モトカレマニア原作ネタバレ!ラスト結末でユリカは新たな恋を見つける?

スポンサードリンク

 

秋の新ドラマ、10月17日スタートのフジテレビ木曜劇場『モトカレマニア』ですが、新木優子さんと高良健吾さんの主演で、CMも始まり期待度が高まっています。

ガンバレルーヤのよしこさんや、EXILEの関口メンディーさんの出演でも話題になっていますね。

今回は新木優子さんが今までのイメージをぶっちぎる勢いで演じるイタかわ女子のラブコメディー、早く見たいですね(笑)。

そんな新ドラマ『モトカレマニア』はどんなストーリーなのか、原作はあるのか、結末はどうなるの?

など原作ネタバレ…まとめていきたいと思います!

→「モトカレマニア」のフル動画を今すぐ無料で見る方法!

モトカレマニアのストーリーは?

一言でいうと、モトカレを忘れられずひきずり、恋愛がうまくできなくなっちゃった女子が暴走し、奮闘するラブコメディ!

主人公は見た目にもかわいくて、コミュニケーションもこれといって問題のないのに恋愛がうまくできない27歳の難波ユリカ(新木優子)

ユリカがそうなってしまったのには、実はわけがありました。

ユリカには19歳の時から数年付き合っていた男性がいましたが、ユリカの就職のタイミングで些細なすれ違いから彼を振ってしまったのです。

彼氏なんてすぐまたできるだろう、と深く考えていなかったユリカでしたが、その後お付き合いした男性は1人目はクズ男、2人目はもっとクズ男だったのです。

こうして恋愛に失敗し、「次に付き合う人がまたクズ男だったら、、、」と考えるともう新しい恋愛をする気になれず、最初に付き合った元彼、マコチこと斉藤真(高良健吾)尊い存在に気づき、過去のキラキラとした恋愛の思い出に浸る日々を送るようになるのです。

こうしてユリカはいつしか脳内で元彼マコチとの妄想を繰り広げ、神のように崇拝し、事あるごとに現実にマコチの面影を重ねては一喜一憂する「モトカレマニア(MKM)」になったのです!

イタイですね~! 新木優子さんがこのイタかわ暴走女子をどう演じてくれるのでしょうか、楽しみですね!

 

ある日ユリカは転職した不動産会社、チロリアン不動産である男性との出会いがあります。

ユリカはモトカレマニアを卒業(脱MKM)し、その男性、山下章生(浜田謙太)と新しい恋愛を始めようとしていたその矢先、まさかの元彼マコチと再会してしまうのです!!

運命なのか?!それとも…。

高良健吾さんが演じるピュアで天然なマコチが気になりますが、そんなマコチに女心を揺さぶられるイタかわ妄想暴走女子、ユリカを演じる新木優子さんにも期待です(笑)!

モトカレマニアに原作はある?

出典元:https://kisscomic.com/c/motokaremania.html

原作は瀧波ユカリの人気漫画!

このドラマの原作は現在も講談社「Kiss」にて連載中の人気漫画『モトカレマニア』です。

作者は瀧波ユカリさんです。

瀧波さんは2004年にアフタヌーン四季賞冬のコンテストにおいて、「臨死!!江古田ちゃん」が史上初めて4コマ漫画により四季大賞を受賞されデビューされました。

瀧波ユカリさんのコメント

モトカレマニア”ドラマ化、すごーくうれしいです!新木優子さんの演じるユリカが楽しみすぎます。妄想を突っ走らせるユリカ、脳内会議で増殖しまくるユリカ、ツーンとしたり、赤面したり、感情暴走列車状態のユリカ…。それを演じる新木優子さんの愛らしさを想像してキュンキュンしています。そして、マコチ役に高良健吾さん…!“忘れられないモトカレ”としての魅力がありすぎます!“高良健吾さんがモトカレだったら”という妄想をしてみましたが、ステキすぎてつらすぎて泣きたくなりました…!ほかにも、優しさあふれる山下さん、個性豊かなチロリアン不動産のメンバーなどなど、ドラマの見どころがありすぎて今から困ってます!昔の恋人を忘れられないモトカレ&モトカノマニアの方々も、そして昔の恋人なんて思い出しもしないという方々も、共感したり、悶絶(もんぜつ)したり、ハラハラドキドキしたり、きっといろんなふうに楽しめるドラマになるはず。とっても楽しみにしています!

引用元:https://kisscomic.com/news/190812.html

 

女性の心や状況を鋭く描くことに定評のある瀧波ユカリさんの作品とあって、原作ファンも多く、ドラマも期待大ですね!

モトカレマニアの原作ネタバレ!

