン。ユリカの妄想にキラキラ登場する脳内彼氏になっている。

ユリカが転職する不動産会社で働いており、ユリカと再会し同僚となる。

ピュアで天然過ぎて、女子の気持ちに気づかない、罪な男であり、それがゆえにユリカの気持ちを揺さぶる。

山下章生(浜野謙太)

ユリカが不動産会社で営業担当し物件の契約したお客様。大手食品会社で働く将来有望なエリートサラリーマン。グルメマニア。

優しくて誠実だが恋愛には奥手。”ザ・いい人”。ユリカにお付き合いを申し込むが、実は忘れられないモトカノの存在があるモトカノマニア。

安藤一朗(小手伸也

ユリカとマコチが働くチロリアン不動産の社長。

女性へのハラスメント防止のために女性とは飲みに行かないハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)を結成するなどリスクヘッジに敏感だが、ユリカのマニア度は仕事に生かせると考えている。

真に恋愛のアドバイスをするなど、部下思いの優しさが垣間見えることも。

丸の内さくら(山口紗弥加)

ユリカが愛読する恋愛小説の作者。

切なくて甘酸っぱい繊細な小説を持ち味とし、小説の源は自身の元彼との思い出。ユリカと同じモトカレマニア。

心では素直なのに、防衛本能が強すぎて周りの人を攻撃しちゃうかわいらしさを見せるアラサー独身女性。

来栖むぎ(田中みな実)

地元北海道を愛し、北海道でコミュニティラジオのパーソナイティとして活躍している。通称むぎちゃん。

仕事に誇りを持ち、高潔さが時に他人に誤解されてしまうが、それを気にしない芯の強さがある。

仕事の目標と恋愛の間で揺れ動く。

周防ひろ美(よしこ(ガンバレルーヤ))

ユリカの大学時代からの親友。既婚者。

ネイリストをしている”ザ・いい女”。

ユリカの突っ走ってしまう行動を心配し、幸せを願うばかりにいろいろアドバイスを講じる。

大沢将(森田甘路)

チロリアン不動産社員。ユリカの同僚。

明るいキャラで、くだらないギャグを連発したりする人物。

女性への気遣いや接し方が分からず、飲んだらセクハラをしてしまうかもという怖さからハラミ会のメンバーになっている。

白井忠文(関口メンディー(EXILE/GENERATIONS))

チロリアン不動産社員。ユリカの同僚。

無責任でいじられキャラ。ハラミ会メンバーのひとり。

増田隆志(加藤虎ノ介)

BARネコ目のマスター。

ユリカとマコチの恋を見守るバーのマスター。

新田浩二(大地)

丸の内さくらの担当編集者。

さくらに新しい作品の執筆を熱望している。

近藤康(井上翔太)

BARネコ目のアルバイト。

モトカレマニアのキャスト(出演者)は?

キュンキュンさせてくれる個性ある登場人物たち…その気になるキャストのプロフィールや過去出演作品について、まとめていきます。

新木優子は難波ユリカ役

1993年12月15日生まれ。東京都出身。

小学5年生のときに原宿竹下通りでスカウトされ、『錨を投げろ』で映画初出演されました。

2014年に雑誌『non-no』の専属モデルとなり、以降雑誌やCMなどにも数多く出演されてますね。スラっとしていてとても綺麗ですよね。

2016年、フジテレビオンデマンド『ラブラブエイリアン』で連続ドラマ初主演を果たし、その後はドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』や『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-3rd season』、『トドメの接吻』、『SUITS/スーツ』、『トレース〜科捜研の男〜』などたくさん出演されてます。

『コードブルー』や『トレース~科捜研の男』など、命の現場で悩みながらも試行錯誤しながら頑張る新人の姿が、とても印象深くて好印象でしたよね。

かわいくてきれいな新木優子さん。

今までのイメージとはだいぶ違った、主役のタかわ女子”難波ユリカをどのように演じるのか気になりますね~。まさに新境地とも言えますね!

親近感がましちゃいそうで、すごく楽しみです!

