みなとみらいスマートフェスティバル2019の穴場スポットと駐車場や交通規制は?

 

2018年度よりみなとみらいスマートフェスティバルが開催されることになりました。

昨年は突然の開催案内のため花火の数からすると人出が少なかったようですが、2019年は事前告知や一般協賛の募集を全面に出しているので、来場者の増加がみられるでしょう。

和楽器を使ったグループのコンサートと輝かしい演出の花火のコラボレーションです。

みなとみらいスマートフェスティバル2019の交通規制や駐車場情報を集めました。

有料席や穴場スポットの紹介もしていますので、お出かけになる方の一助になれば嬉しいです。

「みなとみらいスマートフェスティバル2019」の日程とスケジュール

打ち上げ日時:2019年8月2日(金) 18:30~20:00 開場:16:00) 荒天中止

打ち上げ時間:19:30~20:00

打ち上げ数:約20,000発(2018年度の実績)

人出予想:確認できず

会場までのアクセス

画像:パシフィコ横浜HP

打ち上げ場所:みなとみらい21地区 臨港パーク 耐震バース他

電車の場合
・JR「桜木町駅」から徒歩約15分
・JR「横浜駅」から徒歩約20分
・横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」から徒歩約10分
・横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩約5分

車の場合
首都高横羽線みなとみらい出口から約2分

 

どのくらいの人出があってどのくらいの混雑になるかは、はっきりとしません。

早めに行くに越したことはないね!

みなとみらいスマートフェスティバル2019の交通規制は?

みなとみらいスマートフェスティバルのHPや横浜市HPには交通規制については何も触れていません。

人が集まってくるのははっきりしているので、交通規制がかかる可能性はあります。

だいたい会場から最寄駅付近の間で歩行者天国や通行止め、一方通行の規制が行われることが多いです。

駐車場情報

《みなとみらい駅周辺駐車場》

みなとみらい駅周辺には多く駐車場があります。

横浜という場所がら平面の駐車場ではなく、立体式や地下駐車場が多いです。

帰りの混雑で駐車場から出るまでに時間がかかる可能性があるので、その点を頭の隅にいれておくとよいでしょう。

専用駐車場

みなとみらいスマートフェスティバル2019のための駐車場は設定されていません。

近いところでは臨港パークやみなとみらい公共駐車場があります。

一時的に交通規制がかかると動けなくなる可能性が大きいので、少し遠目の駐車場を一部紹介します。

駐車場から臨港パークを目指している途中、気が変わって穴場スポットから見ることになってもよさそうな場所を選んでみました。

 

タイムズHULICみなとみらい》

24時間営業 収容台数:483台 立体
平日 00:00-00:00 300円/30分 最大料金(繰り返し適用)当日1日最大料金1300円(24時迄)
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

 

《タイムズプライムギャラリーみなとみらい》

24時間営業 収容台数:137台 立体
全日 00:00-00:00 30分 300円 最大料金(繰り返し適用)当日1日最大料金1500円(24時迄)
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

 

《横浜ワールドポーターズ駐車場》

07:00~24:00(最終出庫:25:00) 収容台数:1,000台 立体
全日 260円/30分 平日の駐車料金 1日上限 1,000円
高さ2.20m以下
店舗や飲食店などの利用で割引サービスあり

「みなとみらいスマートフェスティバル2019」の見どころは?

2部構成になっているみなとみらいスマートフェスティバルは、最初の1時間15分は和楽器グループの「アウン ジェイ クラシック オーケストラ」の演奏を聴くことができます。

最後の30分間で約20,000発の花火が打ち上がるので、途切れることなく夜空が色とりどりに飾られることでしょう。

音楽とともに打ちあがるので、出来れば音の聞こえる範囲で見ることが出来れば最高ですよ♪

見どころポイント①【花火】

海上から音楽に合わせて打ち上げる花火は創作花火が多く、見たこともないような形の花火が連発されます。

コロワイドが監修する花火に多いに期待できますね!