脱MKM大作戦

マコチと再会し、恋心を高ぶらせるユリカでしたが、不動産会社の同僚となったマコチが自分におススメ物件を営業して来たことで、マコチの気持ちが既に冷めていることに気づきます。

しかも別の女性と同居していることがかります。

ユリカはマコチの事を忘れようと、お付き合いを申し入れてくれた男性、山下章生(浜田謙太)と付き合い始めます。

いい雰囲気になったのも束の間、山下にも忘れられない元カノがいるモトカノマニア(MKM)だったのです。

MKM同士であることがわかり、お互いの気持ちを共感しあった二人は「脱MKM大作戦」として、再びお付き合いをスタートし、デートを重ねて次第に好意を持つようになります。ついに脱MKM合宿としてお泊りデートをし、結ばれようとする二人!

でしたが、…うまくすることができず…それ以上の関係になることができなかったのです。

そこへ山下のSNSにモトカノから反応が来るのです。

これは絶対にモトカノとまたうまくいく、とユリカは山下の背中をおし、山下はモトカノに会いに行き、こうして脱MKM大作戦は終了となるのでした。

せっかく気持ちがわかりあえて、仲良くなったのに、脱MKMにたどり着けない、MKMの悲しい性でしょうか。しかもこのタイミングでモトカノからの返信。もう仕方ないですよね…。

マコチに告白!マコチの反応は?

まだマコチへの気持ちが抑えられないままのユリカは、とうとうマコチに告白してしまいます。

ある日ユリカはマコチにDVDを取りに来るようにと家に誘います。

ユリカの家で、マコチはユリカがかわいくなり、キスをするのです!

自分への気持ちを確信したユリカ。これで晴れてモトサヤに返り咲くのか?

ところが、マコチは同居している女性との関係を解消することも、ユリカと付き合うことも保留、という不誠実な態度をとるのです。

マコチ!これはピュアで天然というより、実はダメ男なんじゃ( ;∀;)?なんて思っちゃいますよね!

マコチの同居人女性は

マコチの同居人女性とは、ユリカが愛読する恋愛小説の作家、丸の内さくら(山口紗弥加)でした。

さくらは、彼女自身も元彼を忘れられないモトカレマニアでしたが、徐々に真にも惹かれていました。

ユリカの存在を知ったさくらは自分と似た境遇に共感しつつも、「私たちはソフレ(添い寝フレンド)」と、SNSでマコチと二人で添い寝している画像をユリカに送ってくるのです。

女同士の戦い!マコチをめぐるマウンティング!怖いですね~~。

ついにマコチが同居人と!?

マコチはユリカの熱い気持ちを受けてか徐々にユリカに対する気持ちも変化していきます。

ある日、マコチは同居人であるさくらに、超えてはいけない一線を軽い気持ちで越えようとし、さくらはマコチとの同居を解消する事を決めます。

さくらからそれを聞き、ユリカはさくらの元を出るマコチを迎えに行きます…。

さてさて、どうなるのでしょうか。

二人はまた晴れて恋人に戻って再スタートするのでしょうか。

モトカレマニアのラスト結末は?

ユリカはマコチとモトサヤに戻るのでしょうか?それとも新しい恋に踏み出すのでしょうか。

原作は現在も講談社「Kiss」のて連載中です。

そうです・・・まだ結末を迎えていないんです。

どんな結末になるのか!?これまでの漫画原作の展開をもとに予想してみたいと思います!※個人の見解です(^^♪

ハッピーエンドを望む声が多いようですね。

ですが、私、ここは敢えて…

マコチに恋心を寄せ続けたユリカでしたが、会えない期間に膨らませたキラキラなマコチの妄想とは裏腹に、現実にはマコチは不誠実な態度をとっていて、それに気づいていたユリカ。

さくらとの同居を解消したマコチが再び一旦はユリカのところに戻るのかという状態になりますが、マコチはやっぱり、ユリカとの恋愛に対して消極的なのではないでしょうか。

流れで二人の同棲が始まれば、ハッピーエンドに近づくかもしれません。

が、私の予想は「モトカレマニア卒業(マコチからの卒業)」です。

理想と妄想のマコチはもういないと気づき、脳内彼氏を無事に成仏させ、ユリカは晴れて新しい恋に目覚め、次なる素敵な出会いに飛び出してゆく。

というのはどうでしょうか。(あくまでも個人の見解でした。)

まとめ

10月スタートのフジテレビドラマ『モトカレマニア』について、原作とネタバレについてまとめてきました!

このドラマの難波ユリカのように、モトカレやモトカノが忘れられず、引きずってなかなか抜け出せない人も、またそんなのさっさと忘れて次に進めばいいのにと、さっぱりしちゃえてる人も、

恋はいつ突然落ちてぬかるみにはまってしまうかもわからないもの。

時には笑い、時には共感し、もし自分がこうなったら?と考えてみるのも面白そうですね。元気をもらえるかもしれません。

10月スタートまで、楽しみにしたいとおもいます♪

→「モトカレマニア」のフル動画を今すぐ無料で見る方法!