ドラマへの意気込み

原作を読んで、過去の彼に抱く印象をユリカは全部さらけ出してしまうとても素直な女の子だなと思いました。なので、今まで以上にすべてのことに素直に反応してお芝居を楽しみたいです

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/

高良健吾は斎藤真役

出典元:https://blog.goo.ne.jp/miy36/e/8fd6b48778798e9fe1a1d90566128d76

1987年11月12日 生まれ。熊本県出身。

高校生の時に、熊本のタウン情報誌『クマモト』にスカウトされ、素人スタッフ兼モデルとして活動を始め、俳優を目指し高校卒業と共に芸能界に入られました。

2005年、ドラマ『ごくせん第2シリーズ』で3年D組の不良生徒役を演じて俳優デビューし、2006年には『ハリヨの夏』で映画デビューもされました。

2008年公開の映画『蛇にピアス』では、全身刺青で顔に15個のピアスをした青年の役を演じ、度肝を抜かれた人もいたんじゃないでしょうか。

2013年、主演映画『横道世之介』では、第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞されました。

その他舞台にもいろいろ出演されています。

ディープな役が似合う高良健吾さん着実に実力派俳優となるべく活動していますね。

とにかく美しい顔立ち、ウットリします!

今回どのようにュアで天然のマコチを演じてキュンキュンざわざわさせてくれるのでしょうか

うっかり妄想してしまいそうですね(笑)。

ドラマへの意気込み

イメージもまだまだなので、これから徐々にマコチのことを身近にしていけたらと思います。ただの天然にはさせないように、マコチを確かに存在させることが自分に与えられた役割だと思います。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/

 

浜野謙太は山下章生役

 

1981年8月5日生まれ。神奈川県出身。

ミュージシャン。俳優。愛称はハマケン。

バンド「在日ファンク」のリーダー&フロントマンをされています。

数々のバンドに携わり、音楽業界では知名度も高いんです。

近年は俳優業、タレント業も並行し、映画やドラマへの出演が相次いでいますね。

朝ドラ、月9ドラマでも独特の親近感で魅了し、俳優としても引く手あまたの存在です。

ハマケンさん、本当にいい味出してますよね。

そのままでも場を和ませるような優しい雰囲気と、どことなく滑稽な演技が魅力です。

本業はミュージシャンなんて驚きです。

今回も”ザ・いいひと”役に、またドはまりしそうですね(笑)。

ドラマへの意気込み

グルメマニアの山下さんはこの“国民総マニア化時代”における視聴者代表のようなものだと思います。不器用なようでいて、実は幸せに向かって爆走しているさまを見せられたらと思います。

ラブコメ…大好きだけど、もうやらせてもらえないのかなと思ってたところに迷い込んできた運命のような話なので全身全霊で山下になろうと思います。是非とも自分の分身のような感覚で応援してくださいっ!!

引用元:https://www.fujitv.co.jp/muscat/20195831.html

 

小手伸也は安藤一朗役

出典元:https://realsound.jp/movie/2018/11/post-279223.html

1973年12月25日生まれ。神奈川県出身。

俳優、声優、作家、演出家。

2016年『真田丸』(塙団右衛門役)で注目を集め、2018年、ドラマ『コンフィデンスマンJP』出演で大ブレイクされました。

その後『ハゲタカ』、『SUITS/スーツ』、『集団左遷!!』、朝ドラ『なつぞら』など、話題作にひっきりなしに出演されています。

長年舞台など俳優業の傍ら、最近までコールセンターのアルバイトをしていた苦労人だそうですね。

40歳半ばからのブレイクは、まさに“シンデレラおじさん”

しびれるような重低音ボイスとアク強めの演技やその容姿は気になって仕方がありません!

癖になりそうですよね(笑)

チロリアン不動産の社長役、一癖も二癖もありそうで、今回も楽しみです!

