小出監督死去に高橋尚子(Qちゃん)のコメントは?SNSやTwitterは?

スポンサードリンク
スポンサーリンク

陸上女子長距離の指導者として2000年シドニーオリンピックで金メダルを獲得した高橋尚子さんなど、数多くの名選手を指導してきた名監督・小出義雄さんが死去したとのニュースが発表されました。

この報告に伴い、愛弟子でもある高橋尚子さん(Qちゃん)はどのようなコメントをされたのでしょう?

強い信頼で結ばれた師匠と愛弟子であった高橋さんのコメントは気になります。

小出監督とはどのような人物だったのかをまとめていきます。

小出監督のプロフィールや経歴

プロフィール
  • 名前:小出義雄(こいで よしお)
  • 生年月日:1939年4月15日(80歳)
  • 出身地:千葉県佐倉市
  • 出身大学:順天堂大学
  • 所属:佐倉アスリートクラブ

小出さんは千葉県佐倉市出身で、現役時代は順天堂大学で箱根駅伝に出場しました。

選手時代の成績
【箱根駅伝区間成績】
  • 1962年 第38回 5区 1時間36分08秒(区間10位)
  • 1963年 第39回 8区 1時間10分17秒(区間3位)
  • 1964年 第40回 8区 1時間05分57秒(区間5位)
【マラソン】
  • 1963年関東インカレ 2時間35分21秒(3位)
  • 1964年関東インカレ 2時間28分21秒(4位)
  • 1966年別府大分毎日マラソン 2時間26分46秒(46位)

大学卒業後は教員の道へ進み、23年間を務めました。

指導者としての経歴はこちらです。

経歴

指導経歴

  • 1986年→第37回全国高校駅伝で市立船橋高校を優勝に導き、当時の高校最高記録2時間6分30秒をマーク
  • 1988年→実業団のリクルート・ランニングクラブ監督に就任
  • 1997年→積水化学工業に移籍・女子陸上競技部監督に就任
  • 2001年→佐倉アスリート倶楽部(SAC)を設立・代表取締役兼現場監督に就任。
  • 2002年→積水化学を退社
  • 2019年→SACを勇退

どんな人物だった?

とにかく明るい性格で有名でしたね。

指導方法はとにかく「褒めて伸ばす」が小出監督と言えばというくらい認知されたフレーズです。

しかし、褒めるだけでなく、叱ること、アドバイス、注意と選手それぞれに合った組み合わせで指導する理念を持たれていたそうです。

有名選手を数多く輩出した名監督であり、高橋尚子さんをQちゃんという愛称で呼びオリンピック優勝へ導いたのは記憶に新しいですね。

小出監督はお酒好きで知られていますが、高橋選手がシドニー五輪で勝負の最中、ある地点で「優勝できる」と感じた瞬間、祝杯を挙げはじめ酒の飲みすぎで優勝テープを切る瞬間に立ち会えなかったんです。

これだけ聞くと愛弟子が頑張ってるのに「アホか」と非難されそうなものですが、この背景には深い小出監督の確固たる思いがあります。

監督は勝った時じゃなく、負けた時にゴールで待ちます。

「監督がゴールにいてあげるべき時は選手が勝った時ではなく、負けた時に「おまえが悪いんじゃない、監督が悪いんだ!」と慰めるため」

負けて苦しい時こそ矢面に立つ姿に、選手はどれだけ助けられたのでしょう。

ここに小出監督の温かさが詰まっており、選手は信頼してついていくのかなと思います。

小出監督が始動した有名な輩出選手は

  • 有森裕子
  • 五十嵐美紀
  • 吉田直美
  • 志水見千子
  • 鈴木博美
  • 高橋尚子
  • 千葉真子
  • 宮井仁美
  • 新谷仁美
  • 堀江知佳

こんなにも名ランナーを育て上げる名監督はもう現れないのではないでしょうか。

高橋尚子さんのコメント・声明は?

高橋尚子さんが小出監督が亡くなったことを受けてコメントされました。

オリンピックでメダルをとれたのも世界記録を出せたのも、今の自分があるのも小出監督のおかげです。弱い私を根気よく指導してくださって、一緒に走ってくださって、自信をつけさせてくださって、監督の大切な時間を費やしてくださって、オリンピックでメダルをとらせてくださって、ありがとうございます、と何度言っても伝えきれないほど感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんのことを教わりました。監督の笑顔をもっと見たかったし、お話ももっと聞きたかったです。これからは大好きなお酒をたくさん飲んで、思いっきりかけっこしてください。

引用:Yahoo!ニュース

所属事務所を通じてコメントされました。

分け隔てなく愛情をもって指導してきたでしょうが、小出監督は少なからず高橋尚子さんにはひいき目抜きで特別な愛弟子だったと思います。

そんな寵愛を受けた高橋さんだからこそ、コメント一つひとつから感謝があふれ出ています。

小出監督、このコメントを聞いて泣いていますかね?

ネットの声は?

まとめ

数々の感動のシーンの背景に、小出監督の愛にあふれる指導があったと考えると、お亡くなりになってより感動が甦り涙が溢れます。

多くの感動をありがとうございました。

天国では大好きなお酒をたらふく飲んで笑っていただきたいです。

心よりご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク