麒麟がくる原作ネタバレ!結末はオリジナルになる!?

 

豪華キャストで注目されているNHKドラマ「麒麟がくる」ですが、ナイナイの岡村さんが農民役で出演されることでも話題になりました。

そんな「麒麟がくる」には原作はあるのでしょうか。

さらに、どんな結末を迎えるのでしょうか。

結末ネタバレと共に原作情報、さらには物語のネタバレ情報も一緒に調べてみました.

麒麟がくるの原作は?

麒麟がくる」には原作がありません!
 
 
麒麟がくるは、完全オリジナルストーリーです。

完全オリジナルの物語ですが、織田信長羽柴秀吉(豊臣秀吉)、徳川家康は戦国時代に実際に実在した人物ですので、歴史書などを参考にしながら人物像を忠実に描くと思います。

戦国ファンにはたまらない天下統一を目指した3人の武将の物語なので、誰もが聞いたことのある戦いや、戦国最大のミステリーと言われた本能寺の変、さらには秀吉の有名な政治など、戦国・江戸時代での3人の活躍が描かれるのではないでしょうか。

歴史といえば、難しいというイメージが強く、抵抗のある方も多いですが、ドラマだったら楽しく学べるのではないでしょうか。

戦国時代で起きた事には、色々な説があり、特に本能寺の変に関しては、多くの説がありますので、このドラマでどんな風に描くのか楽しみです。

 

また麒麟がくるの麒麟は、中国の神話に出てくる霊獣ですので、麒麟がくるというタイトルから、麒麟がどこかで登場するのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

麒麟がくるの脚本家は?

脚本家の池端俊策さんが担当されます!

 

池端俊策さんは、大河ドラマやNHKドラマを担当しています。

  • 1990年 忠臣蔵
  • 1991年 太平記
  • 2009年 僕の妹
  • 2014年 足尾からきた女
  • 2001年 聖徳太子
  • 2016年 夏目漱石の妻
  • 2017年 破獄

どれも名作で、歴史好きなファンからは絶賛の声が上がっています。

池端さんが担当されたドラマはどれも趣があり、ドラマを通して歴史を味わえる作品な印象を受けます。

聖徳太子が放送された当時、毎回拝見していましたが独特の世界観で、引きこまれすぎて匂いさえ感じられるようなそんな体験をしたことを今でも覚えています。

今回のドラマは、天下統一を目指す戦国三英雄の物語ですので、池端さんも歴史書などを見ながら当時の雰囲気を大事に作られると思いますので、また引き込まれるような物語が見られるのは、とても嬉しいです。

日本史の本は、難しい内容のものばかりですが、今回のこのドラマでは分かりやすく当時の歴史の流れが描かれていると思いますので、日本史を勉強中の学生さんや歴史好きな方は必見ですね!

楽しみ!という声がTwitterで多く上がっています。

 

中には、武田信玄や真田幸村など3武将以外の戦国武将も登場してくるのではないかという声もあります。

個人的には、濃姫や浅井長政、柴田勝家などが登場するのではないかと思います。

スポンサードリンク

麒麟がくるの結末を予想!

歴史の通りならば、最後は家康が天下統一!

歴史の通り、忠実に行くのであれば、最終的な結末は家康が天下統一を果たすという内容だと思います。

その前にも、織田信長の天下統一への道や、本能寺の変、そして信長死去後の秀吉の政治での活躍など、色々と展開が多いですので、最終回で徳川家康の半生を描くのではないでしょうか。

まさに歴史こそがドラマの連続ですので、見ごたえはかなりあると思います。

信長や秀吉、家康がどのような半生を過ごしたのか気になる方も多いですし、ドラマだからこそ戦国武将たちの生き様や日常を表現できるのではないでしょうか。

私たちは、後に書物に書かれた歴史書などで戦国時代を知っていますので、実際のリアルな戦国はどんな世界だったのか、どんな日常があったのかこのドラマを通して知りたいなと思いました。

戦国は特に、色々な乱世が起き様々な戦いが勃発し、たくさんの事件があったので、忠実な物語でも、毎話楽しめると思います。

まさに飽きないドラマになりそうですね!

歴史とは違う物語の可能性も!結末はオリジナル?

忠実に再現する部分は再現して、半分はオリジナルのストーリーが入ってくるかもしれません。

例えば、最終回で信長、秀吉、家康が並ぶシーンで終わるとか、歴史には存在しなかった架空の武将が登場するなどの展開が予想できます。

確かに忠実に再現するのも、それはそれで見ごたえがあり楽しめると思いますが、オリジナルのストーリーが入ることでドラマにいい盛り上がりが出来て、さらに楽しめるのではないかと思います。

歴史好きからすると、もしこんな展開だったら信長はどうしてたんだろうみたいな発想が時々出てきますので、もし○○じゃなかったらみたいな展開も面白そうですね!

個人的には、信長が本能寺の変で死んでいなかったらどうなっていたのか見てみたいですね。

まとめ

天下統一を目指した三人の武将の物語ということで、とても期待できる作品ですし、どんな展開になっていくのかも気になりますね。

この作品は、歴史好きはもちろん、歴史を学びたい方にも向いている作品だと思いますので、まさに教材ドラマと言えそうです。

今まで歴史が嫌いだった、苦手だった、そんな人にも見てもらいたいドラマになっています!

NHKドラマ「麒麟がくる」は2020年1月19日(日)午後8時より放送スタートです!