山口紗弥加は丸の内さくら役

出典元:https://www.oricon.co.jp/news/2120418/photo/1/

1980年2月14日生まれ。福岡県出身。

1994年、14歳の時に日清食品「どん兵衛」でテレビCMデビューされました。

フジテレビ系テレビドラマ『若者のすべて』でドラマデビューし、以後数多くのドラマ、映画、舞台に出演されています。

バラエティ番組にも出演されていましたが、2014年頃からドラマの出演が増えましたね。

幅広い役柄をきっちり演じ、それぞれの作品に欠かせない名バイプレーヤーとして女優活動を続けられています。

2018年、『ブラックスキャンダル』で、38歳・芸歴24年にしてドラマ初主演を果たし話題となりました。

『ブラックスキャンダル』は衝撃的な役どころをすさまじく見事に演じていて、私はテレビにくぎ付けになっていましたよ。壮絶でした。

山口紗弥加さん、綺麗でミステリアスですよね。

今回は、本当は素直なのに防衛本能が強過ぎるあまり、周囲を攻撃してしまうかわいらしい女性の心の動きをどう表現されるのか、楽しみですね。

田中みな実は来栖むぎ役

出典元:https://torigei.com/geisoku/tanakaminami-kareshi-netsuai/

1986年11月23日 アメリカ・ニューヨーク生まれの埼玉県出身。

2009年、アナウンサーデビュー。2014年、フリーアナウンサーとなられました。

アナウンサーの仕事での活躍の他、最近ではバラエティー番組ではかわいらいルックスと歯に衣着せぬ物言いのギャップにはまってしまう人が続出しましたね。

雑誌non-noでは美しいボディを披露し話題になりました。

ドラマ出演は2019年『絶対正義』 石森麗香 役、『ルパンの娘』 第5話  双葉美羽 役と、意外にもまだ少ないですね。

今回、ラジオパーソナリティーのむぎちゃんという役どころなので、アナウンサーとして培ってきた表現力を存分に発揮してほしいですね。

仕事と恋の両立に悩むオトナ女性の共感を集め、またまた素敵な彼女を見せてくれるのではないでしょうか。

よしこ(ガンバレルーヤ)は周防ひろ美役

1990年10月24日生まれ。愛知県出身。

お笑いコンビ、ガンバレルーヤのボケ担当。

ロングヘアーで、女優の小雪さんの物まねも面白くて人気ですね。

「クソが!!」とほえる姿は強烈です(笑)。

そんなよしこさんですが、8月24日・25日に放送された24時間テレビ42では、24時間駅伝の第2区走者として、なんと32.195kmを完走も果たされました。

今回は連続ドラマ初出演!

しかもなんと”ザ・いい女”の周防ひろ美役です!

駅伝の勢いに乗ってやる気満々です!

写真は”ザ・いい女”周防ひろ美になったところですね。

みちがえるように綺麗な女性になりましたね。(ビックリ)

ドラマでははたしてどんな風にいい女になりきるのか気になります!

ドラマへの意気込み

はじめての連ドラ、挑戦させていただける幸せをかみしめながら、先日の24時間駅伝の勢いそのままに、楽しく最後まで走り抜きたいです!!毎週木曜よる10時、お茶の間でお会いしましょう!

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/news/news03.html

森田甘路は大沢将役

1986年6月12日生まれ。東京都出身。

2008年に劇団ナイロン100℃の新人オーディションに合格、その後研究生を経て劇団員へと昇格されました。

舞台のみならず、テレビドラマ、映画、CM、ラジオドラマなど、本当に数多くの作品を多岐にわたって出演し活躍されています。

森田甘路さん、ちょこっとぽっちゃりしたところがすごくいいですよね。

憎めないイイヤツ役も、ふてぶてしい嫌味な役も、ちょっと影のある役も、なんかじわあ~っとしてくるんですよね。

かなり目立つわけじゃないけど、そんなじわじわが好きな俳優さんです。

チロリアン不動産のユリカの同僚役もきっとじわじわしちゃいそうですね~。

関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)は白井忠文役

1991年1月25日、アメリカ・ニュージャージー州生まれの東京都出身。父はナイジェリア人、母は日本人のハーフ。

2011年7月、GENERATIONSの候補メンバーとして始動。GENERATIONS、EXILEのメンバーで、ダンサー、パフォーマーをされています。

そんなグループの中でも“バラエティー班”として名前が認知されていますね。

肉体派な一面をいかして、TBS系のスポーツ特番「究極の男は誰だ!? 最強スポーツ男子頂上決戦」などでは抜群の活躍も見せました。

また、ワイドショー『バイキング』では『メンディー先生の突撃!昼休み学校訪問』などいくつかの企画でその面白さが話題になりましたね。

トーク力もあり、大人で男前が揃うEXILEの中でも、安心感と親近感を与えてくれる存在となっているようですね。

ドラマ出演は『ナイトヒーロー NAOTO 』第5話、『PRINCE OF LEGEND』、『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』があります。

関口メンディーさん、かっこよくて面白いなんて素敵ですよね。

今回『モトカレマニア』でも持ち前の明るさで、エリカの同僚役、令和版”無責任男”役を熱演するそうです。

このヤル気みなぎるガッツポーズも面白いですね~!!

