吉沢亮の兄弟や名前・経歴は?注目若手俳優の生い立ちとは!?

吉沢亮さんは、現在注目の若手俳優です。

2019年公開予定の映画「キングダム」や、朝の連続ドラマ小説「なつぞら」に初出演するなど、話題作に続々とお声が掛かるほどの人気ぶり。

そんな吉沢亮さんを育てた家庭環境について、何人兄弟なのか?経歴は?

今をときめく吉沢亮さんの気になる事をまとめてみました。

吉沢亮の兄弟は?

 

吉沢亮さんは1994年2月1日、男兄弟4人の次男として東京で産まれました。

長男の兄は2歳上、次男は吉沢亮さん、三男の弟は3歳年下、四男の弟は7歳年下、兄1人に弟2人とはずいぶん賑やかな家庭だったと想像できますね。

賑やかな反面、喧嘩も多かったのでは?と思いますが、兄弟4人は非常に仲がいいそうです。

“兄貴は兄弟を引っ張ってくれる存在だし、弟たちはやっぱりかわいい”

インタビューでこのようにコメントしています。

でも男4人、そんなに年も離れていないのでよく喧嘩しないな~と感じますが、そこには両親の厳しい躾が影響しているそうです。

吉沢家の厳しいルール

吉沢家では厳しいルールがあるとのことで、厳格なご両親なのかと想像できます。

実は吉沢家では、兄弟どうしを「くん」付けで呼ぶルールだそうで、お兄さんとは呼ばれず、亮くんと呼ばれているそうです。

更に、「家の電話は弟が出る」というルールもあり、弟が一番離れた場所にいても猛ダッシュで電話を取りに行くそう。

社会では当たり前ですが、それを家庭の日常行為から意識させていたとは、ご両親すごいですね。

吉沢亮さんは、映画「キングダム」では華麗な剣さばきを魅せるそうですが、学生時代に剣道を9年続け関東最優秀選手に選出されるなど、有段者で2段を持つ経歴が。

イケメンで、社会常識も身につけ、一途にスポーツを続けられる根気も持ち合わせて、非の打ちどころがないじゃないか!!!

と思いますが、実は剣道を続けた理由はお母さんだそうです。

何やら気になるじゃないですか!

吉沢さん曰く、剣道の稽古を休むと母親にかなり怒られるそう。

剣道は9年続けてて1回も休んだことないんです!休むと母親が怖かったからなんですけど

こんなコメントを残す程です。

思春期の男の子をここまで黙らせるお母さん、凄いの一言ですね(笑)

超イケメンの吉沢さんは母親似とのことで、凄く美人なんでしょうね。美しくも厳しい大和撫子といったところでしょうか。

いずれにせよ、上下関係をしっかり身につけさせたあたり、吉沢家は古き良き時代が根付いているんでしょうね♪

スポンサードリンク

吉沢亮の経歴は?

 

今では作品オファー引っ張りだこの吉沢さんですが、デビューのきっかけはお母さんだそうです。

厳しいお母さんが!?

前文の流れから行けば、まぁそうなりますよね(^-^;

実は、母親が本人に無断で応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH! マン」でRight-on賞を受賞したのがきっかけなんです。

ちなみに受賞時は高校1年生(15歳)の時ですね。

お母さんには、吉沢さんも「NO」とは言えなかったのかもしれませんね。

ただ、注目の俳優となった今では、ファンはこのエピソードを聞いて、「お母さんナイス!!!」と言っているでしょうね♪

吉沢亮さん出演代表作品

認知されるきっかけは、仮面ライダーフォーゼです。

仮面ライダーや戦隊シリーズはイケメン俳優の登竜門といっても良いですね。

そんな吉沢さんは15歳でデビューしましたが、役者の仕事を好きにはなれず続けていたそうです。

主演で出た2013年ドラマ「ぶっせん」は、舞台も公演していましたが、舞台ではお客様を呼ぶことが出来ずその悔しさが大きなバネとなり、役者魂に火が付き今に繋がります。

出演した作品で代表的なものとして、

【映画】

  • 2011年 仮面ライダーフォーゼシリーズ3作品(朔田流星役)
  • 2013年 男子高校生の日常(ヒデノリ役)
  • 2014年 アオハライド(小湊亜耶役)
  • 2016年 オオカミ少女と黒王子(日下部優役)
  • 2017年 トモダチゲーム(片切友一役)
  • 2017年 銀魂(沖田総司役)
  • 2017年 斉木楠雄のΨ難(海藤瞬役)
  • 2018年 リバース・エッジ(山田一郎役)
  • 2018年 ママレード・ボーイ(松浦遊役)
  • 2018年 猫は抱くもの(良男役)
  • 2018年 BLEACH(石田雨竜役)
  • 2018年 あの子の、トリコ(鈴木頼役)
  • 2019年 キングダム(嬴政・漂役)

 

【ドラマ】

  • 2011年 仮面ライダーフォーゼ最終話()
  • 2013年 ぶっせん(田村正助役)
  • 2014年 ロストデイズ(高野ナツ役)
  • 2014年 水球ヤンキース(加東慎介役)
  • 2015年 オトナ女子(前川亮介役)
  • 2016年 バスケも恋も、していたい(矢吹瞬役)
  • 2017年 トモダチゲーム(片切友一役)
  • 2017年 ぼくは麻理のなか(小森功役)
  • 2018年 サバイバル・ウェデング(柏木祐一役)
  • 2019年 レ・ミゼラブル 終わりなき旅路(馬場純役)
  • 2019年 連続テレビ小説 なつぞら(山田天陽役)

 

これだけの作品に出演し、2018年「リバース・エッジ」で新人俳優賞を受賞しています。

スポンサードリンク

まとめ

今をときめく吉沢さん、家族もその活躍にさぞ誇らしいのではないでしょうか。

2019年は注目作品「キングダム」の嬴政として、連続テレビ小説「なつぞら」では主演に夢を与える山田天陽として、これからも目が離せない吉沢さん。

若手俳優の中で、一歩抜け出るのか2019年の活躍に注目しましょう♪