モトカレマニア7話ネタバレ感想!パーティ修羅場で破局に!

スポンサードリンク

前回の『モトカレマニア』で、ついにが付き合うことになったマコチとユリカ。

山下もむぎちゃんもいい感じになって、雪解けのようなキスでした。

さくらも和真の離婚をきっかけに再び和真といい雰囲気になっていました。

さて、7話ではやっとモトサヤに戻ったこのカップルが幸せ絶頂でハッピーエンド確定か?と思いきや、楽しいはずのパーティーで不穏な雰囲気に…⁉

そんな『モトカレマニア』のネタバレと感想になります!

パーティーはなぜ修羅場に?破局したカップルは?と疑問もネタバレしつつ7話の感想で楽しんでください♪

⇛モトカレマニアでもどかしくなってみよう♪

モトカレマニア7話ネタバレ!

あらすじ

ユリカ(新木優子)は、マコチ(高良健吾)から「好きだ」と告白され、もう一度彼と付き合うことになった。朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに、幸せを感じるユリカ。マコチは、チロリアン不動産の安藤(小手伸也)たちにユリカとの交際を報告し、皆から祝福を受ける。

一方、さくら(山口紗弥加)は、女性たちに幸せを与え、自身の幸せも追求する輝く女性に贈られる『ハッピーウーマン2019』に選ばれる。だが、その賞を主催しているのが自身の小説『がんそば』を出している出版社だと知ったさくらは、複雑な心境だった。

ある日、チロリアン不動産に、ユリカが旅先で知り合った草木染作家の桃香(矢田亜希子)がやってくる。前夫と住んでいた家を売りたいのだという。マコチは、案件を抱えていたユリカに代わって、桃香の担当を引き受ける。

そんな中、ユリカの発案で、さくらの『ハッピーウーマン2019』受賞祝いのパーティーが開かれることに。海外ドラマに出てくるパーティーのように、知っている人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい、というさくらのリクエストを受け、山下(浜野謙太)やむぎ(田中みな実)、チロリアン不動産の大沢(森田甘路)、白井(関口メンディー)にも声をかけるユリカ。すると、ユリカやひろ美(よしこ)の行きつけの店『BARネコ目』を訪れていたむぎは、店にやってきた千鶴(趣里)をパーティーに誘い…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/story/index.html

パーティーは修羅場に?

さくらの自宅で開かれたパーティー。

グルメマニアの山下の料理がおしゃれでおいしいとみんなを喜ばせ和んでいますが、山下・むぎちゃん・千鶴という三角関係がメンバーがいて何も起こらないはずがありません。

(BARネコ目でも会話のやりとりを聞いた店長とバイト君が修羅場を心配していました。)

これまで虎視眈々と山下を狙い、むぎちゃんの前でキスまでした千鶴ですから、何をしてもおかしくはないですよね。

初対面の人間も集まってるわけですから、興味津々で聞いちゃうわけです、山下とむぎちゃんのモトサヤのこと、仕事の事、結婚の事…

千鶴はむぎちゃんが知らなかった山下の昇進の事を話し、むぎちゃんが北海道に帰る事を確認するように聞きます。

千鶴の「むぎさん知らなかったんですか?」は強烈でしたーー。

そこへパーティーとも知らずに突然和真が訪ねてきます

さくらのところへやってきた和真の左手には既に結婚指輪は外されていました。

さくらの”モトカレ”という紹介で一瞬ぎこちないメンバー。

しかし、打ち解けると和真の婚や子供の事などを周りのメンバーが聞き始めますが、和真の話を聞き元気がなくなったさくらは別の部屋へ…。

その後メンバーは再び山下とむぎちゃんの結婚の話を勝手にし始めます。

むぎちゃんは北海道でのパーソナリティの仕事で夢をあきらめたくないし、北海道に戻らなくてはいけません。

むぎちゃんの夢は山下も理解しています

東京と北海道で遠距離になってしまうなら、山下が会社を辞めてむぎちゃんと北海道へ行けばいいんじゃないかと無責任なチロリアン大沢。

しかし、「一所懸命やってきた事をなかったことにされるなんて可哀そう」と千鶴。会社には山下さんがいないと困る人もいっぱいいると…。

全然合ってますよ。そこはきっとむぎちゃんだって同感でしょう…。

キッチンで洗い物をする山下と不機嫌なむぎちゃん。

むぎちゃんが洗った箸をかごに乱暴に入れると、山下とむぎちゃんの間に箸の先が上か下かで揉め始め、むぎちゃんの不機嫌は頂点に。

不機嫌の理由は箸の上下ではありませんね。

「私に、仕事を辞めてついて来いって言えというの?」

むぎちゃんがその場を離れ、山下が追いかけます。

山下とむぎちゃんが破局!