ドラマへの意気込み

誰にでも“諦めンディー”できない恋があると思います。そんな視聴者の皆さんが共感でき、その背中を押してくれるような作品になると思います!

引用元:https://www.fujitv.co.jp/muscat/20196008.html

加藤虎ノ介は増田隆志役

出典元:https://spice.eplus.jp/articles/141580

1974年10月20日生まれ。大阪府出身。

劇団MOTHER(劇団は2002年に解散)所属時の名は本名の奥田義人(本名)でした。

もともと舞台活動が中心だったため知名度はあまりありませんでしたが、連続テレビ小説『ちりとてちん』の徒然亭四草役で人気が急上昇したし、役名から、「四(ヨン)様」というあだ名で女性ファンが急増しました

NHK『スタジオパークからこんにちは』に出演した際は、ファンからのメールでサーバーがダウンしてしまうという、NHKでは初めての事態を引き起こしたすごい人です。

数多くのドラマ、映画に出演していますが、ドラマ『HERO』や『半沢直樹』、『トレース〜科捜研の男〜』などは記憶に新しいですね。

趣味はバイク、料理、モデルガン。イメージ通りでめちゃめちゃかっこよくて素敵ですね!

今回はBARネコ目のマスター役。

主人公ふたりを見守るという、原作でも人気のキャラです。

今回もイケメンのマスターで人気になりそうですね。

大地は新田浩二役

出典元:http://www.tencarat.co.jp/daichilinmuchen/

1985年12月30日生まれ。中国出身。中国名は林睦宸(Lin Mu Chen)。

中華圏を中心に活躍し、中国語、日本語が使えるグローバルな俳優さんです。

日本での作品は、FOD配信ドラマ『GHOSTTOWN』、『僕はまだ君を愛さないことができる』や、地上波ドラマ『夢食堂の料理人~1964東京オリンピック選手村物語~』です。

モトカレマニアでは小説家山之内さくらの執筆を熱望する担当編集者さん役です。

大地さん、どんな演技を見せてくれるのでしょうか。

ちょっとワイルドな雰囲気もあり、かっこいいですね。

日本でもどんどん人気が出そうですが、これからたくさん見てみたい俳優さんです。

井上翔太は近藤康役

出典元:https://www.mensnonno.jp/model/inoue/

1999年1月8日生まれ。京都府出身。

2017年、メンズノンノ公開オーディションで見事グランプリを獲得し、デビューしされ、メンズノンノの現役専属モデルとして活躍されています。


同年、『セシルのもくろみ』(ジテレビ系列)のスピンオフ作品『セシルボーイズ』で俳優デビューされました。

イケメンで、はにかむ笑顔がちょっと少年ぽくて、とても素敵ですね。

『モトカレマニア』では、BARネコ目のイケメンアルバイト店員役です。

ユリカとやりとりするシーンでどんな表情を見せてくれるのか、楽しみですね。

まとめ

↑キュンキュンがあふれ出しそうです・・・(笑)。

「女子だって引きずる」!? 脳内でモトカレ妄想なんて、そんなのちょっとイタいよ、なんて最初は思ってました。

でも、もしもこんなイケメンのモトカレだったら、、、?私がユリカだったら?

このシーンを見たら!!そんな事言えなくなりました。

だってそうでしょう。

最近よく聞きますよね。ドラマのイケメンキャラがいなくなって、「”●●●●ロス”になっちゃった~~、ああ寂しい~~!帰ってきて~~!」とか言うあれです。。。

他人事ではありません。人間なんて自分は大丈夫とか思ってる人ほど、実は気が付けばそんな深い溝にはまってしまうものかも知れませんね。

さて、主人公ユリカとモトカレマコチはどう展開していくのでしょうか。とっても気になりますね!

脱MKMはできるのか?それとも結ばれるのか?

とにかく、もうすでにMKMというあなたも、自分はそうではないと思っているあなたも、キュンキュンざわざわするこのイタかわ女子の恋の行方をみんなであたたかく見守りましょう!

気になる方は、瀧波ユカリさんの原作漫画『モトカレマニア』をチェック!

この秋は毎週木曜夜10時、ドラマ『モトカレマニア』を楽しみましょう!