見どころポイント②【有料観覧席】

臨港パークと耐震バースは全エリアで有料になるので、必ずチケットが必要です。

《一般協賛席》
①耐震バース(パイプ椅子)1名 8,500円 花火のみの鑑賞です。
②臨港パーク(パイプ椅子)1名 8,500円

 

①、②ともに大人1名につき未就学児1名が無料(膝の上)です。
席が必要な場合にはチケットが必要です。
 
③芝生エリア 専用シート配布 60cmx80cm シート持ち込み不可 
 前売 1名 1,800円(税込) 当日 1名 2,000円(税込)

大人1名につき、未就学児4名まで無料

 

チケット購入先
・チケットぴあ すべて取り扱い
・チケット販売事務局 臨港パークチケットのみ TEL:045-232-4921(10:00~16:00)
 

協賛金は「みなとみらいスマートフェスティバル2019」の運営に使用されるので、耐震バース席と臨港パーク席は中止となっても返金はありません。

7/1(月)現在、チケットぴあでは①と③のチケット販売中を確認しました。

臨港パークのチケットは販売事務局に問い合わせをしてくださいませ。

当日券販売場所:パシフィコ横浜展示ホールA前にて販売
当日券販売時間:13時〜
*2018年度情報
 
 
2019年度については、改めて確認してくださいませ。
 

耐震バースって何?

市民の生活物資などを取り扱う施設で、岸壁は耐震性を強化して災害時には緊急物資輸送の拠点になるんだよ!
後ろ側は現在ヘリポートとして暫定的に利用 しているね♪

《花火観覧クルーズ》
ぷかりさん橋発 
・18:00集合 豪華割烹料理弁当+フリードリンク付き 大人 10,800円 小人 7,800円

・17:40集合 フリードリンク付き+お弁当付き 大人 12,000円 小・中学生 8,000円 幼児無料
        
ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル(1階・ビュフェダイニング「オーシャンテラス」)
17:00集合 40種のディナービュッフェ+展望デッキ付き大型クルージング船 大人 18,000円 子供(小学生)16,000円

山下公園のりば(氷川丸となり) 18:15集合 シーバス お弁当付き 大人(3歳以上) 14,800円 

最低人数が決まっていますので、詳細は確認してくださいませ。

 

《万葉倶楽部》
 臨港パーク近くの温泉施設です。

屋上の足湯から花火を正面に見ることができます。

入館料;中学生以上2,500円(税別)小学生1,400円(税別) 3歳から未就学児940円(税別) 3歳未満無料

 

花火当日の屋上足湯は10:00から整理券が配布されます。

プラチナ会員限定でベイブリッジデッキ花火観覧席(先着250名)も用意されています。

温泉や船から見る花火もいいね~
ちょっと贅沢な気分♪

見どころポイント③【穴場スポット】

海上打ち上げで少し離れた場所からも見えるため穴場スポットとして一部紹介します。

 

《赤レンガ倉庫》

 

音楽は聞こえる距離ではありません。

海に近く花火は綺麗に見えて人気スポットのため、場所取りが必要になります。

赤レンガ倉庫もライトアップされるので、周囲の風景も緑に囲まれる場所とは少し雰囲気が異なりますよ♪

 

《ぷかりさん橋》

視界に遮るものがないのでよく見えます。

打ち上げ場所からも近いため、早めに場所取りをした方がよいでしょう。

誰かが残るようにして、不在の状態は作らないようにする方が無難です。

 

《高島水際線公園》

少し離れていますが、花火が上がる方角に障害物がないので、綺麗に見ることができます。

人混みを避けたい方には向いている場所です。

駅から近いので、帰りの混雑を避けたい方にはなおさらよいでしょう。

 

《野毛山公園》

京急本線日ノ出町駅から徒歩6分と、駅から近い公園で広さがあります。

高台から見る花火となって臨場感はありませんが、花火の写真を撮りたい方には絶好のポイントです。

人も多くないので、場所取りは必要がないくらいです。

公園の街灯のみはやはりくらいので、手元を照らす懐中電灯の用意があると便利♪

まとめ

2018年度は9月に行われた「みなとみらいスマートフェスティバル」ですが、2019年は8月開催になりました。

音楽鑑賞と花火の組み合わせで今後ますます人気が出てくることが予想されます。

30分という短い時間の中でどのような演出があるのか今からワクワクですね♪

屋台情報は確認できませんでした。

今後の動向を見守ることになるでしょう。

見る場所によって夜景と花火のWショットになったり、花火の正面で豪華さに圧倒されたりと楽しみ方も色々あります。

天気の良い日にみなとみらいスマートフェスティバルが行われ、今後も継続されることを切に願います。