麒麟がくる7話あらすじネタバレ!帰蝶が拒む理由とは?

あっという間に、7話の放送が終わりましたが『麒麟がくる』楽しんでいますか?

今回は濃姫ファンにはたまらない帰蝶の思いを感じることが出来ましたが、7話のあらすじとネタバレをご紹介します。

毎回次が気になる展開ですが、ジワジワ楽しくなってきましたね♪

それでは、麒麟がくる7話のネタバレあらすじをまとめていきます。

【麒麟がくる】7話のあらすじ

7話のタイトルは、『帰蝶の願い』という話です。

帰蝶とは後の濃姫ですが、どういった内容でしょうか?

話の始まりは、駒に付き添われて明智荘に帰ってきた十兵衛の所から始まります。

一息ついている所に、帰蝶が突然やってきます。

自分に挨拶もせずに、帰ってきたことを怒る帰蝶。

駒が来ている事を告げられると、喜んで会いに行く帰蝶でした。

現金なものだと思っていると、光安に呼ばれる十兵衛でした。

聞かされた内容は、織田信秀の和議の申し入れを斎藤道三が同意した事を伝えられます。

喜ばしい知らせでしたが、どうも光安は浮かない顔をしています。

その理由は直ぐにわかります。

信秀は、和議の証として嫡男の信長の嫁として帰蝶を、嫁がせる条件を付けてきます。

その話を聞いた帰蝶は拒絶して、斎藤道三と口すら利こうともしません。

このままでは、埒が明かないと思い叔父の光安に相談しに来ていました。

困った叔父の光安は幼馴染の十兵衛に話を持ち掛けます。

帰蝶の本当の気持ちを聞いてくる様に言われます。

どうやって、帰蝶に話そうか迷っていると、逆に帰蝶から話しかけてきます。

幼少の頃、十兵衛が泣き虫だった事を内緒にしてほしいといわれて守った事を言い出します。

その約束を守ったのだから、尾張に嫁ぐのを守って欲しいと頼まれます。

帰蝶の切なる願いに、十兵衛の出す答えとは。

何故、帰蝶は信長に嫁ぐ事になるのか??

 

7話の見どころや展開は?

7話の見どころは、なんといっても!!

いよいよ、『織田信長』が本格的に登場してきますね!!

そうですよね~、後の天下統一に最も近い男の若い時がどの様に描かれるか楽しみですね~♪

そして、もう1つ気になるのは、 帰蝶がどの様にして嫁ぐのか?ではないでしょうか?

マムシと言われた斎藤道三の娘という事で勝ち気溢れる女性だったのは有名です。

嫁ぐ際に齋藤道山が刀を渡して、信長が頼りない男だったら刺せと言われます。

しかし、「もしかするとあなたを刺すかもしれない」と父親に言ってしまう勝ち気な帰蝶が見どころです。

そんな、帰蝶が十兵衛に見せた本音とのギャップみ見逃せません。

急遽『帰蝶』を演じる事になった、川口春奈さんの演技も見どころだと思います♪

【麒麟がくる】7話ネタバレ

美濃の齋藤道山は、西美濃の大垣城を攻めます。

宿敵の織田信秀に奪われた地を取り返す事が齋藤道山の願いでした。

見事に城を奪う事に成功しますが、それによって齋藤道山・今川義元・織田彦五郎の3つの敵に囲まれた織田信秀は苦心することに。

歳を重ねた織田信秀は3人の相手をすることは無理と悟り、齋藤道山に和議を申し込みます。

その和議の証として、帰蝶と信長の婚姻を申し出ました。

一方その頃、十兵衛(光秀)は明智荘に戻っていましたが、突然帰蝶が訪ねてきます。

帰蝶は、齋藤道山より信長への嫁ぎ話をされますが、嫌だと言い張りそれ以来口も交わさない日々を過ごしているという。

そこで、光安に帰蝶と仲の良い十兵衛に帰蝶の気持ちを聞いて欲しいと頼まれることに。

帰蝶は、過去に1度結婚しています。

その時に齋藤道山と旦那との間で板挟みに合い、最終的には父である道山によって旦那を毒殺されるという悲劇を味わっていました。

傷癒えぬ帰蝶は、2度と政略結婚はしたくないと・・・。

それでも帰蝶の心には十兵衛がいます。

幼いころから親しい十兵衛に恋をしていたのです!

そんな十兵衛だからこそ、尾張へ嫁ぐ事を止めて欲しいと願います。

苦しみを知っている十兵衛は、帰蝶の言葉を無下にできるはずもなく、道山に政略結婚を受け入れないよう直訴しますが、当然のごとく道三は十兵衛に激怒します。

「帰れ!!」と語気を荒げる齋藤道山に、帰るという十兵衛。

あまりにもあっさりと帰る判断をしたことに回りは慄きます。

しかし、落ち着きを取り戻し齋藤道山は再び十兵衛と話をします。

美濃には海が無いため、海が欲しいと願望を打ち明ける。

和議を結べば、一滴の血を流す事なく豊かになれると言われ、美濃の将来を思う十兵衛だからこそ心が揺れることに。

複雑な胸中に呼応するかのように、齋藤高政に声を掛けられる十兵衛。

齋藤道山の息子である高政の胸中は、織田信秀との和議に反対するものでした。

織田信秀と手を組めば今川義元を逆に敵に回す事心配しており、それを聞いことで余計に迷うことに。

答えが決まらぬまま十兵衛は帰蝶と再び話をしますが、思わぬ言葉が帰蝶から。

「信長がどういう男か見てきて欲しい」

帰蝶の心中を察するも「もし、良きお方なら嫁がれますか?」という問いに涙を流す帰蝶。

十兵衛は商人になりすまし、織田の領地・熱田に忍び込むことになります。

そこで繰り広げられていたのは、予想だにしない市場の盛り上がりを目の当たりにした十兵衛は、

「海があるとこれ程までに栄えるのか」と感心していました。

そんな中で、どうにか信長に会う方法を考えていると、そこには味噌売りをしている菊丸が!

菊丸に状況を説明し信長に会いたい旨を伝えると、簡単だと言われます。

なんと、信長は漁に出ているとのこと!

明け方に漁から帰ってくる信長が写ったところで7話は終了となりました。

 

まさか漁に出ているなど想像もしていない十兵衛からすれば、信長って何者なん???

と、なりますよね(笑)

ついに出会う信長とのシーンは気になりますよね?

確かにそうですね、十兵衛 が帰った所はおもしろかったですね!!

道三をうまく丸め込む能力に磨きがかかってきたところも実は見逃せないポイントですよね♪

ますます、8話が気になってきました!

まとめ

話が進むにつれてそういう事か!!と思いますね。

次の8話は、歴史的にも有名な転換点ですね。

実際に目の当たりにする信長という人物をどう感じ、どう帰蝶に伝えるのか?

濃姫になるきっかけと聞けば、すんなりとストーリーを楽しめるのではないでしょうか♪