モトカレマニア8話ネタバレあらすじと感想!マコチへの想いは執着?

モトカレマニア8話放送を終え、いよいよ次回は最終話となるようですので、ラストに結び付くあらすじから大事なシーンをタップリネタバレしつつ感想をお伝えさせていただきます!

今回はユリカの泣き顔ばかりが目に焼き付いて離れません

悲しい結末を予想せずにはいられないほどでした…ユリカ頑張れ!

ということでモトカレマニア8話のネタバレあらすじと感想をまとめていきます。

⇛ユリカとマコチはハッピーエンドじゃないの?

モトカレマニア8話あらすじ

ふたりのこれからのことを真剣に考えよう――マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)にそう言ったものの、自分に自信がないこともあって不安を隠せないでいた。一方、ユリカは、いきなり将来を意識して尽くし始めるのは重いのではないかと感じながらも、このチャンスを逃せばマコチを失うことになると考え、勝負をかけようとする。ユリカは、ふたりで一緒に住むための部屋探しを始めるが……。

一方、さくら(山口紗弥加)は、パーティーで泥酔し、そのまま眠ってしまった白井(関口メンディー)のために朝食を準備する。そんなさくらに心をひかれた白井は、いきなり彼女にデートを申し込む

そのころマコチは、別れた夫と住んでいた家を売りたいという草木染め作家・桃香(矢田亜希子)を担当していた。大沢(森田甘路)は、もともと桃香がユリカを指名していた経緯もあることから、公私混同を避ける意味で、マコチと交際していることは伏せておくようユリカたちに指示する。

そんな折、ユリカは、さくらのマンションで山下(浜野謙太)と別れたばかりのむぎ(田中みな実)に会う。間もなく北海道に帰るというむぎは、山下のことが好きだから自分の生き方で彼の人生を縛りたくない、と笑顔を見せると、さくらと和真(淵上泰史)の話を持ち出す。ふたりの関係は恋ではなく上手くいかなかった過去への執着に見える、とさくらに告げるむぎ。その言葉を聞いたユリカは何故か不安を覚え……。

引用元:フジテレビ

スポンサードリンク

モトカレマニア8話ネタバレ!

  • マコチはユリカが好き!

マコチを「好きか?執着か?」、そのことで心が揺らぐユリカでしたが、一方で、「ユリカを幸せにしたい」とユリカへの気持ちを確信して山下に相談するマコチの姿がありました。

自信はないけど、その分頑張らなくちゃ!ユリカ大好きになった素直でかわいいマコチがいました。

悩み始めたユリカと、ユリカ好きになったマコチ、ラブラブハッピーになるのでしょうか。

マコチと桃香の関係を疑うユリカ

マコチは桃香の住んでいた家を売るために担当者として桃香の家に行き来していました。

桃香は一生一緒にいると思っていた元旦那に恋人がいたとショックを受けていましたが、マコチも自分の話をし、桃香に励まされ自信を持ちます。

桃香は家の売買と草木染の個展の準備に追われて忙しく、マコチはあるお願いを聞いてくれる代わりに手伝いを申し出ます。

マコチは桃香の所へ度々通うようになり、そんなマコチにユリカは疑いを持つようになり、ついに桃香のSNSをチェックして気づきます。

マコチの存在を匂わせる写真の投稿が!

ひろ美や、たまたまネコ目で遭遇したおばちゃんずに、その投稿は匂わせ女の宣戦布告だとけしかけられ不安になります。

ひろ美に「堂々と取り返せばいい、好きなんでしょ?」と言われ、即答できず考えるユリカ…。

翌日ユリカはマコチと、一緒に住むマンションの内見に行きますが、釈然としません

マコチはいい物件だと乗り気で対照的ですが、マコチは内見後また桃香の手伝いに行くと言い、申し込みは一人でやっておくと言います…。

⇛ガンバレルーヤよしこも素敵な演技を見せてる回

山下とむぎの悲しい別れ

お互い好きだからお互いの人生を大事にするあまり別れを選んだ二人。

むぎが北海道に帰るバス停で山下が見送ります。

「ありがとう、これで綺麗な思い出になる。」

その日、むぎの別れにボロボロになって正気をなくしている山下に気づいた千鶴は、山下にしっかりしてと声を掛けます。

条件で選んだ山下に、いつの間にか本当に恋したと言う千鶴は、言います。

「山下さんを本当に必要としてる人は誰ですか?」

「山下さんが本当に失ったらつらい人は誰ですか?」

…千鶴さん、本当はいい人だったんですね。

⇛モトカレマニア相関図はこちら

さくらと白井

白井がさくらをデートに誘い、二人はバッティングセンターへ行ったり川沿いを歩いたり。

無駄マッチョ白井のヒョンな会話でさくらへの「好き」を聞いてしまったさくら。

ロマンチストな演出での告白はできなかったけど、白井はさくらの手を温めてあげ、今度こそ「ロマンチックじゃないですか?」と聞く白井にさくらは

「そうでもない…?」

さくらのこれ、相手にときめいちゃった奴ですね。

和真からの着信が入るも、白井がさくらの手を引き…。

目の前のマコチと一緒にいたのは桃香!

いつもスマホのマコチを気にして不安そうなユリカ。

そんなユリカの様子を見て、安藤社長が声を掛けます。

ユリカの話を聞くと安藤は「携帯の中にいる福盛ではなく、目の前のふくもりと話ができる、彼は嘘をつく人じゃないと思う」といってくれます。

ハッとするユリカは1人でぐるぐる考えることをやめ、マコチと直接話すことを決め会社をとび出します。

ユリカが向かった先はマコチが手伝いに行っている桃香の個展会場でした。

その時会場では、桃香が「元旦那が恋人を紹介しに個展に連れてくる」と落ち込んで、隣に座るマコチの肩を借ります。

会場の外でユリカは、窓越しにマコチの肩に桃香が頭をのせ座っている二人が視界に入る。

それから二人は向かい合い、桃香が目を閉じるのをみると、ユリカはその場を離れました。

遅く帰ってきたマコチはそんな事とは知らず、嬉しそうにユリカへ自分で作った草木染をプレゼントします。

ユリカへのサプライズでこれを作ることが桃香の手伝いをする条件でした。

しかし、ユリカから返ってきた言葉は「キスしようとしてた…。」

誤解を解こうとマコチはそのことを否定し「ユリカが好きだから、他の人とキスなんてしない!」とユリカに伝えます。

しかもこの桃香の一連の行動は、元旦那さんへの当てつけでした。

ユリカへの挑戦とかじゃなかって良かった(^^♪

信じられない自分の気持ち

俺の事を信じられないのかと尋ねるマコチにユリカは…

「自分の気持ちが信じられない。」と、辛そうに答えます。

止めることっもできたはずのあの場から逃げてしまったことを、ユリカは言います。

「今の自分はマコチに恋してるのではなく、手に入らなかった過去に執着しているだけなのかも…。」

飛び出していくユリカを追ってマコチも外に出ますが、そのときユリカの後を追いかけてきたのは山下でした。

マコチの事がずっと好きだったのに!そのはずだったのに…!

 

スポンサードリンク

8話を見たみんなの感想は?

ユリカは自分の気持ちに不安になってるし、むぎちゃんの言葉で気付いちゃったんですね。

5年物間想い続けてきたのは、恋じゃなく執着?って。

でもそれ、すごく納得いきますよね。

現実のマコチは恋してたマコチとはやっぱりちがいます。

長い間執着してきたから自分が信じられないんですね。

Twitter など、みんなの感想はどうでしょうか。

モトカレマニア8話まとめ 

いよいよ次回は最終回!

マコチとユリカも、それ以外のカップルも動きが目を離せない状況です!一体どうなるのでしょうか⁈

山下とむぎちゃんは?さくらと和真、白井は?

副音声でもちょっと盛り上がってますね。

次回予告は、副音声でも登場、「わかっているのにごめんね」(ハロプロのカントリーガールズ。)

次週、最終回は最後の最後まで展開を楽しみたいと思います!!

⇛次がラストなんて寂しい!モトカレマニアを最初から見たい♪