バルコニーで二人になるとむぎちゃんは、山下の好きなところをたくさん言いだし、山下はむぎちゃんを抱きしめます。

それから山下もむぎちゃんの好きなところをたくさん言います。

「東京に残れと言って」とむぎちゃん山下にいいますが、すごく大好きだから、むぎちゃんのことを想うと「仕事をやめてほしい」とは言えないんです…。

「別れよう」と言ったのは山下でした。

好きあっているのに…。

もう優柔不断はやめようって言っても、こんな答えは切なすぎます。

ひろ美、既婚者の事情

マコチの「付き合うとは言ってない」事件の事を思い出しパーティーに来た最初はギクシャクしましたが、そこはやっぱりオトナのひろ美、さりげなくマコチにユリカを想う気持ちを聞き出すと安心し「今度3人で飲もう」と言います。

本当にユリカ思いの優しくて最高の友ですよね。

さくらの元へやって来た和真が、結婚や子供の話をしているのを聞き、元気なく一人別室にいたさくらに、ネイルの道具を持っていきハンドマッサージをしながらはなします。

ひろ美は実は結婚して4年で子供ができな事を悩んでいたことをさくらに打ち明けます。

親や周りからよく言われるが「気にしない」、と穏やかに笑いながら話します。

「誰かの幸せは、誰かの地雷…。気付かないうちに誰かの地雷ふんでる」

「なぜ一人だと”かわいそう”といわれてなきゃならない?」

「もう放っておいてくれ、そこそこ幸せに生きてんだから」と、笑い合います。

さくらさんの事も元気にするひろ美、素敵ですね~♪

さくらと和真にまさかの白井が参戦か?

離婚して早速さくらにキスしたり、ワインを持ってやってくる男・和真。

顔も雰囲気もカッコイイけど、さくらへの思いやりはあるのでしょうか。

ちょっとクズ男っぽい予感もしますよね。

途中氷を買いに出たマコチ、何かを感じたのか、一緒にいた和真に「さくらさんを傷付けないで欲しい」と言っていました。

どうなるのでしょうか、さくらと和真、と思っていたら…朝まで酔っぱらって寝ちゃった白井を起こし、楽しそうにのぞいて見ているさくら。

目覚めた白井がさくらを見て、ズキューン!と聞こえるくらいさくらにときめいてる感じでしたね。

まさか?新たな三角関係がスタートしそう?

桃花の登場で三角関係の予感?

突然チロリアン不動産を訪ねてきた桃香の担当をマコチがすることで、いやな予感しかしませんよね。

だって桃香は綺麗な大人の女性ですしね。

ユリカは、マコチと付き合い始めていきなりアイロンがけに靴下の用意、完璧な朝食など、いきなり家庭的でしっかり者っぷりを見せましたが、食事を食べ始めたマコチに、みそ汁を先に食べるように注意します。

そういう些細なことの積み重ねが息苦しくなる引き金になったりしますよね。

しかもユリカは明らかに頑張りすぎて、お互いに疲れそうですね。

そこへ来て桃香のサバサバと適度に力の抜けた感じが、対照的で気になりますね~。

▼気になるこの先モトカレマニア!▼

モトカレマニア7話を見たみんなの感想

さて、Twitterなどでは「モトカレマニア」7話を見た皆さんの感想コメントがたくさんありました~♪

まとめ

『モトカレマニア』7話はユリカ&マコチよりも、山下&むぎちゃんカップルの展開でしたね。

山下とむぎちゃん、お互いに好き同士なのに別れるなんて切ない話でしたね。

終盤は気になる布石がありましたね。

白井はさくらにズキューンとやられてましたし、ユリカはいきなり猛ダッシュ状態でマコチに尽くす一方、桃香の物件担当となったマコチは度々合う桃香に…。

やっとマコチと付き合い始めたのにまだまだ展開が読めません。

最後までどうなるかわからないですね。次回も見逃せません♪

モトカレマニアを全話楽しもう♪